--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.31

島根_酒谷の湯他

「酒谷の湯」

美郷町にある、赤茶色の鉱泉です。
道路脇の林の中に、木製の看板がちょこんと。
ちゃんと名前も書いてあります。
P1430768.jpg


少し林の中へと小道を抜けると、木製の浴槽が見えてきます。
四角い湯口からは耐えず鉱泉が流れていて、
これぞ、自然の中の源泉掛け流し。
酒谷から画像


源泉を口に含むとパチパチと気の抜けたサイダーのように
炭酸を感じることができます。それから少し金気味。
泉温16℃・・・本当に寒い
酒谷温泉土類


「井元の湯」

こちらにもいってみました。木製のケーシング管。
同じく鉱泉で底から気泡となって源泉が湧いています。
棒を入れてみると1.5~6mぐらいの深さで私の背と同じぐらい。
炭酸はかなり濃く感じました。
源泉


もともと、すぐ横に湯小屋があったそうで、ここから源泉を汲んでは
湯船に入れて薪で温めていたそうです。湯小屋のあった箇所だけ、
更地になっていました。
はいる
それにしても足が届かないからちょっと怖い


というわけで、
島根のたびはもう少し続きますヾ(´ε`*)ゝ

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/711-40685e7f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
酒谷…平気な顔をして浸かっていますね~!
20℃以下で炭酸の清涼感もあって、さぞや冷たかったコトでしょう…気合と根性だ(笑)
ケーシング管は未湯ですが、オイラの体でも納まりそうですね♪
島根たび…続編ルポを楽しみにしています。
Posted by くまのプー at 2014.06.01 06:59 | 編集
くまのプーさん。

温度計で測ったら16℃!
はい、もう、それは冷たかったです。

でもね、酒谷は津和野の塩井戸に比べれば
底も綺麗なので、「冷たい」意外は快適なんですね。
清涼感バツグン!でもその清涼感が余計に
身体を奮い立たすのでした。

ケーシング管・・・
押し込めばプーさんも楽勝ですよーΨ(`∀´)Ψ
写真撮りたい。。
Posted by YOOMI at 2014.06.01 10:57 | 編集
暑い夏に入りに行きたいですね~
でもアブがたくさんいそうですね。
Posted by きよちゃん at 2014.06.01 21:31 | 編集
この2つは3年前のこの時期に立ち寄りましたが。。。ケーシングの方は近所の交番で「マムシの巣だからやめた方がいいよ」と脅されて止めました(悔)
Posted by 國岡 at 2014.06.03 17:32 | 編集
きよちゃん。

温度が低いので、夏が最適ですね。
虻はいなかったけど、ブヨは数匹いました。
ふ~、あぶない、あぶない( ゚Д゚)y
Posted by YOOMI at 2014.06.11 18:26 | 編集
國岡さん。


そうなんですか?
って、入った後だからもうどうしようもないですが^^;
足元に変な物体はいなかったです。
Posted by YOOMI at 2014.06.11 18:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。