--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.03.06

群馬_法師温泉(日本温泉地域学会の視察♡)


昨年の11月 みなかみで開催された、地域学会の視察の続き。

一番たのしみにしていた「法師温泉 長寿館」さんです。

テレビや仲間の口こみで良いとは知っていたものの、なかなかいく機会がなく、
今回、学会の視察に長寿館さんが入っていることを知り、すかさず参加表明(。>ω<。)ノ

長寿館さんのほかにも、視察にはみなかみの魅力的な温泉がてんこ盛りで、
予想通り、過去最高の参加者(大型バス2台)だったそうです。

P1020004_20170306123753add.jpg

P1010973.jpg

混浴の法師の湯。ヒバ造りで、重厚感のある浴室には湯がなみなみに張られた浴槽が4つデーンと。
浴感もよかったのですが、なにより常連さんたちは物音1つたてずに静かにお湯を味わっている光景は独特でインパクトがありました。
法師温泉R
※源泉名:旭の湯、泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉、泉温:42.7℃、pH:8.2、成分総計:1250mg/kg
※今回視察ということで撮影させていただきました。


お湯は湯口からと、足元から自然湧出するものとの2段構え。
P1010954_201703061113323ff.jpg


足元からは、数秒に1回、無数の小さな気泡が玉砂利の間から湯面へとあがっていきます。温度は全体的にぬるめでしたが、そこだけはあったかく、まさに湧きたての温泉に触れていることを感じさせてくれます。
P1010968_20170306112809382.jpg


「欲」・・・を言うなら(次回は視察ではなく、少人数かひとりで泊りに行きたいなぁと。)大人数で一度にお湯に浸かるよりも、お湯の鮮度を感じられるし、時間も限られないから。そんなことを思いながらお湯に浸ってました。
P1010940r_20170306111331388.jpg


女性専用の浴室。「長寿乃湯」です。こちらも足元から澄みきった新鮮な湯が湧いており、お客さんも少ないので落ち着いて浸かることができました
P1010980.jpg
※源泉名:寿の湯、泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉、泉温:42.2℃、pH:8.3、成分総計:1260mg/kg


人気が高く、混浴だと入り辛い・・・という女性のために
最近、女性限定の宿泊日も設けられたそうです。


次は女子旅だなっヾ(・∀・)ノ


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっと押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/919-9e586f73
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
十数年前、群馬県在住の大学の先輩や同級生たちが口を揃えて上州一の
温泉として推していたのがこの温泉でした。

そして、3年半前にようやく宿泊。
余りにも期待値が大きいとどこかで期待外れな点が生じるものですが、
この宿に関してはそんな心配はまったくなく、私的には満点の評価。
敢えて一番古い創業時の建物で、登録有形文化財にもなっている本館に
泊まりましたが、この宿は立寄り入浴ではなく、宿泊が絶対お勧めです。
Posted by 単純硫黄泉 at 2017.03.06 22:10 | 編集
昔の国鉄の広告が鮮明に記憶に残っています。
このときからなんとなく温泉に興味をもったのかもしれないなぁ~(笑)

いつかは行ってみたいとこですが、いつになることやら・・・
学会の視察で参加できるなんてうらやましいです!
写真も堂々と撮れていいですね~(笑)
でも、やっぱり泊まりでゆっ~くりしたいですね♪
Posted by 湯次 at 2017.03.07 08:47 | 編集
ちょうど先週末に「女子限定宿泊DAY」が開催されたみたいですよ♪

こういう企画はゼヒとも全国の『女湯より男湯の方が優遇されている』温泉旅館でやっていただきたいと思う今日この頃(笑)
Posted by 國岡 at 2017.03.07 17:05 | 編集
ここに泊まって静まり返った夜中に入るのが好きなんですよね~♪
日帰り入浴では本当の良さがわからないかも・・です。
Posted by きよちゃん at 2017.03.08 19:34 | 編集
単純硫黄泉さん。

ほんと、おっしゃる通りです。
こちらのお宿は宿泊ではじめて良さが分かるのだということ。
わたしの仲間も初めていくなら絶対宿泊を強く勧めていました。

わたしも登録有形文化財にもなっている本館に泊ってみたいですね(*ノωノ)
・・・いや、近い将来泊ります。
ん、、、リベンジだ。
Posted by YOOMI at 2017.03.08 22:57 | 編集
湯次さん。

> 昔の国鉄の広告が鮮明に記憶に残っています。
フルムーンですよね!?
わたし、その印象がないんですよね。知ってたらもっと感動したのかもしれませんね!!

日帰り入浴はおそらくお客さんの人数が凄いことになっているので
お湯の良さとか風情を味わうなら宿泊ですね!!
Posted by YOOMI at 2017.03.08 23:00 | 編集
國岡さん。

> ちょうど先週末に「女子限定宿泊DAY」が開催されたみたいですよ♪

そうそう、そうなんです。
その週末にFacebookでお友達が行っているのを拝見しました!
そして羨ましそうに画面を見てました(;'∀')

> こういう企画はゼヒとも全国の『女湯より男湯の方が優遇されている』温泉旅館でやっていただきたいと思う今日この頃(笑)

多いんですよね。男湯の方が優遇されているってところ。壁画が素晴らしかったり、湯船が立派だったり。
優遇という訳じゃなくても、どこも混浴の場合は殆ど男性客が占めるんですよね。
塩原とか酸ヶ湯、真賀とかもそう。ちょっと女性には入りにくい雰囲気があるんですよ。
って言っても私は頑張って、行きますけどw
Posted by YOOMI at 2017.03.08 23:06 | 編集
きよちゃん。

> ここに泊まって静まり返った夜中に入るのが好きなんですよね~♪
> 日帰り入浴では本当の良さがわからないかも・・です。

はい。その通りです。
初めて、「法師温泉行きたい」って思ったきっかけは、きよちゃんのブログだったですから。
きよちゃんが2時ぐらいに早めにチェックインして貸し切り状態で法師の湯に浸かっていたのを
なんだか記憶しているんです。その記事を見てから、もう何年経ったのだろう。。。

まだ課題は果たせていないです。。ぐすん。
Posted by YOOMI at 2017.03.08 23:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。