2013.12.14

山梨_増富温泉_やまなし妙松苑 増冨佼成寮

11月から12月にかけての慌ただしさを乗り越え、
何とか、ゆっくりと好きなブログを書けそうです。
ε=( ̄。 ̄;)フゥ

皆さんの年の瀬は、いかがでしょうか?

山梨の名湯「増富温泉」。
冷鉱泉や温度の比較的低いイメージのある「増富温泉」ですが、
源泉そのままでも38℃、目から鱗の温かい温泉がありました

「やまなし妙松苑 増富佼成寮」
宗教法人の立正佼成会の信者さんのために建てられた保養所ですが、4年前ぐらいから
一般の方にも開放され、日帰り入浴の他、1泊2食や素泊まりもされています。
外観


ロビーに入ると、物腰の柔らかい優しいお母さんが出迎えてくださり
お風呂まで案内してくださいました。
P1350457.jpgP1350458_201312141822028a0.jpg


まずは誰もいらっしゃらなかったので男湯を見学
実は事前情報で「(増富寮は)源泉そのまま使用している。」と聞いていたので、
この浴室の扉を開けるまで、きっと冷鉱泉の浴槽があるだけだと勝手にイメージをしていました。
・・・ですが、扉を開いた瞬間温かい湯気!良い意味で期待を外されました。
P1350415.jpg


早速、女性専用浴室へ。
男性よりも少々小ぶりな浴槽ですが、薄濁りの温めのお湯が浴槽いっぱいに張られています。
二酸化炭素ガスの含有は1000mgを超えており、浸かると清涼感に包まれます。
P1350418.jpg
※源泉名:こうせい閣養生訓 かわの楼
※泉質:含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:38.3℃
湧出量:19.9L/分、PH6.6、成分総計:12,344mg/kg(1011.4mg)
※薄い緑色、金気臭・炭酸臭、微清涼感


特に湯口付近は炭酸臭がしっかりと香ります。
湯口2P1350427.jpg

溢れんばかりのお湯は廃湯溝に、ぐんぐん入ってく。
P1350434.jpgP1350421.jpg



P1350419.jpg


私が浸かっていたのは、お昼すぎですが
お客さんは誰もいなかったので貸切でお湯を満喫しました♪幸せ。
増冨佼成寮


お母さんの話によると、寮の裏庭で絶え間なく自噴するお湯を掛け流しで使用しており、
鮮度の良さに、クチコミで一般のお客様が増えていったそう。

寮のパンフレットの一文にも、その自信の程が伺えました。
「渾渾と湧き出てくるのです。そして温かい。
この源泉はもはや誰にも止められません。


そう!もう誰にも止められないのですだ~

ラジウム泉は、加温・循環したり手が加えられると、
その分、成分が失われやすいので、増富寮のような源泉は大変貴重だなぁと思いました。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「やまなし妙松苑 増富佼成寮」
住所:山梨県北杜市須玉町小尾5809 
TEL:0551-45-0062
料金:1泊2食6,500円 / 素泊まり 3,150円 / 日帰り入浴 500円(入湯料込み)※長期湯治可  
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/637-44311267
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私も宿泊しましたが良いところでした
又、季節を変えていくつもりです
Posted by akimado at 2015.09.30 16:06 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2017.07.30 03:16 | 編集
私も日帰りや宿泊もしているのでよく知っています。
食事はそこでは作られず、近くの食堂から希望すれば持ってきていただけると聞いています。がそこで作っているのですか?
塩味が濃いと評判は良くなかったようで、確かに夫と泊まった時は濃いと感じました。
でも室内が広くて綺麗なのがいいですね!
あとはお客さんが少ないのでおしゃべりする人がいなくて色々なラジウム効果についての情報交換ができず寂しかったです。
Posted by めぐちゃん at 2017.07.30 03:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する