2010.05.03

岐阜_新穂高温泉 _水明館 佳留萱山荘(お宿篇)

存分に湯浴みを楽しんだ後、ロビーに到着です。

「お待ちしておりました!」と、フロントに居た女性が、少しチェックインより早めに到着した私を笑顔で迎え入れてくださいました。

ロビーには暖炉と薪があり、見た目は決して豪華ではないですが、素朴で、ゆったり流れる山の時間を感じさせてくれる造りでした。
ロビー1_R


階段からロビーを見下ろした風景。  
近くに野生の鹿の剥製も飾ってあり、山荘の雰囲気たっぷりです。
ロビー上から_R しかの剥製_R  



2Fには娯楽室兼、展望室なるものがあり、卓球台が用意されている広い部屋の窓からは、
前方に堂々とそびえ立つアルプス山脈が見渡せます。
川沿いにJAZZYな曲が流れる喫茶室もあります。喫茶室は木の温もりが感じられ、落ち着きが漂います。
ここで、珈琲のみたいわん。。
談話室_R P1070477_R.jpg



待望!川沿いのお部屋です。川沿いは山側より料金設定が少し高め。
・・・でも、後悔はしません。
その価値あって、部屋から聞こえる川の風景とせせらぎは益々、リラックスさせてくれます。
予約時は川側をどうぞ。
P1070452_R.jpg



ちょっと興味深かったのは、佳留萱のお風呂の説明用パンフ。
掲載面には支配人まで登場し、詳しく1つ1つのお風呂について説明しています。
露天5つ。内湯2つ。自家源泉2種類。

こんだけの財産を抱える旅館ですからレクチャー重要ですよね。
かるかやパンフ_R



佳留萱山荘、もう1種類の源泉は内湯にあります。「炭酸水素塩泉」。
皮脂などの分泌物を乳化させ、つるんつるんの滑らか肌にする泉質です。
いわゆる「美人の湯!」→「綺麗になる湯!」→「うはうはの湯!」
うん。うん。いいね。こういうキャッチフレーズにはすこぶる弱い私です。。女性は皆でしょ??
P1070460_R_20100503022744.jpg 



源泉温度87.4度。PHの表示はありませんでした。
無色透明無味ですが、匂いは、風呂場のドアを開けたとたん、微量の硫黄臭(というか、ゴムのような匂い)・・・
とにかく不思議な香りがする温泉でした。
女内湯_R 掛け湯_R



夕食は1Fの食事処でいただきます。
私たちは川側のテーブルでしたが、窓際のテーブルだけパーテーションで仕切られています。

「飛騨牛の朴葉みそステーキ」「岩魚塩焼き」「刺身」など山・川・海の幸が合わさったお料理でボリュームもありました。
P1010660_R.jpg お食事処_R


刺身をいただきました。「うん!身がぷりぷりで美味しい。」
・・でも、山奥でこんなに新鮮な刺身が食べれることに、何となくふに落ちない私。。。
五平餅_R


「お刺身は近くの富山の海で獲れた新鮮なサーモン、槍鳥賊、かんぱちでございます。」・・・と料理を運んで来てくれた女性。

なるほど~~~お隣の富山直送ね。

だから美味しいんだわ  



朝御飯です。
冷奴、朴葉みそ焼き、焼き魚など。朝には丁度いいあっさりした内容で美味しくいただきました。
P1010675_R.jpg



そうそう、これは嬉しかったなぁ。
突然、支配人から思いやりのこもった、季節の花「桜」のサービスもあったんです
桜のサービス_R



宿泊中、支配人自らが何度か声をかけに来てくださいました。
私たちに「露天風呂どうでしたか?」「岐阜では、他にどんな温泉に行かれたんですか?」など、
他愛もない会話をするために。

宿を出るときも、私達の姿が見えなくなるまで手を降って見送ってくれた支配人。

・・・最後の最後まで心のこもったお宿でした。

「放って置いてくれているようで、程よく気遣ってくれる。」

佳留萱山荘は、ごくごく自然で、心地良いサービスが徹底された宿なんじゃないかなと思います。
この宿が世間で有名になった理由は、大露天風呂だけじゃない、ことをその時、確信しました。



