--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.10.13

富山_阿曽原温泉小屋(道中いろいろ)

週末はトロッコに乗り継ぎ、欅平から徒歩でいく山の温泉「阿曽原温泉小屋」へ行ってきました。
もともと、この3連休に欅平駅~阿曽原温泉~仙人温泉~欅平駅という行程を組んでいたのですが、
色々事情があって仙人温泉が例年よりも早く閉まってしまったので、仕方なく

欅平駅~阿曽原温泉~欅平駅に組み替えました。
欅平駅から、阿曽原温泉までは徒歩で約4.5~5時間かかると言われており、長い距離に加えて
ハシゴをつかっての急な登り、高さ300mほどある崖の際を歩く「水平歩道」など、その行程は険しいことで知られいます。

金曜の晩から魚津で入り、土曜の朝いちばんのトロッコで欅平に到着。
リュックの中の荷物を最小限にし、準備完了。「さぁ~、登るぞ!」

【AM9:00】 欅平駅出発
朝一のトロッコに乗り込み、スタート地点に到着。既に登山客の姿が。
P1010228.jpg


いきなり、急なハシゴです。。。
「はぁはぁ。」息を荒げながら、一段一段足をかけながら登ります。
「心臓破り」って言葉が一番しっくりくるかな。
P1010233.jpg


ここからは、断崖絶壁をくりぬいてできた水平歩道を歩きます。
水平歩道は思っていたよりもきちんと整備されていたのが意外でした。
毎年手すりをかけたり、道の脇に丸太を設置したり・・・・
雪崩の多いこのエリアでは、毎年欠かさず関電の方が補修されるんだそうです。
既に、大雨によって緩んでいる手すりもあったほど。毎年張り替えは必須なんですね。
P1010253.jpg


ほら、こんな感じで鉄線の手すりが岩に張られているからこれを握りながら
谷と反対側を歩けば安全です。
P1010244.jpg


これは「志合谷」のトンネル。抜けるのに約5分ぐらいかかるのですが、
中がまた寒い!足元は沢水が常に流れていてぬかるみを踏んで歩きます。
横には見たこともないような大きな雪渓が残っていました。
雪渓がこの時期溶けないのは珍しく、今年は異常気象みたいです。
P1010293.jpg
※トンネルはヘッドライトと手袋をつけて歩きます。


一番、わたるのに注意が必要のは「大太鼓」というスポット。
絶景撮影ポイントでもありますが、実際は渡るのに夢中でそんな余裕は出ないかも・・・
P1010300.jpg

足を踏み外すと、この谷底に~
P1010297.jpg

ただ恐怖ばかりではありません。
見てください!色とりどりの紅葉に囲まれた登山道。
この美しい景色を間近で見れるだけでも歩く価値はありますね。
P1010478.jpg
※写真の山肌に水平に掘られた黒い筋が登山道です。


「きれい~
歩き出すたび、何度もつぶやいてしまいます。これから冬にかけもっと色づくのでしょう。
P1010470.jpg

高さ50mぐらいある壮大な滝にも出会いました。
思わず、立ち止まって見上げてしまうほどの絶景。お水も冷たくて美味しいんです。
P1010487.jpg


阿曽原温泉に着く最後のアプローチに出てくるのは、
急降下のハシゴ!足を踏み外さないようにゆっくりと下へ。
最後の最後で膝をいたぶる難所なのかも^^;
P1010312.jpg


そして、、、少し歩き疲れたその時。
まっすぐ先にキャンプ場とプレハブ小屋のような物が見え
P1010336.jpg

【PM12:40】 阿曽原温泉小屋到着
あ~、やっと着いた
休憩なしにここまでハイペースで歩いてきたので、片道3時間40分と予想外に所要時間
が短かったのでした。「お疲れ様!」
太くて低い声の山小屋のご主人が窓から顔をだして声かけしてくれたのがなんだかうれしかった。
P1010346.jpg
P1010421.jpgP1010319.jpg


玄関では、2食か1食か、それとも素泊まりか聞かれます。
私は2食分の宿泊料金を支払い指定のお部屋の場所を教えていただきました。
P1010342.jpgP1010339.jpg

「今日はガラガラだから、広い部屋に3組だけでゆったり使えるよ!」とご主人。
どうやら、人気の登山ルート「下の廊下」が今年は閉鎖でお客さんが少ないようです。
P1010428.jpg
※部屋に置いてある分厚い毛布と敷布団、枕を自分でセットします。ちょっと肌寒いお部屋です。


まあ、初日はこんな風にハイペースで行ったせいか疲れもそれほどひどくなく、
山小屋へ到着して即効、露天風呂に行ったり、本を読んだりして過ごしました。
次は楽しみにしていた、露天風呂にいきます。
P1010348.jpg

つづく・・・

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
よろしければ、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/826-2eb45155
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
大太鼓が凄すぎる!
Posted by なかおっち@長崎 at 2015.10.14 03:19 | 編集
いよいよ阿曽原、仙人温泉挑戦でしたか!
おいらも今年、仙人温泉に行こうと思っていたのですが、登山道の様子があまり思わしくなかったので、時期を待っていたら小屋閉めとなってしまいました。
小屋主さんの滑落事故や何やら小屋スタッフの怪しい事件もあったとか・・・

また来年挑戦したいと思っています。
Posted by はたぼー at 2015.10.14 19:37 | 編集
「黒部にケガ無し」ですね!

次回「仙人小屋」へも今回のルートですか。。。気をつけて行ってきてください(ガクブル)
Posted by 國岡 at 2015.10.15 15:21 | 編集
はたぼーさん。

仙人温泉の事件は残念ですねー。
私も今回の旅でどちらも行けることを楽しみにしていたんで、残念でした。

来年も営業してくださることを祈ります。
来年は、室堂から剣沢小屋経由で仙人温泉に行ってもいくのも楽しいかなぁと思っています♪
Posted by YOOMI at 2015.10.22 10:35 | 編集
なかおっち@長崎 さん。

確かに大太鼓は大迫力でした!
でも、距離としてはそれほど長くないので、
気をつけて歩けば大丈夫です^^
Posted by YOOMI at 2015.10.22 10:37 | 編集
國岡さん。

来年、仙人温泉へ行く際は阿曽原から仙人を抜けて室堂へ出るルートをとるかもしれません。ちょっと迷っています。
このルートは雪渓が残るのでアイゼンは必要のようですが、
景色がとても綺麗で楽しみながら行けるのと、雲切新道の下りがキツそうなので。

Posted by YOOMI at 2015.10.22 10:41 | 編集
お返事ありがとうございます。

TAKEMA様のオススメで、行くなら剱岳経由にしようかな~と考えています。
でも行くのは再来年ですな(←毎年「行く行く」言って行かないヘタレです)
ともかく残雪と登山道の状況次第ですな。

仙人小屋の親父さん、心が折れてなきゃいいけど。。。
Posted by 國岡 at 2015.10.22 17:19 | 編集
YOOMIさん、阿曽原に来てたのね。
仙人温泉は残念でしたね。
私は14年前と7年前に行っていますが14年前は阿曽原から雪渓を歩いて2時間半で行けたのに7年前は雲切新道を利用して6時間もかかりましたよ。
福島のたつみ荘の親爺さんと仲がいいみたいで5000円で泊まれるというお札をいただいているので来年また行ってみるかな(^^)
Posted by きよちゃん at 2015.11.03 19:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。