2014.05.31

島根_湯抱温泉_中村旅館

前回、湯抱温泉に来たのはもう5年前ぐらいになります。
その時は日の出旅館さんに宿泊。

5年・・・と言うと少し時間が経ったような気がしますが
この温泉街の静けさと小鳥の声、深呼吸したくなるような空気の美味しさ
は、変わってはいませんでした。
ここにくるだけで癒される。まさにそんな感じです。

今回は、もうすぐお宿が創業100年を迎える「中村旅館」さんで昼食休憩を予約。
(看板娘のおばあちゃんは、もう90歳だそうです。)
木造2階建ての鄙びた建物は、見ているだけでその歴史の深さを物語るかのようです。
P1430827.jpg


「どれだけお掃除しても、凄いことになっちゃうんです。」
女将さんは、どこか私たちが期待しているのを知っているかのように
少し笑みをうかべながら、そう言って浴室に案内してくださいました。
炭酸カルシウムによる千枚田模様・・・とても神秘的です。
P1430837.jpg


この千枚田、踏むと足の裏に硬いものが刺さるようで、
意外と痛いじんじんします。
たてP1430899.jpg


「いかがですか??お湯加減。もう少し源泉を入れますからね。」
女将さんの一言で、30℃の源泉が湯口から注がれます。
ちょうど温めの源泉温度、変形した湯船・・・これはもう、うっとり
P1430897.jpgP1430882.jpg
千枚田P1430890.jpg


お湯は、程よい塩味僅かに炭酸味もあります。
P1430852.jpg
源泉名:湯抱温泉、泉質:含放射能ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:30.6℃
成分総計:13,249mg/kg、淡黄色


お食事は、2階の畳部屋でいただきました。
窓からは涼しい風が吹き、鶯の声が聴こえてきます。
P1430835_20140531135212d8d.jpg


お昼ごはんとは言え、豪華なお料理の数々
手打ちのお蕎麦は地元美郷町産のそば粉をつかったこしのある食感でした。
茶碗蒸しに入っていた椎茸は(*´ω`*)肉厚がすごかった。
現在は90歳のおばあちゃん直伝のレシピで、息子さんが料理を全て作られているのだとか。
P1430834.jpgP1430830.jpg
P1430831.jpgP1430913.jpg
※お世辞抜きでどれも、見た目も味も洗練されています。

温泉街の高齢化が進み、
後継者不足で惜しまれながら廃業される旅館さんも多々ありますが、
中村旅館さんの場合は、若いエース 20歳前半の息子さんがおばあちゃんに代わって、
切り盛りされているそうです。

帰りは息子さんと女将さんに玄関まで見送っていただきました。
笑顔いっぱいで手を振ってくれる二人。
これからも、ずっと、ずっと湯抱温泉が続いてくれたらいいなぁと心の中で思いました。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「湯抱温泉 中村旅館」(ゆがかえおんせん なかむらりょかん)
住所:島根県邑智郡美郷町湯抱315-3
TEL:0855-75-1250
料金:
●(日帰り入浴+昼食)1人2,000円税別~ ※要確認・事前予約必要。土日祝日のみの受付。
●1泊2食10,000円(1泊素泊まり5,000円)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/710-aed56f91
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私が訪れたころは立ち寄り入浴が可能で、おばあちゃんが玄関で
三つ指をついて迎えてくださいました。
そして、浴後にはおばあちゃんがたててくれたお抹茶のサービス。

おばあちゃんがご健在で安心しました。
温泉以外に思い出の残るお宿です。
Posted by 単純硫黄泉 at 2014.05.31 17:06 | 編集
単純硫黄泉さん。

おばあちゃんは直接お目にかかることはできませんでしたが、
お元気だそうですよ!(お電話ではお話ししました。)
日帰り入浴で行っても、心をこめて迎えてくださるお宿だという
意味も分かります。わたしも湯抱温泉には、人、自然・・・
お湯だけじゃない魅力をたくさん感じます。
Posted by YOOMI at 2014.05.31 22:51 | 編集
今度山陰に行く機会があればぜひ泊まってみたい宿ですね。
浴室の千枚田に心引かれます。
Posted by きよちゃん at 2014.06.01 21:36 | 編集
湯抱温泉 中村旅館さん 以前は日帰り入浴だけでOKだったのに、昼食付でないと入浴できないと知り、考えていました。

5000円位を想像していたのです。
旦那さんと一緒だと1万円ですからね。

でも2000円からなら行けるかな?

あの千枚田のお風呂に1度は入ってみたいと思っています。

久しぶりの山陰紀行 楽しみにしています。
Posted by mako at 2014.06.03 00:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する