支配人!また遊びに行かせてもらいますね。近いうちに。



「水明館 佳留萱山荘」(すいめいかん かるかやさんそう)
TEL:0578-89-2801
住所: 〒506-1421 岐阜県吉城郡上宝村神坂555
アクセス: 車 :中央自動車道 松本IC→R158 90分
電車:JR高山本線 高山駅下車 バス新穂高温泉行佳留萱下車 歩3分
料金:平日1泊 13,800円 ~ 、休前日1泊 14,850円~、(日帰り入浴は大人800円、子供500円)






スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/70-3ff60ffe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あら?夜食のおにぎりの写真は? 笑

ずっと気になってたんやけど「佳留萱」って何の意味なん?
佳留萱山の麓ってこと?植物の名前??
いいGWをすごしたみたいで何よりねん♪

それはそうと・・・
山空海、さくら咲くに続き、なんと大阪市内にとんでもないマニア湯を発見!!!かつてないマニアック度は先の二つを越えてるかも!? >▽<! やっばいわ、まじで!
が、入るためにはハードルも異常に高いみたい。。。
のり様も曜日さえ合えば是非ご一緒に!と思うんだけど・・・
メキシコ土産もあるからまたゴハンいきましょ、詳しくはその時に・・・♪ふふふ
Posted by まぁこ☆ at 2010.05.05 14:46 | 編集
まぁこさま

お帰り~。
「佳留萱」は宿周辺の地域名から来てるんだって。
支配人直々に説明してくださいましたよ。
岐阜と長野は何回行っても好きやわ。
気持ちが晴れるっちゅうか、スッキリ!って感じ。


大阪のマニア温泉!情報待ってます♪
大阪市内で泉質、湯量共に「極上温泉」見つけたら、
「大発掘もの」やわ。

ミ●●トラブル待ってます。
も一度!!


Posted by YOOMI at 2010.05.05 16:12 | 編集
佳留萱山荘は私は行ったことはないのですが、ネッ友さんが良かったって言ってたので気になっていました。いつの日か行ってみたいです。
私は三重県の赤目温泉に行ってきました。
詳細は下記を参照願います。
http://onsen.nifty.com/cs/kuchikomi/onsen_255/detail/aid_onsen002987/kid_0000109357/1.htm

PS:大阪のマニア温泉、ハードルが高いと感じた場合はご相談下さい
Posted by 湯巡り三昧 at 2010.05.07 01:17 | 編集
湯巡り三昧 様

佳留萱ぜひ行ってみてください。大阪からだと車で5時間ぐらいであっという間です。
「山水園」じゃないですかー。ここ、情緒もあるし、一度行ってみたかったんです。
赤目の滝の近くですよね。湯質、宿の感じ・・・どうでした??

大阪のマニア温泉ってどこなんでしょうね。(私もまだよく分かっていないのですが)
ハードル突破する方法、ご相談させていただきます!!

PS:湯巡り三昧さんのMYブログも、もしあったら教えてくださいね。
遊びに行きます!!

YOOMI
Posted by YOOMI at 2010.05.07 10:22 | 編集
TO 湯巡り三昧様

初めまして、まぁこと申します。
口コミ拝見しました、湯巡り三昧様は既に入浴されているのですね!さ、さすがですねっ♪♪

温泉の存在意義・性質を考えた上でやめとこうかとも思いましたがでもでもやっぱり・・・!
是非、敷居をクリアすべくご教授いただきたいです!!




TO YOOMI

Non!
ミ・・トラベル ですんで今後ともご贔屓にっ! 笑

Posted by まぁこ at 2010.05.07 14:31 | 編集
完全に山荘の域を越えていますね。
清潔感に溢れています。

JAZZYな喫茶室?
美味しい富山湾?
宿とゲストの距離感☆
桜の花?
そしてまたまた温泉談義

完璧です。
Posted by 如水 at 2010.05.08 10:00 | 編集
TO ミ・・トラブル様

帰ってたん?
またトラブルあったんですか?ぷッ

ログアップしてくださいね!
華やかなご様子、楽しみにしています

YOOMIさん、ごめん
ちょっと場所借りました(謝)
Posted by 如水 at 2010.05.08 10:10 | 編集
>如水さん

「ミ・・トラベル」またの名を「ミ・・トラブル」。
これは、まぁこが提案する秘湯ツアーで、「こんな事普通起こらないだろー」って言うような、Miracle(=トラブル)が多すぎて、いつしかこんな名前がついたんです笑

如水さん、是非、「ミ・・トラブル」に申し込んでやってくださいな。ちなみに、今、志願者多数で順番待ちですよ!!

