2016.08.17

栃木_御宝前(白湯山)その1


栃木県 御宝前(別名:白湯山)

お盆休みで栃木に帰省していた際、どーしても温泉に行きたくなり、あれこれ探しているうちに、
以前から気になっていた御宝前に行こうと、急遽、訪れてみました。

御宝前は茶臼岳の八合目に面したところにある温泉の湧出地。
昔から霊場として栄え、多くの参詣者が訪れた場所でもあります。
また、現在でも、この場所から板室温泉の別荘地まで引き湯しているそう。

御宝前までは決して整備された道がある訳ではなく、登山道から外れ道なき道を行くため、予め地図上で場所の目処をつけるなど前日に下調べをしてから行きました。いつもの弾丸デスヾ(・∀・)ノ


AM 9:36
スタート地点の沼原湿原駐車場。
白湯山まで最短ルートをとるため、ここから歩き始めました。
最近、この辺りで熊が頻繁に出没するそうで、登山口付近には熊注意を喚起する看板が幾つかありました。
thumb_P1000002_1024.jpg

北海道の林道でも散々怖い思いをしたのに、栃木にもプーさんいらっしゃるのね。。
念のため、熊鈴をリュックに付けておきます。
thumb_P1000009_1024_20160817110125bc8.jpg

林道歩き、最初は緩やかな坂道が続きますが、1つ目の分岐を越えると突然、ロープを掴んで登る急勾配が現れました。最近、運動不足で少し辛い道のりですw
ロープ

途中、怪しい送湯菅がありました。もしかして、この送湯菅を辿っていくと御宝前までの近道になるかもしれませんでしたが、今回は予め下調べした登山道を歩くことにしました。
送湯菅

薄暗い林道が長く続き、余り景色を楽しむことはありませんでしたが、途中、一カ所だけ視界が開けホッと一息。
茶臼岳

姥ヶ平下分岐到着!後もう少しで登山道を外れます。分岐から三斗小屋方面に更に下っていきます。
姥ヶ平下分岐

AM11:45
姥ヶ平下分岐を過ぎ、15分ほど下っていくと、突如、登山道の左側に涸沢が現れます。
そう、この涸沢が御宝前への次のルート。ここからは完全に登山道を外れ、沢沿いに下っていきます。
涸沢へ

巨石を下り、薮を掻き分け・・・・
たまに、蜘蛛の巣が顔に付いたり少し荒れ気味の道だったので手袋をして歩きました。
thumb_P1000084_1024.jpg

だんだん、息が荒くなりながらも「あともう少し!」と自分に言い聞かせ約30分歩いたその時でした。どこからともなく水の音が聞こえてきました。同時に、目の前に貯湯槽とポリバスらしきものが!
貯湯槽

それにしても、誰がこんな所までポリバスを運んできたのか、不思議。。温度は約30度。からなり温めで、しっかりとした金気臭と少し炭酸ぽい味がします。
ポリバス

温度

あと、もうちょっとで目的地に着く予感・・。
ゴールへの期待と、浴びたい衝動を抑え(笑)更に下降します。
thumb_P1000097_1024.jpg


その2に続きます〜(^-^)/


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/885-d0e5507e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
まさかの前後編(笑)。それだけ期待も余韻も大きかったってことね。
Posted by よね at 2016.08.17 14:48 | 編集
おー、久々の長編大作‼️
血湧き肉躍る、藪漕ぎスペクタクルに、
期待は高まります..😁
Posted by ぜんちゃん@温泉流離人 at 2016.08.17 15:39 | 編集
よねさん。

うん、最近外にでてませんからね〜。
なおさら、期待も余韻も大きいのですよ。
今回も弾丸で決まったけど、かなりのリフレッシュになりました。
Posted by YOOMI at 2016.08.18 15:59 | 編集
ぜんちゃん@温泉流離人 さん。

ありがとうございます。
「血湧き肉躍る、藪漕ぎスペクタクル」
相変わらず、クリエイティビティー溢れる表現!!!
薮漕ぎスペクタクルを終え、服も下着もドロドロです。。

追伸:GF7様が再度不調となり、只今、入院中です(笑)
   御宝前撮影用にはGF7(2号)を購入。痛い出費となりました。

Posted by YOOMI at 2016.08.18 16:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する