2016.04.17

熊本_湯の鶴温泉 鶴水荘

湯の鶴温泉で1泊させていただいた「鶴水荘」さん。

街の中でも、一際新しくモダンな外観のお宿さんです。
P1520196.jpg

地元の方のお話では、もともとあった旅館を若いご夫婦が改築されリニューアルオープンなさったそうです。
共同浴場でお話しした地元の方々は、鶴水荘さんでの入浴をお勧めしてくださいました。
P1520202.jpg

お部屋の窓からは・・・
P1520041_20160415222518eb6.jpg

川に面して建つ、湯の鶴温泉街の旅館が一望できるんですね。個人的に川に面したお宿というのは大好きで、夜になると必ず窓を開けて夕涼みします。川のせせらぎを聴きながら眠るのは最高の保養になるものです。
P1520040.jpg

■川ん湯
浴室までのアプローチは木造の階段を下りていく構造になっており、古い湯治宿を思い出させてくれます。
P1520286.jpg

高い天井と木の湯船は昔ながらの共同浴場の風情がたっぷり。少し熱めの、つるつるとしたお湯は鮮度抜群で浸かると身体ごと清められるような気分になります。
P1520292.jpg
※アルカリ性単純温泉、泉温:53.3℃、湧出量:94.5ℓ/分

湯船の底に腰をかけながら撮った1枚。
P1520316.jpg

実は、凄く楽しみにしていたのは川ん湯の内湯のドアを開けた所にある、1人用の露天風呂だったんですが・・・・
生憎、湯船に亀裂が入って湯が漏れてしまうということでこの日は湯が張られておらず
露天風呂は空っぽでした。 ( ノД`)ガーン。
「この湯船に浸かりながら湯の鶴温泉街を見渡したかったなぁ・・・」
P1520298.jpg

■岩ん湯
名前の通り、底に大きな岩が敷き詰められている広めの湯船です。
湯口からだけでなく天井部分からも源泉が落ちるように注がれ常に湯は溢れています。
アルカリ性単純温泉のクセのないお湯ですが、鮮度は極めてよく「毎日入るならこんなお湯がいいなぁ」と実感しました。
P1520212.jpg

P1520215.jpg

夕食はご夫婦がつくられたバラエティ豊かな創作料理の数々を味わいました。
正直、昔ながらの温泉街のお宿で想像していたのは湯治食のようなシンプルなったものだったので、ここまで凝られたお料理の品々を見た時は嬉しくなりました♪
P1520243_20160417160938654.jpg

朝食で出されたお米、また小鉢サイズのお惣菜も美味しかったです。
P1520343.jpg


■山ん湯 ※貸切
宿のベランダから階段を上がると湯の鶴の山々を一望できる貸切制の露天風呂があります。
予め、お宿の方に景色が綺麗な早朝の時間をおさえていただきました。
P1520271.jpg

山ん湯のつるつるのお湯にゆっくり浸かりながら、緑の木々や鳥のさえずりに癒されます
こんな朝風呂は贅沢だっ(´ω`人)
P1520282.jpg
P1520042_20160417153619712.jpg

■石の湯&陶の湯 ※貸切
その他にも貸切のお風呂が2つあります。宿泊者だけでなく日帰りでも利用できるようです。
P1520329_20160417153751f85.jpgP1520330_20160417153752c91.jpg

~湯の鶴温泉街 散策~
街の中をてくてくと歩いていると、レトロな建物や商店がありついついカメラのシャッターを押してしまいます。まるで、この温泉街だけ時が止まったかのようなレトロ空間でした。

次回はぜひ入ってみたい四浦屋本店さんの大浴場。暫くの間休業中なので外から撮影。
P1520352.jpg

喜久屋さんの旧館。こんな古い建物がそのまま残っているのが素晴らしい!
P1520364.jpg

湯の鶴温泉 鶴水荘さん。
外観やお部屋は和モダンで敷居の高い雰囲気はありますが、
ご家族で経営されているので、アットホームな雰囲気が漂い妙に落ち着きました。

これは、湯の鶴温泉全体に言えることかもしれませんが、
お宿や共同浴場1軒1軒の湯量が豊富で、微弱ながらお湯の香りの違いを楽しめるのも
大きな魅力だと思いました。

私が湯の鶴温泉を発った2日後に起きた地震の状況があれから気になっていましたが、
鶴水荘の女将さんいはく「鶴水荘」さんはじめ湯の鶴温泉街は、
幸いにも、影響はなく通常通りの営業をされているとのことでした。

これからGWに向け、湯の鶴温泉街の景観は益々美しくなり良い時期になると思います。
あくまで、道路や交通機関などが通常どおり再開、復旧すればの話ですが、
たくさんの方に足を運んでいただきたいという気持ちをこめて記事を書きました。

「湯の鶴温泉 鶴水荘」
住所:熊本県水俣市湯出1565 
TEL: 0966-68-0033
料金:(宿泊) 1泊2食9,975円~、(立ち寄り)大人500円、貸切風呂 2,000円
営業時間:11:00~19:00

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/852-5e816955
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
地震に遭われていないか案じていましたが、出立後ということで
ほっとしました。
それにしても今回の地震、地獄温泉や垂玉温泉が孤立したことが
報道されましたが、木造建築の多い日奈久温泉やここ湯の鶴温泉
に被害が出ていないかとても心配していましたが、湯の鶴は無事
のようで少し安心しました。

まだまだ余震は続くようですが、一刻も早く鎮静化することを祈
っています。
Posted by 単純硫黄泉 at 2016.04.17 17:47 | 編集
単純硫黄泉さん。

ご心配をおかけしました。
14日(木)の地震の時は福岡に滞在しており震度4の揺れはありましたが影響はありませんでした。

湯の鶴温泉は熊本でも市内から離れた南の方にあるため、被害を逃れたようです。
私も日奈久温泉は古い木造建築物が多いので被害があったのか気になっていました。
黒川温泉も一部のお宿さんでポンプが故障したりということもあるようですが
18~20日にかけ多くのお宿さんが順次営業を再開されるようです。
Posted by YOOMI at 2016.04.17 20:14 | 編集
部屋から眺める川沿いの街並みいいですね~♪
GWはぜひ賑わってほしいですね。
Posted by はたぼー at 2016.04.18 08:20 | 編集
はたぼーさん。

昔懐かしい湯治場を思い起こさせる街の雰囲気も最高です。
ぜひ、いってみてくださいー。
Posted by YOOMI at 2016.04.20 17:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する