2014.02.06

宮城_南蔵王温泉_湯々里ミートランド

宮城県の南部、白石市にある『湯々里ミートランド』

南蔵王周辺は『不忘の湯』『蔵王開拓温泉』など、
僅かに鉄分を含む赤茶色やうぐいす色の温泉が幾つかありますが、
中でも『湯々里』はお湯も館内の雰囲気も一際、個性を放っているような気がします。

少し道が分かりにくく、山の中にポツンとある施設だからでしょうか?
観光客というよりも圧倒的に地元の方が多く、憩いの場となっています。

駐車場には地元ナンバーの車がたくさんとまっていて、
皆さん、食堂で持ち込みのお弁当をひろげて賑やかに集っておられました。
(時にはカラオケも!)
そして、放し飼いになっているミニチュアダックスが食堂をウロウロ・・・・

とにかく、静かで穏やかな休日時間が流れているんです!
「ああ、自宅の近くに1つぐらいこんな雰囲気の温泉があればなぁと」思ってしまいました。
P1380133.jpg


そして、その賑やかな食堂からガラスの扉を開け
湯小屋へと抜けると、、、
P1380126.jpg


そこには、仮設風の湯小屋と赤茶色のお湯が
福島の赤湯温泉を連想させるような美しい赤茶色なのです
P1380100.jpg
※泉質:ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:54.2℃、成分総計:4,625mg/kg
PH:7.3、湧出量:80.6L/分、微アブラ臭・金気臭・炭酸臭・微塩味
特記:Ca2+ 212.4mg、S042- 1695mg、Co2 109.6mg HCO3- 327.3mg 総鉄5.3mg


鱗状の析出物で覆われた湯口からは、ほんのりアブラ臭や金気臭、炭酸臭など
様々なアロマを一度に楽しめます
P1380105.jpg


特にこの天然の岩で出来た湯口に鼻をそっと近づけると、
成分的には多くはないですが、しっかりとした炭酸臭が香り鼻がツンとします。
P1380109.jpgP1380113.jpg


この通り飲泉用のコップも洗面器も変色しています。
見た目のコテコテさがまた良いです。
P1380123_20140206230812f54.jpgP1380111.jpg


お湯の個性と言い、ゆったりとした雰囲気と言い
ここは、宮城でお気に入りの湯となりました♥
P1380124.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
2月8日(土)19時~テレビ大阪で『極旅6』
放送します。よろしければ観てくださいませ。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

『湯々里ミートランド』
住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子上2
TEL:0224-24-8336
営業時間:9:00-18:00
料金:300円(休憩代込みだと500円)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/661-70bcecd4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する