2016.04.24

和歌山_湯川温泉 柳屋


今年のGWは、諸般の事情で何年かぶりに大人しくしなきゃいけなさそうです。。

まあ、ここ何年間かはワクワクするような計画をいっぱい立てて遠出してきた訳だし

いい大人なんだから、たまには、我慢!

と思いつつも・・・やがてやってくる連休の計画を周りの人たちから聞いていると羨ましく(泣)

やっぱり子供ですね、わたし。
・・・と独り言でした。すみません^^;

そうそう、先日湯川で唯一、タイミングが合わず未湯のままだった「柳屋」さんに行ってきました。
お年をめしたお母さんが管理されていることもあり、なぜか、ドアノックするといつもお留守で
入るチャンスがなかったのですが、今回はしっかりと堪能ができました。
P1060085.jpg


「すみません~!ごめんください。」
玄関で何度かお声をかけると、白髪で気品のあるお母さんが出てきて対応してくださいました。
貸し切り風呂と大浴場どちらかを選べるそうで、私は大浴場の方を選びました。
P1060049.jpg


浴室を開けた瞬間、小ぶりではありますが無人の湯船から大量のお湯が床へと流れ落ちており
思わず、にやりと笑みがこぼれました。40℃前後のぬる湯、それとアルカリ性の程よい滑りとつるっとした肌触り・・・・
最近、熊本の吉尾温泉で極上湯を堪能してきたところですが、また贅沢にもこんなお湯を^^
P1060029.jpg
※源泉名:柳ノ湯、pH;:9.4、泉温:40.0℃、成分総計:180mg/kg


湯口付近に数秒いるだけで手足には細かい泡付き、極上の湯が楽しめる湯川温泉のでもかなり鮮度がいいなぁと感じました。同じ湯川地区にあるゆりの山のような硫化水素臭はしませんが、温度は40℃ぐらいとゆりの山に比べて高く、適温。特徴がやや異なるかと思いました。
P1060038.jpg


総硫黄わずか1.7mg/kg前後のアルカリ性単純温泉ですが、カランはしっかりと黒く変色していました。
P1060046.jpgP1060042.jpg


男性用の浴場です。こちらは女性用に比べて少し大きいです。15時から地元のおじいちゃんが入りに来られていました。
P1060004.jpg


貸し切りのお風呂です。湯船が大浴場よりもかなり小ぶりで排水口にはお湯の渦ができるほど大量にあふれていました。次はこちらに入ってみたいな。
P1060058.jpg

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

「湯川温泉 柳屋」
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川980
TEL:0735-52-0317
営業時間:15:00~20:00(泊まりの場合お風呂は15:00~21:30)
料金:300円、素泊まり3500円~

おまけ。
アップしていない写真があったので。いくつか。

那智勝浦 蓬莱乃湯の駐車場にある源泉。36℃ぐらい。心地良い温度です。
P1060090_2016042422523236c.jpg

那智勝浦町にある源泉。パイプの穴から時間限定(11時ごろから?)温泉が出ており町の人たちが洗濯用に使っておられます。たくさん並べてあった洗面器ですが今は撤去されていました。
P1060094_20160424225233a81.jpg

こちらは、数年前の写真。現在、浴槽はなくなったそうです。田んぼの中にあったバラックの温泉。
P1150496.jpg

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/857-b2ab3b12
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
柳屋、以前とまったく変わっていない様子で、とても懐かしいです。
湯川温泉の中で、湯温といい、浴感といい、私もここのお湯が大好きです。

GWの予定。我が家も例年であれば九州あたりに赴くところですが、今年は自重。
やむを得ず、前半は3泊ほどの自炊湯治に出かけてきます。
Posted by 単純硫黄泉 at 2016.04.25 12:35 | 編集
こんにちは♪
私もこのGWは家でじっとすることになりました~10連休なのに(苦笑)

オマケの1番目。
最近ここに入浴されてる方がいらっしゃいますが、管理者曰く「絶対にダメ!」とのことなので、その旨記載していただけたら恐悦至極です(笑)
管理者は「ウチの従業員にもダメだということは指導徹底している!」と、そりゃもう激怒プンプン丸~いったい誰に許可得たんだか(笑)

オマケの2番目。
日中10時30分~17時の間タイマーで湧出してます。
この裏山一帯を温泉旅館として開発する計画がありその一環で掘削したのですが、結局計画は頓挫して源泉だけ近隣住民のために出し続けているとのこと。

オマケの3番目。
今は亡き温泉遺産ですな~多くは語りますまい。

ではでは♪
Posted by 國岡 at 2016.04.25 12:44 | 編集
ゴールデンウィーク前の平日にたっぷりと湯めぐりを楽しんでこられたからまだ我慢できるのでは(^^)
次回に備えてしっかり充電しておいてくださいね。
Posted by きよちゃん at 2016.04.26 20:04 | 編集
単純硫黄泉さん。

単純硫黄泉さんもGWは自重でしたか。
ここ何年間、私はGWにどこへ行こうか計画を立てるのが楽しくて楽しくて。東北や九州、離島まで普段行けない温泉に行ってました。今年は家庭の事情で自重です(;;)

単純硫黄泉さんがおっしゃるように柳屋さん良かったです。柳屋さんは、湯川近辺に住んでいる友人から「湯川では一番好きだ」言っていたのでいつか行きたいと思っていました。

湯川の湯はおもしろいですね!殆どの施設やお宿が独自源泉をもっていて、それぞれの温度や肌触り、香りが微妙に違うので飽きません。
Posted by YOOMI at 2016.04.27 09:38 | 編集
國岡さん。

國岡さんもGW自重でしたか・・・一緒ですね(涙)

>>オマケの2番目。
>>日中10時30分~17時の間タイマーで湧出してます

さすが、よく調べてらっしゃいますね!
今回はじめて地元の方とお話ししたのですが、旅館開発の話をされていました。パイプの裏にある空き地がその予定地だったそうですね。玉の井源泉もそうですがあの近辺は湧出しっぱなしの温泉が出ていて羨ましい限りです。

Posted by YOOMI at 2016.04.27 09:51 | 編集
きよちゃん。

今年のGWは北陸ですか、それとも遠征でしょうかね^^
昨日も充電期間と称して温泉にお出かけしてきました。
平日なら普段混んでいる温泉街も、シーンとしていて、
雰囲気が出ますね。

今年はきよちゃんはじめ、みなさんの温泉レポを見て楽しみます。
Posted by YOOMI at 2016.04.27 09:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する