2015.01.03

北海道_旭岳温泉 ロッジ・ヌタプカウシペ

今回の北海道旅の最後の日、ちょうど3か月前に泊まったばかりの
あるペンションにも立ち寄ってみました。

あの時、入った時のお湯の良さが忘れられず「もう1回味わってみたい。」
そう、思ったからです。
141229-030019-P1410507.jpg
※12月29日の旭岳温泉。夕方から凄い吹雪でした。


ほんのりと香ばしい香りのする熱めの湯が大量に掛け流されている内湯。
口に含むと少し苦味もあります。
141229-025529-P1410500.jpg

「やっぱりヌタプのお湯は好きだなぁ
鮮度・湯量を含め「安定したお湯の良さ」を感じられ
またその魅力を実感しましまた。
140908-170206-P1500316.jpg


そのペンションがここ。「ロッジ・ヌタプカウシペ」さん。
北海道むかわ町出身のご主人と大阪出身の女将さんご夫婦できりもりされており、
常連の方から「ヌタプ」の愛称で親しまれています。
2014年9月に泊まって、いいお湯と美味しい手造り料理をいただき心に残ったお宿の一つです。
※以下は2014年9月に撮った写真です。
140908-171425-P1500331.jpg


もう一つ、ヌタプには野趣溢れる露天風呂があります。
大きな岩と太い木で作られた手作り風の露天風呂で、目の前には原生林が広がります。
源泉は3本投入しておられ、内湯と同様に豊富なお湯を楽しむことができます。
140908-164118-P1500260.jpg

140908-164445-ヌタプ
※源泉:ヌタプカウシペの湯 1、2及び3号井の混合、pH:6.1、成分総計:2,200mg/kg
泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:52.6℃


大きな露天風呂から少し川側下りたところには、
もう1つ自然に囲まれた開放感バツグンの湯船もあります。
140908-165152-P1500278.jpg


館内はアカエゾマツという高級な材木をふんだんに使って造られています。
何とこのテーブルもご主人お手製だと言うから、びっくり!
「アハハ・・・その当時は、未だ若かったから」少し照れ笑いしながらご主人。
140908-184901-P1500337.jpg


そんなシャイなご主人が目利きし買ってこられる魚や野菜を天下一品♪
初物の鮭、秋田から取り寄せた米など安価な宿泊料金の中で最大限素材が
美味しいものを食べさせてくれるのが嬉しいです。
140908-185248-P1500341.jpg


ヌタプのおもしろいところは、1人旅を含めた常連さんが多いため食事中も
ずっ~と皆で仲良くお客さん同士がお話しするところ。ヌタプファミリー!?
「お姉さん、ここの宿のトマトジュース飲んだことないの!?
絶対飲んだほうがいいよ、美味しくて、びっくりするから。」

1人の常連さんから勧められていただいたのは、真っ赤なトマトジュース。
確かに、飲んでみるとトマトとは思えない程甘くて美味しい!
140908-212002-P1500356.jpg


人気があるお宿さんって、行ってみると何か独特の魅力があったりするのですが、
ヌタプカウシペの場合もそうでした。

いわゆる旅館・ペンションというほど堅苦しくない、
お客さん同士が自由に集まり、ご主人を挟んで会話がはじまる。
そんな居心地の良い空間がここには、あるのだと思います。

地元の野菜のこと。
北海道の温泉のこと。
アイヌ人のこと。
話題は様々で、夜がふけるまで笑い声はとまりません。

北海道で泊まったお宿さんの中でも、ヌタプカウシペは強く心に残っています。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ボタンをぽちっと押してね♪
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「 旭岳温泉 ロッジ・ヌタプカウシペ 」
住所 :北海道上川郡東川町旭岳温泉
TEL:0166-97-2150
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/779-50778e0a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する