--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.03.28

山形_龍王温泉_龍王温泉荘



山形にある「龍王温泉荘」さん。

龍王温泉荘さんへは、旅に出る前から湯船から溢れるドバドバの湯と
懐かしいタイル造りの浴室が私好みで、必ずいってみようと決めていました。

一見、営業されているのか不安になる静けさと外観・・・
P1030388.jpg

すぐ隣に、想耕庵という手打ちそばのお店も経営されています。
この日は休みでしたが、仲間から聞いたところによると高評価でした。
次はチャレンジしたいなあ。。
P1030428.jpg

門番のりんごちゃんかなり臆病なワンちゃんで、わたしを見て尻尾を振るものの・・・近づいてみると後退りをして、なかなか触らしてもらえないのでした。
P1030419.jpg

それにしても、かみのやま温泉からほど近いのに、なんだろうこの静かさは・・・(*'▽')
辺りは薄暗く、内装から時間の経過を感じます。昭和の民宿さんの雰囲気。
P1030420.jpg


女性用のおふろです。そうそう、これこれ!このタイル風呂の雰囲気・・・好きな感じです湯船には36.5℃のぬるめの源泉が40℃前後に加熱され大量に掛け流されています。噂通りのドバドバ放流でした。
P1030391.jpg
※源泉名:龍王温泉荘、泉質:単純温泉、泉温:36.5℃、pH:8.1、物質計:303.3mg/kg


むひひ・・・
嬉しくなっちゃうほどの大放流祭り
P1030411.jpg


豪快に溢れる湯はもとより、肌ざわりも柔らかくお湯自体には満足ではありましたが、ひとつだけ心残りなことが・・・
男性の浴室には非加熱源泉のかけ流し浴槽があるそうなんですが、女性用の浴室にはナイ〜!!
(せっかく浸かるなら、源泉そのものを味わってみたい!)という温泉ファンの微かな欲望がうずうずしていました。
P1030399.jpg


すりガラスの向こうにある男性用浴室が。。。気になるぅぅ
・・・とは言え、女湯のお湯も加熱されてはいるものの、鮮度は良く素直に気持ちよかったです。
P1030401.jpg
※冬の温泉あるある・・・レンズがくもってちゃんと撮れませんでした。見にくくてごめんなさい


龍王温泉について書かれている仲良しの男性ブロガーさんの記事を、
指をくわえながら眺めている私でした

かみのやまの熱々でシャキッとする硫酸塩泉に入ったあと、
車で10分ほど走ったところにある龍王温泉に入ったのですが、
ほてった身体をクールダウンできましたし、適温で優しい単純温泉にかなり癒されました。

また来るね!りんごちゃん。

♪♪-----
ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!


にほんブログ村
♪♪-----

「龍王温泉 龍王温泉荘」
住所:山形県上山市金瓶原150
TEL:023-672ー4987

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/938-5485679c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
次回、山形に行ったら入ってみたいところが多すぎて困ってしまいますね(^^)
ここの男性浴室には源泉そのままの浴槽もあるんですね( ..)φメモメモ
Posted by きよちゃん at 2017.03.28 22:48 | 編集
きよちゃん。

そうなんです!
非加熱源泉はいりたかった・・・涙
Posted by YOOMI at 2017.04.04 16:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。