2015.05.16

鹿児島_小宝島 湯泊温泉

「こんな美しいブルーの海は見たことない!」
150505-184624-P1470156_R.jpg


トカラ列島に渡って、いや・・・生きてきたなかで、
最も海が美しいと感じたのは、4日目に渡った「小宝島」でした。

わたしは旅に出るといつも温泉ばかり見ているので
「景色」は二の次になってしまうことがよくあるのですが、この島は違いました。

港から自分たちが乗った船を見送るとき、コバルトブルーに白い絵の具を少し混ぜたような
鮮やかな海の美しさが温泉で味わう感激と同じぐらい(もしくはその上?)
自分の心に焼きついています。
150504-230758-P1460807_R.jpg


島は、隆起さんご礁が海岸を覆います。さんごは硬くて尖っていて
何とも歩きにくいので、マリンシューズや長靴滑らないような靴で歩きます。
触れたことのない感覚や景色・・・ここが日本であることを忘れてしまいそうです。
150504-235437-P1460817_R.jpg
※写真の奇石は「大淵」と言われる。辺りは浅瀬で底まで見渡せる透明度。


「ここにも昔温泉が湧いていたんだよ!」
隆起したさんご礁の間に、その昔温泉が湧いていた窪みがあると言って
島の方が案内してくださいました。
シュノーケリングの後、冷えた身体を温めるために浸かっていたそうです。
もう今は湧いていないのが残念でしたが、岩には温泉が湧いている所だけに繁殖する
「黒い海苔のようなもの」が付着していました。
150504-235704-P1460822_R.jpg
※大渕近くの窪み(昔は温泉が湧いていた)


ほら、ここにも♪
赤立神(三角にとがった奇岩)の近くにも、さんごで出来た小さな窪みがありました。
ここにも、昔温泉が湧いていたそうです。
150505-000155-P1460832_R.jpg
※赤立神近くの窪み(昔は温泉が湧いていた)


150505-010827-P1460879_R.jpg150505-062051-P1470111_R.jpg


そして、そして楽しみにしていたのはここ。
島の人たちが自分たちでつくった露天風呂!!
150505-002956-P1460854_R.jpg


「湯泊温泉」だよ~!!
周りを海に囲まれているだけあり、潮騒や潮風を感じながらゆったりと浸かれます。
乳白色の露天風呂にうっとりです
150505-023132-P1460972_R.jpg
※3つに仕切られている浴槽のうち手前の浴槽がメインで岩の間から源泉が湧いています。
浴槽は約50℃ぐらい(実測)ですが加水して44℃



硫黄を豊富に含んだ食塩泉で口に含むと「しょっぱい!」と叫んでしまうほど塩辛く、
浸かった後は真水で身体を流さないとお肌がぺとぺとします。
「湯泊はガツンと来るから長湯しすぎちゃ駄目よ!」
島の人から前もって注意を受けていたのですが、なるほど、これだけ濃厚なんだと実感♪
150505-023009-P1460960_R.jpg


奥の2槽は、海水に温泉が少しだけ混ざっているもので温度は35℃ぐらい。
かなり温度が低いので源泉が湧いているメインの浴槽を冷ますのに使います。
150505-003431-P1460858_R.jpg


この日は熱かったので、手前の源泉槽よりもぬる湯の奥の2槽に浸かっている方が
実際には気持ち良かったですけどねてへへ・・・ぬる湯好きなもので。
150505-023257-P1460979_R.jpg


湯泊温泉のすぐ横には、もう一つ貯湯槽がありますが、ここは70℃近くあるので
現在は島の人は入浴せず、温泉玉子をつくったりするのに浸かっているそうです。
150505-004226-P1460871_R.jpg

付近には温泉蒸しができるところがあったり、砂の中から直接プクプクと高温の
源泉が煮えたぎるボッケもあり、辺り一帯至るところから温泉が自噴していました。
150505-002853-P1460852_R.jpg150505-003454-P1460859_R.jpg


小宝島

島の面積の殆どがさんご礁や、奇石、ガジュマルなどの木々でつくられていて、
どこに行っても殆ど人と会わない。
まるで無人島に来たような開放的な気分になります。

人口約40人という少なさもあってか、自然との共存というより
大自然の中に、人間が住ませてもらっているような印象を受けました。

小宝島の温泉めぐりはまだまだ続きます♪

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「湯泊温泉(ユドマリオンセン)」
住所: 鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島
料金:無料
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/807-50c16011
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
鹿児島にトカラ列島なるところがあること自体知りませんでした。海は素晴らしいブルーですね。手造り感溢れるゴツイ湯船も◎
Posted by なかおっち@長崎 at 2015.05.16 23:33 | 編集
なかおっち@長崎 さん。

なかおっちさんところからだと、鹿児島港までは
それ程かからないでしょうからフェリーで11時間ぐらい
で小宝島つきますよ♪

海と空のブルーがめちゃくちゃ綺麗な島でした。
Posted by YOOMI at 2015.05.17 18:33 | 編集
珊瑚のリーフの窪みの温泉跡は通称クリフネ温泉でしょうか?
もうあそこは完全に枯渇してしまったみたいです。

あれ、湯泊温泉の湯船の入り口にいつの間にか入浴中か否かの表示板がつけられたのですね。
湯泊温泉のシャワーというか簡易カランは取り外し式で台風の
時には撤収するみたいです。

あと昔は屋根があったみたいですが、台風で潰されて露天に
なってしまったようです。
元の小屋のコンクリートの基礎部分で囲われて眺望が利かないので海側のコンクリートの部分を壊して海が見えるようにすればいいのではないかと思ったりもしますが、そうすると台風などの高波の影響で湯船が壊される危険がありそうなので無理そうです。



Posted by 西東京人 at 2015.05.18 06:37 | 編集
西東京人 さん。

こんにちは!

>>珊瑚のリーフの窪みの温泉跡は通称クリフネ温泉でしょうか

そうです!クリフネの湯です。もう一つの珊瑚のリーフの温泉の名前は聞いていません。
西東京人さんの常連の民宿のお兄さんに色々教えていただきました。お兄さん自身も昔、クリフネの温泉に入っていたようです。

湯泊温泉は、、そうですね!海側のコンクリートがなければ
絶景なんだけどなぁと思います。
ただ、夜は真上に満点の星空を見上げながら入浴することができ、もう、この上ないシアワセでした。
(屋根がないほうが、かえって良いのかも)
民宿で出会ったお兄さんと意気投合し、かれこれ2時間ぐらい
湯泊温泉でまったりしていました。
Posted by YOOMI at 2015.05.23 19:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する