2014.03.29

熊本_山鹿温泉_湯宿 湶

「山鹿温泉 湯宿 湶」
山鹿温泉でお世話になったお宿さんです。

お部屋に一つ湯舟が付いていおり、敷地内から湧く独自源泉を好きな量だけ夜通し
堪能できるのが魅力で泊まってみました。
女将さんや従業員の方々も、とても親切なので一人でも安心して泊まれます。

よくあることなんですが、泊まったお宿の写真は湯疲れであんまり撮影していないんですねー。
あとから、「あちゃちゃ・・・もっと撮影しておけば良かった」って
後悔するパターンが多いですが、今回もそれ。。


湯宿 湶さんの外観。
プロバンスを連想させる色使いと屋根の上の怪しげな丸い植物がポイントの建物です。
泉玄関


源泉は「湯宿 湶」さんの敷地内から自然湧出しているので、
出っぱなしの湯口が近くに2つあります。「湯宿 湶」から向かいにある「ビジネス湶」さん
へと湯が送られるそうです。馬の湯口が湧出地から最も近いのですが
「湯宿 湶」の小さい息子さんは馬の口から出る湯で好んで手を洗ったり飲むんだそうです。
んん、、、さすが山鹿っ子
馬P1390717.jpg
※馬の湯口は「湯宿 湶」の駐車場にあります。


ちょっと、ここで一口メモ
湯宿 湶さんの各部屋に付いている湯舟は、部屋によって色が異なります。
わたしはピンク湯舟を希望したのですが、生憎ピンクの部屋は他のお客さんが宿泊
されていたそうで、私はパープル湯舟の部屋を案内されました。



【♥お部屋のパープル湯舟♥】
1人用なので大きさはこぢんまりしていますが、
何とホースから出る35℃~36℃ 人肌ぐらいの非加熱源泉と加熱源泉
2本を自分で好きにブレンドできるんです。僅かに硫黄臭がし、つるつるします。
さすが山鹿、贅沢な使い方だなぁと実感します。
泉の浴室
※泉質:アルカリ性単純温泉、泉温:36.3℃
※分析表非掲載のため。インターネットから。


P1390698.jpg



湯宿 湶の向かいにある、「ビジネス 湶」です。
こちらのお風呂は男女別のお風呂で「湯宿 湶」から送られたお湯が使用されています。
雰囲気的には「アットホームな湯宿 湶」の方が落ち着くかなぁ。
ビジネス泉の外観


「ビジネス 湶」さんの女性風呂です。
源泉からの距離は湯宿 湶と比べて数メートルなので変わらない鮮度でお湯を楽しめました。
ビジネスホテルで気軽にかけ流しの浴室を楽しめる(しかも自然湧出のお湯)なんて、
山鹿温泉の実力だからこそなんだなぁと実感しました。
ビジネス泉


おまけの朝食です。
「湯宿 湶」さんでは夕食は提供されていないですが、朝食付きのコースは選べます。
朝からくまモン納豆がお出迎え(´(ェ)`) 美味しかったモン。
P1390714.jpgP1390715.jpg

「湯宿 湶」さん。
さくら湯や末廣旅館からもすぐ近くで、立地的にも湯めぐりするのにはとっても便利でした。
そして、そして・・・何と言っても夜中でも早朝でも、自分の好きな時間に
山鹿のつるつるのお湯を楽しめることが最高に贅沢でした。


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「山鹿温泉 民宿湶」(やまがおんせん みんしゅくいずみ)
住所:熊本県山鹿市泉町405-1
TEL:0968-43-3684
料金:1泊朝食付き 6,000円~、素泊まり 5500円~
※入浴のみ不可
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/680-e1a94349
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
以前は朝食付き5000円だったのに値上げしてますね。
夏は、非加熱源泉の温めの湯がイイんだよね~♪

ビジネスホテル新青山荘と同じ系列の宿で、ココに泊まると新青山荘のドバドバにも浸かれてお得なんだよね(*^^)v
Posted by くまのプー at 2014.03.30 09:24 | 編集
くまのプーさん。

> ココに泊まると新青山荘のドバドバにも浸かれてお得なんだよね(*^^)v

そうそう!! (・ω・)
大事なことを書き忘れてました。
そうなんですね、新青山荘と同系列なんで特典あるんです。
お宿の方が電話してくださいました。

Posted by YOOMI at 2014.03.30 17:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する