2014.11.10

秋田_硫黄取り沢の湯

今年の4月下旬に、スノーシューを履いて行った秋田県 八幡平にある 野湯「硫黄取り沢の湯」
残念ながら、湯の川は雪がかぶり、お湯に浸かることすら出来ず
引き返した苦い思い出があったのですが、

この週末、天気予報でお天気が良いと言っていたので
急遽、東北を行きを決め、時期としてはギリギリですが何とか入浴してきました。

想定外だったのは、この雪!
2-3cmは積もっていましたので、歩くと足をとられてしまいます。
雪がもう

途中、林道に沿ってくまさんの足跡らしきものが。
・・・どうか会いませんように(怖)
P1380106.jpg

足の踏み場が氷になっているところもありました。
何度も滑りそうになりながら、前へ前へと注意深く進みます。
P1380108_2014111001351082a.jpg


歩き続けること1時間。
何やら谷底に湯の川のようなものを発見!
これは、まさしく
P1380126_201411100026399e6.jpg

「着いたよ~!」
足場の悪い中歩き続けた末、無事、硫黄取り沢に到着です。
源泉が沢水と混じりあい、適温の41℃ぐらいになった湯の川がダイナミックに流れています。
辺りは焦げたような硫化水素臭が漂い、気分を高めてくれます。
P1380135.jpg

ベストポジションは、このワイルドな湯滝でしょうか?
ちょうど、滝壺のようになっていて胸の上ぐらいまですっぽりと浸かれる深さです。
40℃の快適温度、しかも湯量が豊富で・・・何とも言えない最高の気分です。
硫化水素ガスはかなり濃いようで、かなり濃厚な香りがしていました。
P1380402.jpg

ちょうど湯川の左右は崖に挟まれていて、「V字」のようになっています。
崖には大きな岩がゴロゴロ転がっていて、これがなかなか秘湯情緒を高めてくれます。
P1380324.jpg

たっぷりと白い湯の華が溜まっていて
身体を動かすと普段はブルーがかった透明のお湯が乳白色に変化するんです。
「これだけ天気が良いと、寝湯もなかなか良いよ」
少し熱くなれば、上半身を外気にさらしてクールダウン。
P1380369.jpg

もう少し上流には、もっと深い湯溜まりもあって。
ここは源泉に近く、先ほどの湯滝よりももっと温度が高いです。
43℃ぐらいで、よく温まります。
P1380341.jpg

すぐ傍には、50℃ぐらいの源泉が湧くポイントがありました。
岩の間からチョロチョロと湧出していて、湯量は余りないですがかなり熱いです。
源泉のゆだまり

湯の川は1日居ても本当に飽きない。
温度や深さが場所によって全然違っていて、自分の一番快適と感じる位置を
探すのも醍醐味の一つなんですね。 まるで寝床を探す野生動物のよう
P1380470.jpg

もっともっと上流へ行くと、先人がつくった湯船もあります。
ここは、温度が38℃ぐらい。かなり温めでした。
P1380190.jpg


湯川から登山道を登ったところにある鬼ヶ城火口湖にもいってきました。
エメラルドグリーンの湯沼が目の前に広がり、本当に美しかったです。
P1380282.jpg

沼の脇にある噴気孔からはモウモウと勢いよく噴煙があがっています。
(ちょうど私が立っている後ろの方。)
噴気孔の周りは、ガスで黒ずんでいたり黄色くなっていて、見た目にも危険そう。
そうそう、外気温が下がりすぎて、お湯の温度が9℃になっているのは想定外でした
P1380263_20141110010049859.jpg


鬼ヶ城火口湖まで。
片道 1時間37分。
距離 3.56km。
高低差 204mでした。

湯の川で、青空の下お昼ごはんを食べて、極上のお湯に身を浸して。。。
なんだか、歩いた疲れよりも日ごろの疲れが吹っ飛んでしまうぐらい
リフレッシュできた1日でした。

こういう時間は何ものにも代えがたいぐらい、シアワセです。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
「ポチ」っとおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/756-4cd76a00
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
うううう、マズイ...
この素晴らしい画像の連続攻撃
ソッチのヒトになりそう...(;_;)
Posted by ぜんちゃん at 2014.11.10 15:37 | 編集
ぜんちゃん。

こっちに来てください~ “ヘ( ̄ー ̄ )
あんなところも、こんなところもありますよぉ。

7mのレンズで頑張って撮影してきました。
ぜんちゃんに洗脳されて、買った口角が大活躍ですよ♪
Posted by YOOMI at 2014.11.10 21:03 | 編集
何とも素晴らしき景観…
Yoomiさんがリベンジしたくなるの分かる~♪ 
オイラには、ど真ん中直球ストライクな野湯ですわ(*^^)v
ココに一日中居たら、ニヤつき顔で極楽気分、昇天しちゃうかも(^_^)

ぜんちゃん、こっち系も捨て難いでしょ(笑)
Posted by くまのプー at 2014.11.14 06:07 | 編集
プーさん。

やはりド・ストライクですね♪
まさに湯滝に打たれていると「昇天」まっしぐらですよ。
山ん城や荒湯に少し似ているのかも・・・・
一日、カップラーメンやおにぎりを食べたりして
過ごしました。寒くなったらお湯に浸かっての繰りかえし。
ひや~、充実した1日でした。
Posted by YOOMI at 2014.11.19 00:38 | 編集
素敵な情報ありがとう。
じっとしてられません*\(^o^)/*
来月行ってみます。
熊さんとか、うようよ居てるのかなぁ⁉️
Posted by たまちゃん at 2016.08.25 03:07 | 編集
たまちゃん

熊さん、多少はいると思います。
ある程度装備されたほうがいいと思いますよ!
楽しんできてくださいね^^
Posted by YOOMI at 2016.09.06 15:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する