--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.09

北海道_桜野温泉_熊嶺荘

「桜野温泉 熊嶺荘」
※「くまりょうそう」ではなく、「くまねそう」と読みます。

国道5号線から、山の中に入ったところにある一軒宿。

析出物こってりの浴槽と、湯面に浮く白い成分の結晶が濃厚さを物語る内湯と、
清流沿いに面した混浴露天風呂がとっても良かったところです。

外観


【女性浴室】
温泉は男女各1つづつあり、ドア1つで内湯が行き来できるようになっています。
女性風呂は残念ながら、男性風呂より湯船のサイズは小さいのですが、
扉を開けた瞬間、湯面にびっちりと白い温泉成分の結晶が浮いているのに感動
桜野温泉
※源泉名:桜野温泉 熊嶺荘、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:55.5℃、PH:7.0
成分総計:4,067mg、微白濁の透明。塩化物泉ですが少しつるつる感。


芸術品とも言える、温泉の析出物で変形した湯船が
宮崎県の「湯穴(つあな)温泉」を思い起こさせます。
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/blog-entry-328.html
P1280216.jpgP1280219.jpg
桜野白い浮遊物析出


【男性浴室】
男性浴室はご覧のとおり、長方形で広いんです。
実際には人が少ない時は、男女を仕切るドアから女性が入って男性浴室で入浴するケース
も多いみたい。露天風呂へも男性浴室からしかアクセスできませんからね(^^;
桜野温泉2
P1280187.jpg桜野はいる


【露天風呂】
早速、露天風呂に出てみました!
露天風呂は手造りだそうで、木と石を組み合わせた立派なものでした。
目の前には清流が臨め周りを一面、緑に囲まれているのでロケーションとしても最高
・・・なのですが、私が訪問した9月初旬は「蚊」の大群がいて、ゆっくりと浸かることが
出来なかったのです(;_;) 次回は蚊の時期を外して来たいなぁ。
露天
P1280214.jpgP1280192_20140309115713af4.jpg
※東屋風の露天風呂。湯に浸かると眩しいほどの「緑」が目の前に広がります。
 紅葉の時期は、きっと色づきが凄いんだろうなぁ。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「桜野温泉 熊嶺荘」(さくらのおんせん くまねそう)
住所:北海道二海郡八雲町桜野
TEL:0137ー66ー2564
料金:(日帰り入浴)500円(1泊2食)8813円~
営業時間:9時~21時
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/675-38591a99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。