--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.10

久々に♪小屋原温泉 熊谷旅館

小屋原温泉 熊谷旅館に行ってきました

思い起こせば、前に熊谷旅館さんに泊まったのはもう7年前になります。
大好きな親友とは初めての「島根旅行」で訪れたのは、この熊谷旅館さんで 
2人でレンタカーに乗って山の中の一軒宿へやってきました。

ひっそりとした湯治場風の浴室や、浴槽や床を彩る茶色い析出物に衝撃を受け
こちらのお母さんと娘さんが作られる「手打ちのお蕎麦」が美味しかったことを
記憶しています。

小屋原温泉を始めとする島根の秘湯は、温泉が更に好きになったきっかけを
与えてくれた場所だったんですよね。

P1440018.jpg
※外観。横の川のせせらぎが綺麗だったなぁ。


2人入ればいっぱいの小さな浴槽に38℃弱のぬるめの湯がふんだんに掛け流されていて
鮮度がよいので、なんだか身体全身清められているような気分。
お湯の印象は正直、随分前なので飛んでしまっているところもありましたが
やっぱり、良い湯だなぁと思う。
P1430951_201503102229514d6.jpg


炭酸ガスの細かい泡。
お湯に浸かって1分もしないうちに体を覆います。
P1430981.jpg



P1430955.jpg


炭酸味、出汁味、金気臭のある湯。浸かると清涼感もありました。
当時は含二酸化炭素と記していたのですが、今の分析表を見ると泉質が
「ナトリウムー塩化物泉」とされていました。
P1430996_20150310223823e7b.jpg
※源泉名:小屋原温泉、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:37.8℃
pH:6.0、成分総計:7350mg/kg(CO2 759mg/kg)


温度のわりに浸かっているとじわじわ身体がぬくもってくるのがいいです。 
P1430990_20150310224909b1f.jpg

最近、ちょっと悲しいことがありましたが
やっぱり島根に行くと元気をもらえます。

また小屋原温泉にまた泊まりにいきたいな

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「小屋原温泉 熊谷旅館」
住所: 島根県大田市三瓶町小屋原1014-1
TEL:0854-83-2101
営業時間: 要確認
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/800-469ae885
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
浴舎に入って2番目の小さめの浴槽がアワ付きも良く記憶に残っています。
オイラが泊まった時は、一番奥の4番目は鍵がかかっていて解放されていませんでしたが、どうでしたか?
何でも木製の浴槽だとか…一度見てみたいと思っています。
Posted by くまのプー at 2015.03.11 05:27 | 編集
熊谷旅館いいですね!
はじめて島根の温泉へ行ったのは、
YOOMIさんのルポ見てからだったんですよ~
新そばの季節に泊りたいと思ったんですが、
すっかり忘れていました(^_^;)
近日中に、島根に行く予定です♪
Posted by 湯次 at 2015.03.11 06:14 | 編集
おっと、リバイバルアゲイン・シリーズ!
イイですね~♪
ワタクシも、大きな娘さんが二人いて
驚いた記憶がアリマス...(笑)
Posted by ぜんちゃん at 2015.03.11 11:57 | 編集
源泉湧出口は確か1番目と2番目の間だったハズ。
炭酸を伴ってボコボコ湧いてました。

私は湯抱宿泊~小屋原立寄りで利用させていただいてます。
Posted by 國岡 at 2015.03.14 06:34 | 編集
くまのプーさん。

一番奥の木の湯船って↓これですか?
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/blog-entry-15.html
そういや、今回行った時はお部屋を開放していませんでした。
ただ、わたしが今回入ったコンクリートの湯船もしっかり泡がつきましたよ^^
Posted by YOOMI at 2015.03.15 23:00 | 編集
湯次さん。

そうそう、湯次さん。
お蕎麦と言えば。。。。。
熊谷旅館さんの宿から数m上がったところに
いい感じの蕎麦屋さんが出来てましたよ!!!
わたしは熊谷旅館の女将さんに教えてもらったんだけど
お腹がいっぱいで食べることが出来ませんでした(><)
もし行くことがあれば、食べてきて欲しいです。
Posted by YOOMI at 2015.03.15 23:03 | 編集
ぜんちゃん。

ほんと、久々の再訪でした。
普段はわたし、滅多に再訪しないんですけど、
熊谷旅館さんは、ちょっと気になって三瓶荘からUターンしました♪ 名湯、秘湯は数あれど、やっぱり熊谷旅館さんの雰囲気、お湯には感動します^^
Posted by YOOMI at 2015.03.15 23:07 | 編集
國岡 さん。

こんばんは。
1番目と2番目の間が源泉湧出ポイントなんですか!?
それは知らなかったです。(木造とコンクリート湯船の間?)
次回、行く時はちょっとチェックしておきます。
Posted by YOOMI at 2015.03.15 23:09 | 編集
確かそうだったハズ~ひょっとしたら2番目と3番目だったかも(汗)

とにかく、廊下に小さな扉があるので宿の人に開けてもらって下さい。床板を外すと土管が顔を出していて、そこからブクブク溢れてますので(笑)
Posted by 國岡 at 2015.03.18 00:15 | 編集
國岡 さん。

情報ありがとうございます!
次回、お願いしてみますね^^
Posted by YOOMI at 2015.03.24 00:34 | 編集
YOOMI さん はじめまして
大阪在住の温泉好きな男子(若干56歳)です。

チョクチョク訪問させていただいてます、そのたびにコメントしようかと思いつつ、常連さんでもないので、と出来ずにおりました。

島根の温泉にいつの日にか行きたい(ミーハーですが小屋原温泉と千原温泉)と、もう何年思い続けているでしょう(笑)。

今回の記事でも、小屋原温泉の良さがヒシヒシと伝わってきました。

ただ、

>最近、ちょっと悲しいことがありましたが

何か、とても引っかかっておりまして、それがキッカケでコメントしようと思い立ちました。

どのようなことがあったのかは、知る由もありませんが、このブログを通じてたくさんの素敵な方々が、YOOMI さんのことを応援しています。

これからも ぐわんばって 活躍してください。
ひっそりと応援しております(笑)。
Posted by ゆき at 2015.03.24 18:42 | 編集
ゆきさん。

初めまして!お気遣いありがとうございます!!
今朝拝見しまして凄く励みになりました。

このブログを書いている時は、私にとって一番リラックスしている時間ですので
本音をたまに吐露してしまいます^^;
でも、ちゃんと見てくれている人がいるんだって思うと嬉しいですし、
こんな心の叫びを汲んでくださって、ありがたく感じます。

島根の小屋原温泉や千原温泉も、ちょっと心が疲れた時(今から7年ぐらい前)
に行ってパワーをもらったところです。
温泉そのものや宿のロケーションが私がかつて見たことのないもので「素晴らしいなぁ」って。
島根を初め、山陰の温泉は独特の雰囲気(わびさび?)みたいのがあるのも魅力です。
ゆきさんも一度、いつか時間をつくって泊まってみてください!お蕎麦も美味しいですよ^^

またお時間があればコメントくださいね♪


Posted by YOOMI at 2015.03.25 14:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。