--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.24

大分_神和苑

ここは、私の愛読書松田先生の温泉本で☆5つがつく風呂良し、料理良し、サービス良しの旅館として推薦されていたところです。

確かに、この旅館には1年前に寄せていただいたんですが、
神和苑の方からは、心温かい年賀状や暑中お見舞いをいただきます。
こういった細やかなお心遣いも、また行きたいなぁと思わせる要素なんでしょうね。

別府でも長い歴史を持つこの老舗旅館、ここの売りは何と言ってもコバルトブルー色の温泉です。
別府駅からタクシーに乗って10分ほど行くと、湯煙の立ちこめる鉄輪エリアにつきます。
そこの高台に別府湾を一望できる1万四千坪の広い日本庭園があり、その中に僅か12室の純和風の旅館や茶室棟・浴場棟などの建物が点在しています。これが神和苑!

見えますか?湯小屋の後ろの別府湾きれいでしょ。
かんなわ庭


さて、こちらが神和苑のお湯でございます。
宿に付いたとたん、服も脱がずに裸足で露天風呂まで直行し、興奮ぎみに撮った1枚です。
泉質はナトリウム-塩化物泉。温度は73℃ pHは7.7。
お湯は浴槽に貯めてから30分ほど置くと無色から乳白色、コバルトブルーへお湯が変色するんです。
これは、すごい!
P1000070kaitei.jpg
こちらは内湯。とっても乳白色からコバルトブルーに変化しました!!!
かんなわふろ

そしてお夕食です。これは地獄蒸しといって、温泉水が入った器に焼き石を置いて魚介やお野菜を蒸らすお料理。これは、蟹のお出汁が器に貯まってそれがまた絶妙でした!!!
地獄蒸し
これは、豊後牛のステーキ。こんなに美味しくてうっとりする肉は今まで食べたことがなかったくらいジューシー I ラブ 豊後!
ぶんご


帰りに近くにある血の池地獄と竜巻地獄を周りました!
何分かに1回地面のそこから吹き上げるお湯の竜巻。なかなか迫力ありました。
たつまき
お次は山地獄。
神和苑のすぐ横にあります。可愛い像とサイがお出迎えです絵文字名を入力してください
山地獄
山地獄3

帰りは明礬温泉の湯の花小屋を周り、「えびすや」さんという旅館で外湯に入りました。
硫黄の匂いがプンプンしてて、そこらじゅうに湯の花小屋があり、温泉好きにはタマラナイところでした。


最後に別府湾の景色波子供の頃乗ったサンフラワー号も見えます。
ワッホーイ!よかったよーん。
うみ

1品1品手の込んだ懐石料理と立派な日本庭園があるので、
おばあちゃんやおじいちゃんを是非連れていってあげたいなと思わせる宿でした。

「神和苑」(かんなわえん)
住所:大分県別府市鉄輪御幸6組
TEL:0977-66-2111



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/7-ee354804
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。