2016.04.18

熊本_吉尾温泉 高野屋&公衆浴場

「吉尾温泉」

こちらのお湯は心地良すぎて、ゾッコン。
温泉地を離れるのも嫌になったぐらいです。いつか1泊してみたいなぁ。

旅館2軒と共同浴場1軒、それから商店や温泉病院はありましたが周りは殆ど山。
「温泉街」というよりも「山里」と言った風景でした。

芦北エリアには過去何度か足を運ぶ機会はあったのにも関わらず、
吉尾温泉は立ち寄る機会を逃していたので今回とても楽しみにしていました。

■吉尾温泉 高野屋
P1520367.jpg

到着するなりネコちゃんがお出迎え。最初はまん丸い目でこちらを見て警戒していたネコちゃんも、私が悪い人ではないと分かってくれたのか先導するように玄関まで案内してくれました。
P1520369.jpg

浴室に入り、一番びっくりしたのは湯船から洪水のように溢れ出て排水溝に吸い込まれる凄まじい湯量でした。「おお~、凄い 新潟の某温泉施設で「源泉掛け捨て」なんて看板を見たことありますが、まさにそれでした
湯船5
※泉質:単純温泉、泉温:41.7℃、pH8.3、成分総計:403mg/kg、湧出量:140ℓ/分


排水溝へと、ゴロゴロ吸い込まれるお湯・・・神秘的だ・・・・。
P1520418.jpg

38℃ぬる湯で、総硫黄僅か0.8mg/kgながらしっかりと硫化水素臭が漂い、誰もが文句なしに「気持ちいい」と答えそうなお湯でした。別の温泉地で例えると、和歌山のゆりの山温泉や、熊本の湯浦温泉、青森のほとけ沢温泉とも特徴が似ています。
入る2


洗濯機のホースみたいな太い筒から、惜しげもなく湯が出続けています。
これだけ小さな湯船に毎分140ℓの掛け流しとは贅沢です。
P1520404.jpg

浴室のすぐ前は川になっており、昼間から河鹿の声が耳に心地いいです。熊本や鹿児島の山間の温泉地にくると聴こえるこのBGM、、、たまらなく好きなんだなぁ(*ノェノ)
P1520420.jpg

■吉尾温泉 公衆浴場

高野屋さんから川を挟んで斜め向かいにある公衆浴場。
真横が川という立地。高野屋さんと同じく周りの環境が長閑です。
P1520489.jpg

受付は無人なので、篭にお金を入れておきました。
P1520446.jpgP1520447.jpg

浴室までは、長い螺旋階段を下りていきます。薄暗くて、静かで、ひんやり・・・ちょっと恐い。
P1520484_20160418141613751.jpg

浴槽は1人入れば、ぎゅうぎゅうになりそうな小さなもので、湯船の底のパイプからやや控えめに源泉が投入されていました。独特のつるつるとした感触と微かな硫化水素臭がします。底は湯の華でしょうか?ぬるぬるっとします。香りの強さや、お湯の鮮度は高野屋さんの方が顕著かなと思いました。
P1520474.jpg
※泉質:単純温泉、pH:8.2、泉温:38.6℃、成分総計:415mg/kg(H2S 0.3mg/kg)、湧出量:30ℓ/分

吉尾温泉も、地震の被害はなく通常通り営業を続けられているようです。
素晴らしい自然環境と、新鮮なお湯に癒されました。
落ち着いたら、次は高野屋さんに泊まりできたいです。

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

■吉尾温泉 高野屋旅館
住所:芦北町大字吉尾18
TEL:0966-83-0108
営業時間:10:00~20:00
料金:日帰り入浴:300円、1泊2食:7000円~

■吉尾温泉 公衆浴場
住所:芦北町大字吉尾24-3
営業時間:7:00~19:00
料金:170円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/853-b56c670c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
以前、この共同湯で念願の足元自噴を愉しんでいたところ
後から入られたお父さんに
「ここらの河原は、どこ掘っても湯がボコボコ湧くんだわ」
と聞き、ズッコケた記憶を思い出しました(笑)
あっ、今無事に福岡から帰京しました...
Posted by ぜんちゃん at 2016.04.18 18:08 | 編集
両浴場とも一昨年のGWに訪れました。

公衆浴場は足元湧出とされていますが、YOOMIさんが述べられたように、
鮮度的には高野屋さんの方が際立っていましたね。
地震活動が日奈久断層の南西でも活発化しそうという情報ですが、このまま
大事なく収束してほしいと思っています。
Posted by 単純硫黄泉 at 2016.04.18 20:22 | 編集
ぜんちゃん、

無事にお帰りなさいヾ( ・∀・*)
吉尾公衆浴場、浴槽でも気泡のような源泉が湧き出る様は見れなかったのと、分析書にも「毎分30ℓ 掘削・自噴」と記載してあったので、足元から注入していますということかなっと思いました。

ただ、河原には自然の温泉が多数湧いているんでしょうね~。
時間があれば、河原に下りて探索したかったなぁ。
Posted by YOOMI at 2016.04.20 17:31 | 編集
単純硫黄泉さん、

こんにちは!
前述しましたが、実際に浴槽に入ってみても足元湧出を感じなかったです。浴槽の底の石の下からジワジワとあがっているのでしょうか。
ただ、浴槽からほんの僅かではありますがオーバーフローはしていました。
しっかり見ておけばよかったです(後悔)

高野屋さんもお湯には感激しました。
泊まりで行って、あのお湯に24時間入れれば心身ともに解れるでしょうね!
Posted by YOOMI at 2016.04.20 17:38 | 編集
皆様、大分のジカ泉でお会いできるかと思っておりましたがお二人が地震で熊本に閉じ込められたと聞いております
救出に向かった方は面識がありますが無事に救出されてよかったです
吉尾温泉共同浴場は湯船の底からの湧出は皆さんがおっしゃるようにはっきりとは感知できませんね
でも注意深く観察すると湯の湧き出しが湯面とほぼ同じ高さの排水溝の湯船と反対側のコンクリートの割れ目から出ていますので足元自噴は間違いないと思います
Posted by OJ at 2016.04.24 06:25 | 編集
OJさん。

こんにちは!大分のジカ泉に無事に行かれたようですね。
オーナーさまから私の携帯にオンタイムでお電話をいただき、
少し不思議な感じでした^^
あの日は、熊本だけでなく朝から大分でも地震があり帰りなど大変だったのではないでしょうか?

ぜんちゃんも救出に向かった方も無事に帰還されて良かったです。また改めて、お会いできればと思います。
Posted by YOOMI at 2016.04.24 22:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する