2014.08.23

岡山_真賀温泉 木地屋旅館

「今は素泊まりしかやってないから。
泊まってもらっても、お茶を出してあげるぐらいしかできないよ?それでもいい?」


「それでも、大丈夫です!」

出発前、電話で女将さんにOKをいただき
岡山での泊まりは即決。
以前から気になっていた「真賀温泉 木地屋旅館」さんにしました。

木地屋さんは、有名な「真賀温泉(共同浴場)」の横にあります。
木造2階建ての趣のある家屋は、現在で4代目の女将さんが生まれた
昭和11年には完成していたそうで、その当時と風貌は変っていないそうです。

「真賀温泉」とはまた別の自家源泉を使用されており、
それも泊まってみたい理由の一つでした。
P1470992.png
※現在も営業されている旅館は、木地屋さんと真賀ホテルさんの2軒だけ。



わたしが泊まらせていただいたのは、2階の客室。
お部屋は純和風で角部屋から臨む景色は美しかったです。
P1470962.png



部屋につくと、お茶菓子タイムです。
大雨の中、湯めぐりして冷えた身体をあたためました。
P1470966.pngP1470965_20140823115556795.png



窓を開けると、目の前に川た山が一望できます。湯原温泉はいわゆる温泉街の風景ですが、
真賀や郷緑の景色はまた違う。人通りは少なく、観光地化されていない。湯治場ともちょっと違う。
まるで田舎の親戚の家に遊びに来たような雰囲気を味わえるので、好きです。
P1470968.png



木地屋さんの2階にある岩風呂です。
浴室の横の岩垣から湧出している39℃の自家源泉はつるつるとしています。
それを湯船の底から直接注いでいるので猛暑が続くこの時期には最高です。
P1470960.png
※源泉名:真賀温泉、泉温:39.5℃、pH:9.3、成分総計:180mg/kg


体温と同じぐらいの温度のお湯に浸かっていると身体がリラックスして
だんだん眠くなってきますから、一旦浸かると1時間コースになっちゃいます
P1470970_2014082312141196a.png


次の日の早朝、真賀温泉(共同浴場)の番台でもある木地屋のご主人さんと
オープン少し前の真賀温泉にいってみましたが、んっと・・・まぁ凄い大雨で
前に「幕湯」に訪れた時はテレビの撮影でもう4年前になり→前回訪問
誰もいない「幕湯」に入って感激したこととか、ちょっぴり懐かしい気持ちになりました。
IMG_0009.png
※朝6:30前の写真。どどどーっとどしゃぶり。


お風呂あがり。お部屋に戻ると、女将さんが温かいレモンティーを入れてくださってました。
お砂糖の入った少し甘めのレモンティー。
IMG_0018_20140823124833382.png

こういうささやかなお気遣いが嬉しかったり、有難かったりしますね

日帰りもやってらっしゃるそうなので、また女将に会いにいきたいです。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「真賀温泉 木地屋旅館」
住所: 岡山県真庭市湯原町仲間175
TEL 0867-62-2811
料金:素泊まり1泊3000円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/740-1f9c60b5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ありゃりゃ~木地屋さん、素泊まりだけになっちゃったんですか!残念ですな。
木地屋さんの赤タオルは、我々GFC関西支部の公式タオルにさせていただいております(笑)
Posted by 國岡 at 2014.08.25 23:19 | 編集
國岡 さん。

