--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.03.17

宮城_鳴子温泉 こはくの宿 中鉢


山形、宮城の旅。

山形の赤湯、かみのやま温泉を抜けて、辿り着いたのは鳴子温泉です。

鳴子温泉へは、わたしが温泉に興味を持ち始めた頃から、
東北の仲間に連れられ、度々遊びに来ていたので、「旅先」というよりもどこか「落ち着く温泉地」でした。

ただ、ここ2年ぐらいは、本の出版とか私自身の環境が変わったりで、
長らく足を運んでいませんでしたので、久々に会いたい人もいたり、
今回の訪問はすごく、すごく楽しみでした♪

鳴子温泉でお世話になった、こはくの宿中鉢さん。
朝食付きでの宿泊をお願いしました。
中鉢外観2 - コピー

高い天井に太い木の梁が組まれた、いかにも東北らしい味のある浴室。
脱衣所の扉を開けるやいなや、浸かるのが楽しみになります。
浴室の造りもなのですが、何より、わたしが感動したのは、浴感!
P1040201.jpg

「琥珀色」とも「薄い緑色」とも言える、深みのあるお湯の色。
純重曹泉のにゅるにゅるとした肌ざわり。
アブラ臭と硫黄臭が混ざったような独特な香り。
期待していなかった、そのお湯のインパクトに忽ち嬉しくなりました。
中鉢入る
※源泉名:石割の湯、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:50.3℃、pH:7.1、成分総計:1265.4mg/kg


温泉が自然湧出で、これだけ豊富に湧き出ているのにも感動です。
湯口


湯船の淵からはお湯が溢れ、コンクリートの床に白いぬるぬるとした湯の華が覆います。この床、めちゃくちゃ滑りやすくって、写真を撮っているうちに私も転びそうになりました
P1040204.jpg


硫黄泉の川渡温泉とモール泉の馬場温泉の中間に位置するためか、
お湯は、その2つの温泉の特徴をどちらも兼ね備えているように感じます。
中鉢3

改めて、個性豊かな鳴子の湯に魅了された一湯でした。
そして、その夜は・・・温泉ファンにおなじみの!?
P1320766_2017031720303851c.jpg

東鳴子にある焼き肉屋「八兆」さんでの宴会(≧▽≦)
この宴会を何か月も前から楽しみにしていたのでした。
P1040161.jpg

山のものから、海のものまで、何でも出てくるスーパー焼肉店♡今日もトロットロのカルビに加え、牡蠣までいただきました。ちなみに、わたしのお気に入りは、意外とチーズラーメン。
P1040170.jpg

この日も23時まで飲んで、食べて、温泉話で盛り上がりました。
マスター、ご同席いただいた皆さま、ありがとうございました♪


ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!

にほんブログ村


「鳴子温泉 こはくの宿 中鉢」
住所:宮城県大崎市鳴子温泉要害38−5
TEL:0229-84-7951
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/930-ab96b06b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
一粒で二度おいしい温泉ですね(笑)
しかし、写真上手いこと撮らはりますね。
これってミラーレスですよね!?
Posted by 湯次 at 2017.03.18 02:02 | 編集
湯次さん。

> これってミラーレスですよね!?
ですです。ミラーレス一眼のカメラつかってます!
写真、ほめていただいてありがとうございます(*'▽')
某混浴写真家さんに、レンズの扱い方が悪い〜(笑)
と注意されましたが、カメラは大好きですなんです。
Posted by YOOMI at 2017.03.18 09:01 | 編集
YOOMIさん、こんばんは。
鳴子はいろんな温泉がありますね~。
琥珀色のお湯もあるんですね。

焼肉屋で焼き牡蠣!いいですね。
焼き牡蠣、大好きなんです。
凸ブログ村ぽち!
Posted by Kei at 2017.03.19 04:48 | 編集
Keiさん。

お久しぶりです(*'▽')
鳴子はひとつの温泉地でバリエーション豊かな泉質が楽しめるので好きです。
そして、何と言ってもコスパバツグンの八兆さんで夜ごはんを食べるのも一つの楽しみです♪
別府や鳴子温泉に行ったら、素泊まり宿で夜は外で食事するのが毎回お決まりのコースになります。
村ぽち、ありがとうございます!!
Posted by YOOMI at 2017.03.19 15:12 | 編集
去年鳴子に行ったときは中鉢さんには立ち寄らなかったので今度行ったらぜひ入ってみたいですね。
鳴子に八兆はかかせませんね~(^^)
Posted by きよちゃん at 2017.03.20 08:32 | 編集
きよちゃん

中鉢さんは、わたしも意外でした。
結構鳴子には行っているつもりだけど、こんなにお湯がいいなんて・・・
ちゃんと真面目に湯めぐりしなきゃいけませんね。
Posted by YOOMI at 2017.03.21 13:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。