--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.13

宮崎_湯乃谷温泉


温泉めぐりをしていて、ふとした時、仲間に閉鎖していることを知らされ残念に思うことがあるのですが、今朝もそうでした。

宮崎県 えびの市にある激渋の温泉銭湯「湯乃谷温泉」
湯守の方が亡くなられ、後継ぎがいらっしゃらないため閉鎖されたそうです。

この辺りは、鹿児島県と宮崎県の県境で、「吉田温泉」や「亀沢温泉」「鶴の湯温泉」など、鄙びた湯小屋が好きにはたまらない温泉がたくさんあるエリア。わたしも初めて訪れたとき衝撃を受けました。

湯乃谷温泉さんは、特に印象に残っている温泉銭湯の一つだったのでアップします。
もう少し時間が経って、余裕ができたら、京町温泉郷をゆっくりと宿泊してめぐりたいです。

道路から少し入り、奥に進むと木陰の下でひっそりと佇む木造の浴舎。
P1320160.jpg

玄関に至るまでの道路わきで微笑む人形たち。
雰囲気出してるね~、きみたち。
P1320200_20170213151650528.jpg


脱衣所~浴室までも、ご覧のとおり。
古くなった木の柱、綺麗に並べられた桶、手書きの張り紙・・・すべてがグッとくる渋さ。
P1320179_20170213152011525.jpg


この時は、新鮮な一番湯をいただきました♪
P1320161_20170213154052f9f.jpg


半円型の湯船に、うっすら黄色がかった透明のお湯がひたひたに張られています。お湯は純重曹泉で、アブラ臭が仄かに漂い、贅沢且つ、極上のアロマにうっとりします♡
湯の谷
源泉名:湯ノ谷温泉、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:76.5℃、pH:7.8、成分総計:1453mg/kg


熱めの湯で、体がすぐにあたたまります。
P1320174_201702131531454b4.jpg


私が何よりいいなぁと思ったのは、天井にある木造の湯抜き。男女の浴室を仕切る壁の真上にあるのですが、昔ながらの共同浴場の風情が溢れていて、何とも素敵!入浴している間、終始見上げました。
P1320180_201702131534029f5.jpg

本当に、渋い浴舎、いい湯でした。
温泉(浴舎も含め)は、思いついた時に行っておかないと
次、また、いつ会えるかどうかかわからない(^_^;)

日に日に実感します。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっと押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   


「湯乃谷温泉」
住所:宮崎県えびの市大字岡松字水流198-3  
TEL:0984-37-1710

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/914-639b6066
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
YOOMIさん、こんばんは。

ちょうど2年前、お独りで管理されていた高齢のお爺さんが
毎日の掃除が大変となって閉鎖されたと伺っていましたが、
お亡くなりになったんですね。
鄙びた佇まいと個性的な温泉が印象に残っています。
Posted by 単純硫黄泉 at 2017.02.13 22:18 | 編集
後継者がいらっしゃらなくて閉鎖せざるを得ないところはまだまだ出てくるでしょうね。
残念なことですが維持するのは大変ですから入れるときに入っておきたいと思います。
Posted by きよちゃん at 2017.02.14 21:15 | 編集
うわぁ〜、この雰囲気、
たまらなくいいデスね!
後継者がいると近代的になったりして、
残念な場合も多いので、難しいところですね。
やはり、思い立ったら即、行かなきゃ ですね。
先日も神戸の
遠くの温泉旅館より近くの温泉銭湯
だった、ところが廃業されたと聞き、ショックでした( ; ; )
Posted by 湯次 at 2017.02.19 06:11 | 編集
単純硫黄泉さん、

実はもう2年前に閉鎖されていたのですね!
さすが、単純硫黄泉さん、情報がお早い。
それは浦島太郎でした。
ここは、お湯もいいですが、古い温泉浴舎好きの嗅覚をくすぐる魅力があるなぁと思いました。
Posted by YOOMI at 2017.02.26 13:51 | 編集
きよちゃん

「温泉は、入れる時に入っておく」
これは重要なテーマですね・・・^^;
素敵なところに限って後継者がいらっしゃらないため閉鎖されたりすることが多々あるので、しみじみ感じます。
Posted by YOOMI at 2017.02.26 13:53 | 編集
湯次さん、

あ、篠原温泉ですよね?
惜別はできませんでしたが、とってもいいお湯だったので記憶に残っています。
「温泉は入れる時に入る」は永遠のテーマですね(汗)
Posted by YOOMI at 2017.02.26 13:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。