木地屋さんの赤タオル、かなり気にいっちゃいました。
泊まったら、次の朝、お土産に新しいのをいただきました。
他のと明らかに違いますね!
Posted by YOOMI at 2014.08.31 21:31 | 編集
あちゃ〜、来年リタイアするので木地屋さんで自由に一人旅楽しもうと思ってたのに残念-------真賀温泉館にしようか足温泉にしようか--------
それか近所でどこか外で一杯飲めて田舎料理----みたいな食堂はありませんでした?
また情報、エントリーしてくださいね!
Posted by キョウちゃん at 2015.12.28 19:10 | 編集
木地屋さん、行ってきました!電話したら爺ちゃんが出て「ご飯、しますよ」と。
でも行ったら、婆ちゃんは足が悪くて2階に食事運んでもらうのが気の毒で------
「小父さんは自分が作らんから-----」と言っておられてもう食事頼むの気の毒ですね------長くは出来ないでしょうね。
赤タオルは新品をシッカリ貰って帰りました。ww
風呂は共同浴場も宿の内湯も確かに雰囲気、湯の質も申し分ありません。
ただ、あのトイレ平気でした?ウラ若い女性が------私らはポットントイレ世代ですたから水鉄砲さえあれば平気でしたが。でも幽さんが出そうで怖かったですね、廊下は暗いし------次の日に泊まった足温泉のいづみ屋さんがとても良かったので次からは歩いて真賀温泉に行こうと思っています。
でも、木地屋さん、泊まって良かったと思っています。
Posted by キョウちゃん at 2016.06.17 22:14 | 編集
キョウちゃんさま。

お返事遅くなりごめんなさい!

木地屋さん泊まられたんですね。
独自源泉と聞いていたので、どんな湯質なのか知りたくて泊まりました。
岩造りの湯船も味があっていいですよね!
一緒に泊まった友人は霊感が強いらしく、「何かいる!!」としきりに言ってましたが
私にとってはいたって普通の木造旅館でした。トイレは記憶に残っていないですが
大丈夫だったと思います^^;たぶん。結構その辺りの免疫はあるのでw

足温泉のいづみ屋さん、今度泊まってみます!教えていただいてありがとうございます♪


Posted by YOOMI at 2016.07.11 23:08 | 編集
お返事有難うございました。
ふ〜む、友人さま、なかなか霊感強いですね!実は私も少し感じましたね。ですから婆ちゃんに気の毒なのと「それ」で、もう一度とは思わないのです。
私も結構長く生きてるので不思議なことは何度か経験していますし、ワイフはこの前一緒に行った鳥羽の某ホテルで女性の幽霊を見たと騒いでましたし-------
ですからやはり世の中、霊の狐のというのも笑ってはいられませんね。
実は私も木地屋さんではお守りを枕元に置いてましたし、持ってトイレに---W
でも木地屋さん、親切にして下さいました。湯もいいし泊まって良かったと思っています。婆ちゃん、元気で長生きして欲しいですね。

いづみ家さんオススメです!女性にピッタリだと思いますよ。ウォッシュレットが無いのだけが難点ですが大丈夫そうでW--------是非行かれて下さい。
国道から離れてるので至って静か、初夏にはカジカも蛍も楽しめますし、女将も息子さんも気さくで親切、地酒も料理も美味しくとても良心的価格ですよ。

今秋、四万十旅行で土佐大正温泉に一泊しようと思っています。以前、若乃花の四万十源流を探るという番組で見て良さそうでしたので-----一人旅もokとのことです。四万十周辺は以前から行きたかったので楽しみです。
行ったらまた報告いたします。
Posted by キョウちゃん at 2016.08.29 22:48 | 編集
風情は有ったのですが・・・・
おじいさんもおばあさんも重病で9月から通院中です。
二人とも立てず、介護状態です。
予約しようとしたら、真賀ホテルに振り替えでした。
温泉館の幕湯に行くので階段は登らなくてすみました。
たぶん閉館が近いと思います。
Posted by 旭の川 at 2016.10.02 05:00 | 編集
>旭の川さん

え、本当ですか。お二人一緒に?

わ〜、私が行ったのが婆ちゃんの負担になったのだろうか?

でもそれをお聞きして私が行ったのはほんのひと月前だったと・・・

そういう意味では本当にラッキーですよね。ご飯も戴いたし・・・

婆ちゃんに僅かですがチップをあげてよかったです。お二人とも回復なさって

長生きされたら良いですね!
Posted by キョウちゃん at 2016.11.29 20:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する