2015.07.30

和歌山_白浜温泉 オーシャンⅡ&湯処 むろべ

久々に、和歌山にゆっくりコースで、2泊してきました。

以前から気になっていた「オーシャンⅡ」というコンドミニアム。

断崖絶壁に建っていて、窓からは真っ赤な夕日と光に照らされた
大海原が一望できる、最高のロケーションです。

窓から見える海の景色は、朝の顔、夕暮れの顔、その時々によって変わり、
それぞれに異なる魅力があります。
P1510469.jpg

P1510457.jpg


【オーシャンⅡ】
ダイニングルームです。
大きなガラスドアの真下が海!っていうシチュエーションは、なかなか貴重。
朝目覚めるときも、海を見ながら♪
P1510454.jpg


バスタブもあり、蛇口を捻ればドバドバと温泉が出てきます。
源泉は「文殊の湯源泉」と崎の湯でおなじみの「行幸源泉」のブレンド。
P1510484.jpg
※(文殊の湯)泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉 54℃
※(行幸温泉)泉質:ナトリウムー塩化物泉 78゚C


「もともと湯治が目的で白浜に引っ越してきたのだけどね、ここのお湯はすごいのよ!
この湯に毎日浸かることで、ほら、髪の毛まで艶々で健康になったの。」
そう話すオーナーのお母さんの髪は白髪が1本もない漆黒の艶々ヘアーでした。
なんか、本当に効きそう。
P1510481.jpg


夏場は行幸源泉だけの使用らしく、熱々の塩化物泉が注ぎ込まれます。
温度が約80゚Cとかなり高温のため、加水せずにお湯をしぼりながら溜めました。
P1510498.jpg


コンドミニアムのすぐ裏の海岸に下りると、文殊の湯の源泉櫓(やぐら)があります。
冬場11月末~4月初旬頃になると、櫓付近で源泉が溢れ、その源泉を利用して
野菜を湯掻いたりする人もいるそうですが、色鮮やかで美味しい温野菜が出来るそうです。
P1510467.jpg


この辺りの海岸からは、所々温泉が湧いているので冬場も海水は常に温かく
熱帯魚も多く生息しているようです。早速、干潮時に遊んでみました。
気泡などは特に見つけられなかったのですが、岩の間から静かに湧出しているらしく
確かに温かい。 それよりも、ナマコやウニ、熱帯魚がウジャウジャいて恐い!!!
P1010029.jpg


裏の海岸へは、基本コンドミニアムの使用者しか入れないので
プライベート感もあり、ゆっくり海遊びができます。
P1510466_201507302254101c2.jpg


【湯処むろべさん】
帰りに白浜で一番好きな源泉「甘露の湯」を求めて「湯処 むろべ」さんへ。
炭酸水素イオンを豊富に含んだ、独特のつるつる感と、仄かに香る硫化水素臭が特徴です。
前回、甘露の湯源泉に浸かったときには感じなかった硫化水素臭がしっかりと感じました。
P1510513.jpg
※(甘露の湯)泉質:ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、泉温:85.1℃、成分総計:5,756mg/kg
※大浴場(写真)は常時掛け流し。


P1510555.jpg


この日は白浜メッセージ花火の初日で、花火の音に耳を傾けながら
夏の夜の湯浴みを楽しみました。落ち着いていて、この上なく幸せな時間です。
P1510551.jpg


.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
ぽちっとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「オーシャンⅡ」 
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1729-1南海白浜ヴィラ

「湯処むろべ」
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1997
TEL:0739-42-3300
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/818-5845b144
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015.07.31 12:22 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2016.08.16 11:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する