--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.14

福島_西山温泉_下ノ湯

奥会津の湯めぐりのつづきです。

最近、いくつかの名湯が閉鎖されるということを知って
大変驚き残念に思いましたが、
こういう時こそ、改めて歴史のある温泉の貴重さを感じます。

こちらも、奥会津の貴重な名湯の一つではないでしょうか

「西山温泉 下ノ湯」さん。

つり橋を渡ったところにある風情ある木造の一軒屋。
つりばし


普段は畑仕事で忙しいおばあちゃん1人でお風呂を切り盛りされており、
前日に電話した際「昼間は畑にいるので、居るかどうかわからない。」
ということだったので「例え、伺っても温泉に入れないかもな。」と、半ば諦めモード
で伺ってみましたのですが、運良くおばあちゃんにお会いすることができました
P1450224.png


さてさて温泉です。
浴室の扉を開けた瞬間、プ~ンと香る焦げたような硫黄の香り。
「あ、これぞ西山温泉臭^^」 と、4年前に西山温泉を訪れた時の記憶がよみがえりました。
2つに区切られた小さな木造の湯船には、熱々の硫黄泉が静かにかけ流されていました。
手前の湯船に注目です!底には玉子スープのような湯の華が沈殿しています。
下の湯


湯口付近にある木造枡に溜まった湯も玉子スープ状になっています。
湯の華を手で掬うと、ゼリーのような柔らかさ。
この濃厚さに、「下ノ湯のお湯はいいなぁ」と再確認します。
P1450269.pngP1450251.png


底の湯花を掻き混ぜてみたら、忽ち、透明だったお湯が真っ白に変色!
少し熱めですが、無数に舞う湯の華に包まれながらの入浴は、最高でした
P1450246.png


飲んでみると、澄まし汁みたいに丁度いい塩味で
芳ばしい硫黄のアロマが香ってくるので、更に温泉情緒を高めてくれます。
P1450271_20140713220342934.png


窓を開けると新緑が見えて、川から涼しい風が吹く、
前回は秋の紅葉時でしたが、初夏の西山温泉も風情があります。
窓
※源泉名:下ノ湯、泉質:含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉
※泉温:75.1、pH:7.07、成分総計:4,610mg/kg
※焦げたような強い硫黄臭、微塩味

これからも。
いつまでも。
続いてほしい温泉のひとつです

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*


「西山温泉 下ノ湯」
住所:福島県 河沼郡柳津町 五畳敷字下ノ湯44
TEL:0241-43-2021
料 金:400円
営業時間:9:00~16:00(おばあちゃんに要問い合わせ)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/728-dc8cc658
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
湯良し、風情良し。
間違いなくS級の湯場ですね。
大雪の中、コケながら辿り着きました...(笑)
Posted by ぜんちゃん at 2014.07.14 09:15 | 編集
げっ! あえて熱い方の湯船に入りましたか!?

さすが、やればできる子なんですね(笑)
Posted by 永遠の36歳 at 2014.07.14 20:25 | 編集
ぜんちゃん、

こんばんは!
ここはボロマニアの心くすぐること間違いなしですね^^
他にも、まだ奥会津で行ってみたい宿もう1軒ありです。
Posted by YOOMI at 2014.07.21 23:50 | 編集
永遠の36歳 さん。

熱くなかったんです。
これでも44℃ぐらいなんですよ。
ちなみに、わたし、猫舌ならぬ猫肌なので激アツは無理ですよ。
Posted by YOOMI at 2014.07.21 23:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。