2016.04.21

熊本_湯の児温泉 露天舟湯


熊本の湯めぐり、続きです。

5年ぶりに、湯の児温泉にも行ってきました。
最後に訪れたのは2011年の春。

たった数年の間に湯の児温泉街には、新しい大型ホテルが出来ていたり、
洞窟風呂で有名な「山海館」さんが廃業していたり・・・
状況も少し変わったように感じました。

今回は時間もあったので、周辺をぶらぶら散策。
前回入れなかった温泉にも行ってきました。
P1520509.jpg

「湯の児温泉名物 舟湯」です 
この舟の形をした湯船は昭和4年頃から地元の人たちに親しまれてきた歴史ある湯で、
今はもう廃業された「三笠屋さん(現:海と夕やけさん)」の源泉を引いてお湯を張ったいたんだそうです。余りに天気が良かったので、どうしても浸かりたくなり近くの商店のお母さんに頼んで湯を張っていただきました。
P1520525_201604190152104c5.jpg


お湯は無色透明、無臭でさらっとした肌触り。ほんの少し塩味がする優しい湯です。
投入量はそれほど多くないので、お湯がいっぱいになるまで約2時間かかりましたが、
海が透き通っていて本当に綺麗だったので、舟に寝転びながら景色を楽しむことができました。
P1520520_20160419020816877.jpg
※分析書未掲載。ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、51.3℃(泉質、温度は旧三笠屋の分析書より)

P1520534_201604190137202b9.jpg
※「海と夕やけ」さんと湯を分配しているため、互いに時間調整しながら溜めていきます。

P1520498.jpg

「これ、あったほうが絵になるでしょ?」
お母さんがそう言って、舟の舳先に「旗」は刺してくださいました。なんか、かわいい (*≧∪≦)
P1520529.jpg

舟湯に入りながらお母さんとおしゃべり。

「三笠屋さんと山海館さん湯の児の2大ホテルが廃業してしまった今、温泉街はとても静かになってしまったの。何とか私がこの舟湯と商店を続けていかないと湯の児がもっと静かになってしまうからね・・・」

と、話すお母さん。その表情は力強くもあり少し寂しげにも感じました。

湯の児には、確かに観光客向けのお茶やさんやお土産屋さんはないですが
個人的には、温泉も、この観光地化されていない静かな雰囲気も大好きです。

また何年後かにここを訪れよう。


(人´∀`).☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
温泉ボタンを押してね ↓↓ 
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.



「湯の児温泉 露天舟湯」
場所:海と夕やけさん横の海水浴場
※営業は基本夏期がメイン(夏期以外でも天気のいい週末にお湯を張ることもあるそうです。)
※水着着用。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/854-2f8860b3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この景色と露天舟湯の色がほんといいね~!
なんとかずっと続けてほしい温泉ですね。
Posted by はたぼー at 2016.04.21 17:03 | 編集
はたぼーさん。

ですです(≧∀≦*)
偶然、景色もよく綺麗に撮影できました。
Posted by YOOMI at 2016.04.22 09:36 | 編集
こんな露天風呂を南紀や日本海の温泉でも採用してほしいな~
Posted by 國岡 at 2016.04.22 15:53 | 編集
素晴らしいロケーションですね♪
入ってみたいな~
Posted by きよちゃん at 2016.04.24 18:48 | 編集
國岡さん。

南紀には確かにあっても可笑しくなさそうですよね~。
やっぱり、こういうエンターテイメント系は好きです。
お子ちゃまなのでしょうね^^;わたし。
Posted by YOOMI at 2016.04.24 22:43 | 編集
きよちゃん。

なかなかのロケーションでしょ!?
夏の海水浴場がやっている時期ならずっとお湯を張っているらしいですよ!湯の児方面は幸い地震の被害がなかったようですので
落ち着いたら行ってみてほしいです!
Posted by YOOMI at 2016.04.24 22:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する