Posted by YOOMI at 2010.05.08 11:48 | 編集
「山水園」は癖のないミネラルウォーターのような源泉を循環で使用していますので、ただのお湯とどうちがうの?という感じです。温泉の質にこだわる方にはお薦めできません。だた宿の雰囲気は良く、食事も安いので私は結構良かったと思っています。

大阪のマニア温泉、平日の午後3時までに入会手続きをしなければなりません。入会受付担当のおじさんは全く融通の利かない方で、3時を過ぎると絶対に受付してくれません。「NPOみなと」はその地域の振興のためのボランティアの会であり、入会の目的を聞かれます。ここで正直に温泉目的であり、ボランティアには参加できないと言うと入会を断られます。おじさんとしては嘘でもいいからボランティア活動に参加したいと言ってもらわないと入会を許可するわけにはいかないと考えておられるようです。住所を見ればこの人は温泉目的だなと判るので実際にはボランティア活動への勧誘はありませんからご安心下さい。
Posted by 湯巡り三昧 at 2010.05.08 12:12 | 編集
湯巡り三昧 san

niftyで書かれてる方だったんですね。。
口コミしっかり読ませていただきました!
近畿の温泉を探す時、このサイトよく利用します。

選ばれている温泉、評価コメント・・・
とーーッても参考になります♪

「湯治場ゆうや(和歌山県) 」
ずっと気になっていて行ってみたいと思っていた温泉です。
和歌山県の勝浦も魅力的な温泉多いんですね。

niftyの湯巡り三昧さんのページ、
今後も遊びに行きたいので、
もし宜しければ、私のブログにリンク貼らせていただけますでしょうか?

YOOMIより



Posted by YOOMI at 2010.05.08 12:13 | 編集
佳留萱山荘。めっちゃ良さそうですね~!!
奥飛騨温泉郷は大好きな場所でココも温泉がとっても気になってたお宿なんです。YOOMさんの日記読んでますますいきたくなりました~!富山湾~の、、。富山は海の幸美味しいですよね♪近々訪れる予定です☆
Posted by ☆arie☆ at 2010.05.09 00:03 | 編集
☆arie☆ sama

佳留萱山荘、是非行ってください。
温泉、サービス、食事・・・バランス取れてますよ。

奥飛騨いいですよね。私も大ーー好きです。
まだログにはアップしてないですけど、
先日行った新平湯温泉の「藤屋」さんの檜の内湯
も素晴らしかったです。

YOOMI
Posted by YOOMI at 2010.05.09 14:37 | 編集
まぁこ様

返信遅くなり申し訳ありません。
例のマニア温泉は元は田中機械という工場の社員浴場でしたが、廃業されたようで、現在はNPOみなとが管理しています。
廃工場跡の温泉なんて滅多にないので是非行ってみて下さい。
入会受付のおじさんは田中さんとおっしゃったので、多分元田中機械の社長さんだと思います。融通の利かない方ですが、ボランティアをしたいと言う人を断る理由はないので、そのへんを間違わなければ大丈夫です。
隣のレストランでは源泉で仕込んだ地ビールが飲めるのでこちらもお薦めです。
Posted by 湯巡り三昧 at 2010.05.13 16:10 | 編集
TO 湯巡り三昧さま

ご教授いただけて嬉しいです、ありがとうございます!
コアな田中さん情報まで、、、湯巡り三昧さま、とにかくすごいですね~!!
加えて、昔からnifty温泉で口コミを参考にさせていただいてた方とメッセージをやり取りしてることも私にとっては本気で感動です^^(しかもなぜか親友のコメント欄で 笑)
実を申しますと仕事柄、船社や港湾系の事は多少の知識がありますので来月にでも一度トライしてみます。
お薦めいただいた源泉仕込みの地ビール、気になります♪
攻略した後のビールは格別でしょうね!頑張ってきます!


TO YOOMI
来月中旬あたりどう?有休よろしく!
Posted by まぁこ at 2010.05.14 13:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する