2014.11.24

大分_天ヶ瀬温泉 みるき~すぱサンビレッヂ

久々の天ヶ瀬温泉

大分県産業科学技術センターさんからのご依頼を受け、
アドバイザー役として、天ヶ瀬温泉の旅館
「みるき~すぱサンビレッヂ」さんへお招きいただきました。

みるき~すぱサンビレッヂさんは、昨年8月に新源泉「2号源泉」という
中性の温泉が多い天ヶ瀬では珍しい、アルカリ性のお湯を掘削され、
従来よりも、ますますお宿をより良いものにされるよう、
全社的に取り組んでおられるお宿さんです。

2号源泉の肌触りがまた「ぬるぬる」でおもしろい(後でじっくり紹介しますが)
余り「ぬるぬるする」イメージのない天ヶ瀬の湯のイメージを覆すインパクトでした。
P1380899.jpg


お宿の前につくられた、源泉の滝。
ここで、そのぬるぬるの2号源泉の感触がわかります。
P1380892.jpg
※お宿の前には飲泉所や手湯、源泉の滝などがあります。


【2号源泉:岩風呂 和みの湯】
(女性専用内湯&女性専用露天・混浴打たせ湯)


みるき~すぱサンビレッヂさんには飲用の温泉として1号源泉、
浴用として、2号源泉、3号源泉 合計3本の源泉があるのですが、
わたしはまず最も気になった2号源泉の感触を味わいたく岩風呂へ行きました。
P1380907.jpg

岩風呂の最も奥にある、打たせ湯です。(ここだけ混浴スペース)
私の心に残ったのは、ぬるぬる感と無数の白い湯の華そして、柔らかい硫化水素臭。
女性専用露天風呂から更に奥の「打たせ湯」に行くと、更に、さらに
そのお湯の個性が強くなってくるのが分かります。打たせ湯付近のお湯は最高でした。
P1380918.jpg
※2号源泉、泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉、泉温:94.9℃、pH:9.0、成分総計:1265mg/kg

全身を覆う保湿ローションのように、まとわり付く感じが良いのです。
打たせ湯も、せっかくなのでチャレンジしてみました。
P1380938.jpg

天ヶ瀬の湯の中でも、こちらの源泉は94度もありかなり熱い!
その高温のお湯を滝など高低差で落とすことによって温度を下げられています。
100℃近くの熱い湯は、別府でもそうですが温度を落とすのに一苦労なんですね。
P1380965_201411232349427c8.jpg

先ほどの混浴 打たせ湯から壁を隔てて隣は男女別になっているわけです。
P1380913.jpg
※女性専用 露天風呂

岩風呂の内湯。内湯にも白い湯の華がたくさん舞っていました。
露天に比べてかなり熱めです。
P1380911.jpg
※女性専用 内風呂

【3号源泉:たまゆらの湯】
続いて3号源泉を使っている貸切露天風呂へも行ってみました。
丁度お湯を溜められたところだったため、お湯が熱めで少し加水されている途中でしたが、
それでも、ゴムが焦げたような天ヶ瀬独特の硫化水素臭がしっかりと漂い、
湯の華でお湯の色が薄っすら白濁するような見事なものでした
こちらの貸切露天は源泉からの距離が近いため、フレッシュなお湯を楽しめるようです。
P1380997.jpg
※3号源泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:65.1℃、pH:7.1、成分総計:889mg/kg

【3号源泉:展望大浴場】
3号源泉を2Fに引いて使用している展望大浴場の湯。
同じ3号源泉で比べると、貸切風呂の方が香りも湯の華も濃厚です。
P1390073.jpg
P1390082_20141124091704a21.jpg


【夕食】
夕食では、この天ヶ瀬産の椎茸を原木からもぎとって焼いていただきました。
このサービスは「お客さんに少しでもご当地の味をいただいて欲しい」という想いから、
お宿の方のアイディアで始まったそうです。
P1390023.jpg

この椎茸が、また肉厚たっぷりで、ふわふわで美味しかった♪
私はお鍋でも、真っ先に椎茸を食べるぐらい椎茸好きなので、この企画嬉しくって
P1390022.jpg

他にも、本当にたくさんのお料理をいただいたのですが、
中でも、特にお気に入りだったものは「揚げたての天ぷら」と「日田米と秘伝のお味噌」
お味噌は余りに美味しすぎて瓶詰めにして持って帰らせていただきました。
P1390055.jpgP1390049.jpg
※左上:YOOMI'S特性 日田米 with お味噌お味噌は豆板醤と雑魚入りの逸品!


夕食後には、お宿の庭に飾ってあるLEDのイルミネーションを鑑賞しました。
従業員の方のアイディアで、始まったこの時期ならではの光の世界。
プールサイドから見るとブルーの光が水面に反射して、美しいドレープ状に
IMG_0008.jpg

久々に、美味しい食事を食べて、極上のお湯にたっぷり浸かり、綺麗な物に触れ
睡眠をたくさんとったシアワセな1日でした。
こういう1日が、最大のリフレッシュになったりします。

みるき~すぱサンビレッヂさんの従業員の方々は常にお声をかけてくださり、
気遣いもしてくださるので、滞在中は本当に居心地良く過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

~おまけ♪~
次の日、お宿の方と大分県産業科学技術センターの先生方と
一緒に記念写真。 素敵な出会いに感謝です
P1390142.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
「ポチ」っと押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「天ヶ瀬温泉 みるき~すぱサンビレッヂ」
住所: 大分県日田市天瀬町赤岩108-1
TEL:0973-57-3461
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/761-4b682e80
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
2号源泉、入ってみたくなりました。

宿のお風呂は実際に入ってみないと分からないことが多いですね。天ヶ瀬は川沿い露天なども微妙に泉質が違っていて面白いところですよね。

大分のシイタケは肉厚でジューシーで大好きです。ところで「特製日田米」とは?
Posted by アルファ14Go! at 2014.11.24 13:18 | 編集
アルファ14Go! さん。

2号源泉珍しいぐらいの、ぬるぬる感でした。
初めて天ヶ瀬に来た時はそれこぞ川沿いと1つの宿しか
入っていなかったので、深く知るのにはとても良い機会だったなぁと思います。

しいたけは大分県の名物だとは知りませんでした(><)
お米は、わたしが勝手にYOOMI'S特性 味噌ご飯と言ってみただけです。
正確なブランド名は、大分県 日田産「ひのひかり」です!
Posted by YOOMI at 2014.11.24 17:11 | 編集
なるほど、「ひのひかり」とお味噌の組み合わせがYOOMIさんオリジナルってことですね。おいしそうです(^^♪
Posted by アルファ14Go! at 2014.11.24 21:58 | 編集
しかしなぜに『みるき~』なのでしょう?
Posted by なかおっち@長崎 at 2014.11.27 10:28 | 編集
なかおっち@長崎 さん。

こんばんは!
ミルキーウェイ(天の川)からきているそうです。
星が綺麗な天ヶ瀬の名物、天の川です。

わたしも気になって聞いてみました^^
Posted by YOOMI at 2014.11.27 22:47 | 編集
少し寂れてきた感のある天ケ瀬ですが、このホテルは頑張ってますよね。
新源泉は女性受けしそうな泉質だし、YOOMIさんのアドバイスで益々磨きがかかって良い宿になるでしょう…

椎茸は、嫌いな方からは"しいたげ"られますが、
焼いて、ちょっと醤油をたらすと旨いんだよね~!(^^)!
Posted by くまのプー at 2014.12.04 05:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する