2014.04.23

群馬_広河原温泉_旅館 峰

どこからどう見ても、これほど「美人な湯舟はないなぁ。。」
と、感心してしまいました。

『広河原温泉 旅館 峰』

お宿の切り盛りをするのは何と
今年99歳を迎えるおばあちゃんなのです。

本当はおばあちゃんにお会いしたかったのだけれど、
冬期は療養されているのだそうで、生憎、お宿にはいらっしゃいませんでした。
おばあちゃんの旦那様(先代のご主人)も100歳を越え表彰されたそうなので、
このお湯に、きっと健康の秘訣が隠されているのに違いありません。
峰外観


写真は日中ですが、お宿に着いたのは予定より大幅に遅い19時ごろ。
若女将さんに連絡を入れておいたら、晩御飯にサランラップを掛け
お部屋に用意していてくださいました。御飯の近くやお部屋の所々に
若女将からの置き手紙♡♡ あったかいです。
P1400515.jpgP1400517.jpg
P1400472_20140422225353a26.jpgP1400424.jpg


お湯は仄かに石膏臭が香る、39℃ぬるめのかけ流し。
浸かると身体中に無数の気泡が付き、触るとふわふわとスポンジみたいな感触がします。
源泉は同じ経営の川古温泉 浜屋さんからの引き湯だそうですが、源泉からの距離が近いのと
小ぶりな湯舟だからでしょうか? ほんと、鮮度がよくって嬉しくなります。
峰お風呂
※泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉、泉温:39.7℃、PH:7.8


浴感はもちろん良いのですが、クリアなお湯の底に敷かれた玉砂利が
たまらなく美しかったです。もし私が湯舟を造ることがあれば、
峰さんのような、美人な湯舟にしたいなぁと
峰おふろ

P1400506.jpgP1400484.jpg
※黒と白の玉砂利。湯舟の底から拾ってみました。


肌触りがとても柔らかく、何時間入っても全く飽きがこないお湯。
窓の外にある川を眺めながら、ゆったりと寛ぐことができました。
P1400495.jpgP1400487.jpg
※写真右上:湯舟の底に敷かれた玉砂利。


お湯はさらさらと溢れ続けます。
P1400482.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
もうすぐGWなり~♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「広河原温泉 旅館 峰」
住所:群馬県みなかみ町相俣2617
Tel:0278-66-0155
料金:日帰り入浴1000円、1泊2食付8000円~
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/693-65ee8a4c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
玉砂利が敷いてあるなんて、趣があっていいですねぇ♨♨
温泉入って長寿って、なんか素敵ですね♪
Posted by 東京温泉中毒 at 2014.04.23 22:33 | 編集
温めで鮮度良しの気泡あり…オイラの大好物ですよ~(笑)

玉砂利を敷いた浴槽で思い出したのが、鳥取の吉岡温泉「木風呂の宿 みや川」
ココの浴室はこじんまりとしていますが、なかなかの趣でした。
Posted by くまのプー at 2014.04.24 06:21 | 編集
くまのプー さん。

わたしも、数年前に「みや川」さん浸かりました!
確か、こじんまりとした木の浴槽に黒い玉砂利だったような。

やっぱりぬるめで鮮度の良いお湯は良いですよね。
最近、プーさんの好みがわかってきましたよ~ ( *`艸´)
Posted by YOOMI at 2014.04.30 23:47 | 編集
東京温泉中毒 さん。

コメントありがとうございます!
そうなんですよ、何か長寿と関係があるんじゃないかと。
おばあちゃんに、元気をもらいにまた行きたいです♪
Posted by YOOMI at 2014.04.30 23:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する