--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.29

東京_女塚温泉_改正湯

「女塚温泉 改正湯」

蒲田駅から15分ぐらい歩いたところにある、濃厚な黒湯の温泉銭湯。
7月の週末 2日間にわたり東京で「温泉入浴指導員養成講習会」が開催され、
うち実践授業の会場が改正湯さんで、わたしも参加してきました。

「実践」の内容は、主に救命講習や水中運動プログラムについてなのですが、
何より、わたしが楽しみにしていたのは、改正湯さんに貸切で浸かれることでした。
普段滅多に浸かることのできない、「貸切の銭湯」という貴重なシチュエーションだけに、
講習よりも、むしろそちらに心が弾んでおり・・・・
外観


タイル絵で、美しい富士山が描かれたこの浴室も素晴らしいのですが、
それだけではありません。
タイル


なんと浴室の壁が水槽になっており、「鯉」が泳ぐのを眺めながら浸かることのできる何とも
涼やかで風情のある浴室なんです。この鯉たちは育ったら、敷地内にある広い池に移動して
あげるのだそうです。何とも本格的なアクアリウム。肌だけではなく、視覚でもどっぷりと癒されます。
P1010050.jpg


ほら、ここにも鯉のタイル絵が。
P1010043.jpg


この日のために、普段「水風呂」として活用している浴槽を特別に、加温、加水なしの
源泉100%風呂(約20℃)にしてくださったので、更にテンションあがる、あがる
純粋な源泉風呂に浸かれるなんて、普段は味わえないので超貴重な経験です。
源泉風呂
※源泉名:女塚温泉、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩冷鉱泉、pH:8.36、泉温:17.8℃
  溶存物質:2497.7mg/kg(分析表から計算)
※写真の一番手前の小さい浴槽が、その源泉100%の黒湯風呂だよ♪


蛇口


腐食質256mg/kg含有の濃厚な黒湯で、ちょうど2年前に入った天神湯(232mg/kg)
を勝る濃さ。張り立てのお湯の湯面には、黒湯によく見られる白い泡のようなものが
覆っていて、見ただけでも、「じゅるる・・・」ってなります
湯面


手を浸けると、手首の少し上ぐらいの位置で手が見えなくなる濃厚さ。
まるで、お醤油みたいです。
P1010056.jpg


強い腐食臭はせず、香りは控えめ。少しの甘味と苦味が残るお味。
社長さまもとっても優しく、親切に説明してくださり、記念に入湯写真まで撮っていただきました♪
いや~、今回のTokyo旅、たのしい思い出になりました
DSC_1290.jpg

あ、ついつい温泉のことだけになりましたが・・・
入浴指導員のカリキュラムも無事、終えることができましたよ^^


.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
ぽちっとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪


「女塚温泉 改正湯」
住所  東京都大田区西蒲田5-10-5    
電話  03-3731-7078
料金 460円
営業時間 15:00 ~ 24:30 ※金曜定休日   
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/816-f1be1b67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
黒湯よりも、鯉よりも
素敵な水着のポージングが
「じゅるる・・・」ってなります😰
Posted by ぜんちゃん at 2015.07.29 15:42 | 編集
ぜんちゃん

コメント、(笑)!
水着で銭湯って何か違和感あるよね。。。
水中で運動するっていうプログラムだったんです。

久々の東京、いい一日でした^^

Posted by YOOMI at 2015.07.30 00:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。