2014.07.11

高知_湯の谷の湯

四万十市 口屋内地区

用井温泉から20分ぐらい。
四万十川の中でも特に美しい清流が残っていると言われる黒尊川の近くにある小さな村。
そして、川を挟んで左右に分かれた集落を結ぶ沈下橋。
沈下橋

遠く向こうには赤い「トラスきょう」を臨むことができます。
わたしは関西に住んでいるのに、今までこれだけじっくりと四万十川を見たことが
なかったので、四万十川の絶景に見惚れてしまいました。
P1460266.png


集落は小さく、周りは川と山に囲まれています。
まさに「自然と共存」しているという言葉がぴったりなところ。
唯一この地域に残った最後の小学校も2013年に廃校になってしまったそうです。
今では老人会の方の憩いの場であったり、木工教室の開催場所として使われています。
P1460207.png
P1460237.pngP1460242.png


小学校から少し道を走ったところに建っている無人の湯小屋が「湯の谷の湯」
地域の方々をはじめ、口屋内地区にキャンプにこられた方も浸かりにこられるのだそうです。
同地区以外の方は、300円を支払ってから入ります。
P1460214.png
P1460222.pngP1460220.png


お風呂は20度ぐらいの冷泉を一旦ポリバスに溜めてからボイラーで沸かします。
湯の谷の湯は薄っすらと白みがかった色をしていて殆ど香りや味などはありません。
ただ、蛇口から直接、源泉が投入できるので新鮮な浴感は楽しめます。
DSC_2809.png
※温泉法の分析表は非掲載。


浴槽が満タンになった状態。このポリバス、結構好きかも
P1460293.png


もう一方の浴室にある浴槽は一人用のステンバスでした。
P1460226.png


小屋の中にはテーブルとカーペットが敷いてあり、寛げるスペースになっています。
窓を開ければ、周りは緑一色。静かな山の湯小屋ですごす時間は、心地よいです。
P1460223.png
P1460234.pngP1460230.png


日本はまだまだ広いなぁ。

こんな険しく、美しい自然に囲まれた場所に、
口屋内のような小さな集落が存在していて、
地元の方々が生活している。

きっと、温泉に行かなければ出会えない人や絶景。
こういう出逢いは貴重だなぁと、つくづく思います

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「湯の谷の湯」(ゆのたにのゆ)
住所:高知県四万十市西土佐口屋内
料金:300円
TEL:0880-54-1515(口屋内小学校) ※平日午前中のみ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/723-580bb0b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する