2013.12.21

青森_姉戸川温泉

青森県は東北町にある鄙びた温泉銭湯
「姉戸川温泉」

広い湯船にざあざあ掛け流し。
ひたひたのお湯で波打つ湯船を目にした時、

「さすが青森の銭湯!!」
と、そのレベルの高さに思わず感激してしまう一湯でした。
P1320515.jpg


入口の扉を開けると、姉戸川温泉の番頭さん「コーラちゃん」がお出迎えしてくれます。
P1320541.jpgP1320545.jpg


コーラちゃんは、私のリュックの紐に反応してくれフロントで
寝転がったり、飛びついたりしてくれました
人なつっこい性格と言い・・・多分、温泉場のアイドルなんだろうなぁ。
P1320555.jpg
※写真:姉戸川温泉の番頭「コーラちゃん」



浴場の扉を開けると、まず驚くのが掛け流しの量!
高い位置に設置された湯口からは、打たせ湯のような勢いでお湯が投入され、
広い湯船から次々にお湯が溢れています。その光景はなかなかのもの。
P1320557.jpg
※源泉名:中久根下泉、泉質:アルカリ性単純温泉、泉温:38.2℃、成分総計:281mg/kg
PH:8.6 、湧出量: 337L/分(動力)※ほんのりと硫黄臭、ぬるつる、泡付き


P1320535.jpg
※打たせ湯のように、高い位置に付けられた湯口。勢いに圧倒されます。


打たせ湯風の湯口の他、低い位置にももう一つ湯口がありました。
湯口付近に鼻を浸けると、ほんのりと硫黄臭が香ります。
P1320533.jpgP1320539.jpg


柔らかいヌルスベのアルカリ性の単純泉の湯はとても新鮮
浸かっていると身体中に細かい泡が付き、手で潰すとスポンジみたいにふわふわした感触なんです。
P1320560.jpg


途中、常連の津軽弁で話すおばあちゃん達と他愛のない話で盛り上がりました。
何と毎日、姉戸川温泉へ通っていて、来るたび1時間半も入浴するのだそうです。
「どこから来たん?」
「あ、関西です。」と私。
「あら、遠いところから来たのね~ww」
P1320523.jpgP1320569.jpg


青森の銭湯に来ると、どこへ行っても常連のおばあちゃん達が気さくに
話しかけてくれます。時には背中を流してくれたり、健康タオルをプレゼントしてくれることも。
温泉場でのコミュニケーションは、日常の一部なのでしょう^^
湯めぐりの楽しみの一つになっています。
P1320567.jpg
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「姉戸川温泉」(あねどがわおんせん)
住所:青森県上北郡東北町大字大浦字中久根下98
TEL:0176-56-3529
料金:200円
営業時間:9:00 - 22:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/641-d26c7b74
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんわ~
青森の温泉、サイコーですね!
言われてみれば、青森の人々は、
皆さん気さくに話しかけてくれますよね~
青森担当時に温泉開拓してなかったのが
悔やまれます…
Posted by 湯次 at 2013.12.23 03:38 | 編集
湯次さん。

今回も青森で、健康タオルをプレゼントしていただきました。
新屋では、津軽弁を教わりました。
銭湯でおばあちゃんと喋るのが、大好きです。

>青森担当時に温泉開拓してなかったのが
>悔やまれます…
いや、湯次さん、今でも十分行っておられると思ってますよ(^^;)
Posted by YOOMI at 2013.12.26 00:28 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.04.21 14:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する