--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.23

北海道_新得町 湯の滝

新得町 湯の滝

川を遡上して1時間ぐらいのところにある素晴らしい温泉の滝。
今回わたしが最も楽しみにしていたところで、最も感動したところでもあります。

約40℃ 超適温の湯滝が岩の割れ目から大量に流れ落ちてきます。
その豪快な様を目の当たりにすると思わず「すごい!!!」としか言葉が出てきません。
まさに天然の打たせ湯。 その光景にただただ、圧倒されます。
新得

湯口代わりの岩の割れ目。ここから自然湧出しています。
近づいてみると、その豪快さがよくわかる。
P1500567.jpg

滝の真下には昔あったと言われる木造の湯船の底部分だけが今もなお残っていて
析出物でオレンジ色に染まっています。まるで台座のよう。
ただし、ここに座ると手足にオレンジ色がついちゃいます
P1500437.jpg
泉温:40.6(実測)、少し金気臭、微炭酸味、無色透明


更にもっと圧巻なのは、ここから上の方に登っていくと、もう一つ自然湧出している
湯溜まりがあり、そこから自噴した温泉が数十メートルもある高い崖の上から
見事に流れ落ちている光景です。苔に覆われた崖、静かに流れる湯、横には本物の滝・・・・
それは、今まで見たことのないような神秘的な光景でした。
P1500405.jpg

崖の上にある湯溜まり。深さはないのですが44℃~45℃の高温の湯が
底から気泡となって湧いています。そして下へと流れ落ちていく仕組み。
新得上

自然のジャグジー。底は熱いぐらいにお湯の温度が高い。
P1500399.jpg

15mの高さから流れおちる「湯の滝」(こちらは温泉ではないほう)余りに綺麗だったので、
傍まで近づいてみました。真下は物凄い水しぶきで、大声をあげないと話もできません。
白い滝の左横に一筋のオレンジ色の線が見えますか?ここにも温泉が流れているんです。
滝と温泉のコラボ。なんて神秘的な光景だろう。
滝をバックに

湯の滝へいくのに履いた滑り止め用の足袋。
なかなか似合うかも( *`艸´)
P1500380.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「新得町 湯の滝」(しんとくちょうゆのたき)
※十勝川支流 カバの沢川にある自然の湯の滝です。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/748-c01cf4a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あの設えたような見事な台座。
四方が吹き飛んだ湯船の残骸だったのですね。
謎が解けました(笑)
雄大な自然と噴き出す湯が織り成す武陵桃源。
息を飲む景観に見惚れています。
11月初旬に在職中の出張以来、10年振りに北海道に赴きます。勿論♨️目的で。
素晴らしいレポのお陰で益々期待が膨らみました。
ありがとうございます。
Posted by ぜんちゃん at 2014.09.23 12:35 | 編集
湯船の残骸とは…。それにしても見事な一枚。

絶景美景に珍景怪景も多々あれど、この滝湯が今年はナンバーワンになりそうですね(^^)
Posted by アルファ14Go! at 2014.09.23 20:18 | 編集
YOOMIさん
いやビックリしました。これは正真正銘の温泉ですね。
特に野湯についての、パワフルな行動とレポート有り難うございます。
それにしても、いつかは行ってみたい源泉ですね。
いやすばらしいの一言につきます。
また、次のレポート楽しみにしています。
izumi6688
Posted by izumi6688 at 2014.09.24 06:14 | 編集
ぜんちゃん。

こんばんは!
北海道へ行くとどうしても自然と一体化した野湯に見惚れてしまいます。特に、この新得 湯の滝は行きたくて色々と
下調べをしていたので、到達したときの感激は大きかったです。

いよいよ北海道の湯巡りに行かれるんですね!
わたしの記事は(更新がゆっくりなので)参考になったか分かりませんが少しでも湯巡りリストの足しになれば嬉しいです。
わたしもぜんちゃんのレポを楽しみに待ってま~す♪
Posted by YOOMI at 2014.09.24 23:49 | 編集
アルファ14Go!さん。

こんばんは。
確かにこの滝の湯は今年のナンバーワンになってます^^
余りに適温で気持ちよすぎて、湯船を再建したくなります!
Posted by YOOMI at 2014.09.24 23:51 | 編集
izumi6688 さん。

こんばんは。
喜んでいただけて嬉しいです。
わたしも現地でお湯が噴出すのを見てビックリでした。
泉質は、重炭酸土類系でしょうか?
周りは鱗状の析出物がこってりと覆っていましたよ。

のっけから、こんなパワフルな野湯を出してしまったら、
後が続きませんね^^;

Posted by YOOMI at 2014.09.24 23:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。