2010.07.24

宮城_鬼首温泉_吹上旅館峯雲閣(日帰り)

今回1番の大ヒットだった「峯雲閣」さん。
その凄さ、感動は忘れられません。。

「え!?これって本当に温泉なの?」って、
思わず口にしちゃいたくなる温泉を所有されております。
概観_R



ここ、ここ。 見えますか?
滝にうたれて_R




新緑に囲まれて青々と輝く森。
そして、滝壺

実はこの滝壷は温泉なんです。滝のすぐ上流で源泉が沸いててね。

その源泉が川の水と混ざって流れ落ちてくる。
だから丁度いい湯加減なんです。
P1080529_R_20100724190930.jpg




源泉は温度82.6度。PH8.6のアルカリ性単純泉。
昨晩の豪雨のお陰で温度は36度~38度に下がっていたよ。

だから余計に川遊びしてるみたいな無邪気な気分に浸れるんです。
こんな素敵な場所があるとは、東北の温泉は深いな~
ぷかぷか浮かぶ2_R




滝の温泉の横には、熱めの湯(41度ぐらい?)が注がれている露天風呂もあります。
川遊びで疲れたら、熱い湯舟で体を暖める・・・そして、また川遊び・・・

夏の木漏れ日を浴びながら、皆が瞑想にふけたくなる、そんな神秘の湯です
熱い湯_R




今回の宮城で巡った温泉の中でも、一際、自然と温泉の融合がダイナミック。

まるで「きらきら輝く、湯と森の宝石箱」でした。

※友情出演「あひるちゃん」
P1080543_R_20100724202048.jpg あひると_R




山の中にひっそりと佇む一日8組限定の宿です。

滝に入れるのは5月末から10月末まで。(自然湧出そのもので温度管理できないため)
是非、この夏に行ってみてね。


下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「吹上旅館 峯雲閣」 (ふきあげりょかん ほううんかく)
住所:宮城県玉造郡鳴子町鬼首吹上16 
TEL:0229-86-2243
交通アクセス: JR陸羽東線鳴子温泉駅よりリゾートパーク
       鬼首行バス25分、間欠泉より徒歩5分
日帰り入浴営業期間:10時~13時(湯滝は11月~翌5月下旬までは休業。)
料金:宿泊11,700円~/日帰り入浴大人500円/小人300円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/83-1350ac17
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する