2016.05.24

自然のパワー。

大分県を湯巡りした時のレポです。


◆山の中にある個人所有の湯小屋

何度かこの前を通っていたのですが、知り合いの方を通して持ち主の方に
やっとご許可をいただき有難く入れていただきました

「山の中にポツンと建つ半露天の湯小屋」このロケーションが魅力的でした。
湯船から

お湯は蒸気を利用した造成泉らしく湯小屋の前から白い煙がもくもくとあがっており、
僅かながら熱々の源泉が細いパイプから出ていました。
入る

P1380868.jpg

分析書はなかったですが、単純温泉か単純硫黄泉ではないかと思います。
肌触りも優しく、ゆったりと癒しの時間を過ごすことができました
P1380855.jpg



◆森の中の泥湯

ひと目みただけで、圧巻の光景でした。森の中にある湧き立つ地獄。恐らく100℃近くあるのではないでしょうか?
P1300778.jpg

P1300756.jpg


煙は渦を巻くように、1本の筋となって空へとあがっていきます。
辺り一面に硫化水素の香りが漂い、地獄の廻りには鳥や虫さんの死骸がありその熱さを物語っていました。
P1300761.jpg

「どうにかして浸かれないものかしら?」
数分あの手この手を考えてみましたが、やはり加水しないと難しそうです( ノД`)
地獄

目の前にすると、どちらも地熱のパワーを感じます。
こういう自然の温泉があるのも、温泉大国 九州の凄いところですね。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/870-4c639df2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
個人宅のお風呂はいいですが泥湯は怖いくらいです。
落ちたら熱湯コマーシャルどころの騒ぎでは済まずにいちころであの世行きですね。
Posted by きよちゃん at 2016.05.24 22:00 | 編集
ついに入られたのですね
おめでとうございます
私も続きたいです

この地獄にはもう3度ほど行ってますが
行くたびに少しずつ拡大してるようです
Posted by OJ at 2016.05.29 09:26 | 編集
OJさん。

こちらの温泉には一昨年の秋に入れていただきました。
気になってはいたのですが、所有者の方となかなかお会いできず・・・
山の中の秘湯的に雰囲気がたまらないですね。

地獄も拡大しているんですか?地熱が活発なエリアなんでしょうね。
そういえば、あの近くに今度、大型の温泉施設ができるようですよ!
Hさんから伺いました。
Posted by YOOMI at 2016.06.03 11:19 | 編集
きよちゃん。

泥湯は正直、入れるどころか脇の垂れ流しも激アツでした。
上手い具合にぬるめの湯だまりができたら、入りたいです。
Posted by YOOMI at 2016.06.03 11:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する