--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.11

長野_来馬温泉_風吹荘

家族で冬ごもりの宿はここでした。

『来馬温泉 風吹荘』

村営のながら、掛け流しの素晴らしいお湯と手の込んだお料理で
もてなしてくれる、隠れ家的なお宿。

それと、個人的にも長野県で小谷は良い意味で観光地化されておらず、
お湯も良いので、好きなこともあり訪問を楽しみにしていました♪
P1360287_2014011114220400c.jpg


お宿は高台に建つので、フロントより階段を降りたところにある浴室は
ちょうど道路と同じ高さです。湯船が一つのシンプルな造りですが、
その素朴な造りだからこそ、絶えず溢れる透明の湯と床を覆う赤茶けた析出物を際立たせ、
『ああ温泉って、いいな~』と、思わず呟いてしまう魅力があります。
P1360367_20140111142541006.jpg


お湯は少し滑りとツルツル感があり、炭酸臭と金気臭と少しだけ硫黄が混じった香りがして
ほんとに奥深い香りです。熱めの44℃の湯に浸かり、じっと座っていると
段々と身体がほぐれるように感じます。
P1360359.jpg
・源泉1:北小谷温泉、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:75℃
・源泉2:風吹荘源泉、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:35℃
※源泉は上記1と2のブレンド。※滑りとツルツル感、炭酸臭・金気臭・微硫黄臭・泡付き



日中はどこで見つけられるのか?小谷の村から少し離れてた立地にあるのに
日帰り入浴の方々が絶え間なく来られます。この日一緒だったお母さんは
わざわざ大町から通っているようです。
来馬温泉P1360298.jpg


温泉はイイナ、長野はイイナ♪って思う素晴らしいoverflow
P1360294.jpg

しとしとと溢れる姿がしなやかで美しい。
人間に例えると『べっぴんさん』
かぜふきそう


地のものいっぱいで美味しいので、風吹荘さんの夜ごはんを少しご紹介します。
カンパチのお造りとサーモンの塩炙り。上越から取り寄せたお魚は新鮮
P1360315.jpgP1360326.jpg

手打ち蕎麦と鹿肉のステーキ。
鹿肉は、臭みもなく柔らかったのが意外でした。甘いソースにあいます。
P1360338.jpgP1360331.jpg

白身魚と蟹のまんじゅう。それと写真はありませんが鱈と鱚(きす)の天ぷら。
最後の熱々の天ぷらまで残さず食べました。
P1360330.jpgP1360318.jpg


お料理を運びながら『お部屋狭かったでしょう。すみませんね。』
なんて、申し訳なさそうに声を掛けてくださるご主人さん。

すごく控えめで、でもホスピタリティのある若いご夫婦がきりもり
されている、このお宿の居心地は最高です。

いいお湯と美味しい食事だけで、他に何が必要でしょうか?

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してねん
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「来馬温泉 風吹荘」(くるまおんせん かぜふきそう)
住所: 長野県北安曇郡小谷村北小谷1283-1
TEL:0261-85-1144
営業時間:11:00~20:00(火曜日休み)
料金:400円 
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/653-26bb7cde
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここは自遊人パスポートでお風呂だけ入らせていただいたことがありますがお蕎麦がとても美味しそうでした。
夏場はあのお湯は熱いと思いますがこの時期ならいいかもしれませんね。
一度泊ってみたいです。
Posted by きよちゃん at 2014.01.18 23:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。