2016.05.24

北海道_岩間温泉 岩間の湯

この時期になると道東の野趣溢れる湯めぐりに出かけたくなりませんか?


上士幌町の国有林の中にあり、ダート約12km、川渡り1回というなかなか険しい道のりを越え
やっとこ辿り着く 野天風呂「岩間温泉」

アプローチはなかなか困難ですし、熊さんにだって気をつけなければいけないなど、
一筋縄ではいきませんが、その分、自然湧出の新鮮な温泉と大自然に癒されます。
特に、秋の紅葉は湯船からの景色が赤や黄色に染まり、大変見応えがありますよん
P1340282.jpg
※温泉にたどり着く手前にある川。なかなか深いです。こちらには車(四輪駆動車)で渡りました。

P1340210.jpg

丸太の橋を渡った先に、コンクリートの露天風呂があります。湯船の底には白い湯の華がたっぷりと沈殿していますが、この時は朝一だったので先客が居らっしゃらず、お湯は無色透明でした。開放感たっぷりの露天風呂、夏は新緑、秋には目の前が赤や黄色の紅葉で染まり圧巻です。
P1340271.jpg
※泉温: 40℃~50℃(全て自然湧出)


露天風呂の脇には有志の方が建てられたと思われる「岩間温泉」と書かれた看板がたててありました。すべて愛好家の方で大事に管理されているんですね。
P1340275.jpg


早速入ってみると、底に溜まっていた白い湯の華が雪のように舞い、忽ちお湯が白くなります。
岩間


源泉は塩味の効いたゆで卵のような味。硫化水素臭もしっかりと香り、五感を楽しませてくれます。
P1340258.jpg


岩間温泉周辺の河原には、幾つも源泉が湧出しているポイントがあり湯溜まりを見つけるのも面白いです。きっと時期によって姿を見せたり見せなかったりするのでしょう。
P1340272.jpg


コンクリートの露天風呂から歩いてすぐのところに天然の岩で組んだ小さな露天風呂がありました。これも見ちゃったら、入りたくなりますよね。洋服を抱えすぐに移動です。
P1340221.jpg


小さな露天風呂は、先ほどとは異なり濃い乳白色ブルー!見るからに綺麗でした。
私の変なポーズはご愛嬌で・・・
P1340248.jpg


帰りに、岩間温泉のすぐ近くにあるログハウス「三股山荘」でランチしました♪
上士幌や然別周辺は飲食店が少なく、お店があっても夕方には閉まってしまうので
過去に夕食難民になり探し回ったことがあります。ただ、お昼だと安心ですね。
P1340292.jpg

「牧場のビーフライス」牛ひき肉と長いもを練りこんだパテをかぶせた丼ぶり。
十勝のスローフード、美味しくいただきました。
P1340299.jpg

「岩間温泉」
住所: 北海道河東郡上士幌町

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/871-d981619e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここにいつ行ったのかなってアルバム見てたら18年前と10年前の2回入ってますね(^^)
いまだに顕在とは嬉しい限りですね。
ここはアブがいないときに行かないとゆっくり楽しめないから要注意ですね。
Posted by きよちゃん at 2016.05.25 19:58 | 編集
まだ丸太の橋があるんですね。20年前も10年前も丸太でしたが、きっと地元の人が手入れしてるのかもしれませんね〜(そんなには長持ちしないと思うし)
Posted by こばやし at 2016.05.27 00:02 | 編集
こばやしさん。

お返事が遅くなりごめんなさい。
そうですね、私が行ったときも地元の有志の方が整備されていました。
丸太も立派ですが、看板とかもきちんと作られていますよね。
愛好家の方々に、大事にされて保っている温泉なんだと思います。
Posted by YOOMI at 2016.06.03 11:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する