--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.07

群馬_猿ヶ京温泉 料理旅館樋口



猿ヶ京温泉 料理旅館樋口さん。



先日、記事にアップした猿ヶ京住民センターの前に建つ1日5組限定のお宿さん。
こじんまりしていますが、日帰り入浴もできます。


「ちょっと待っててね~。お風呂の準備するから。」

女性の従業員の方が、掃除機片手に対応快く迎え入れてくださいました。
朝のお掃除中だったみたいです。
P1040912.jpg


そう言われて通されたのは、大きなガラス窓があるロビー。
「おお。赤谷湖が目の前!」
P1040909.jpg


木造の味わいのある湯船を貸し切りで使用できます。お湯は村有1号泉という源泉。向かいにある住民センターとはまた源泉が異なります。樋口さんのお湯の方がまったりと丸みがあり、温度もかなり低め、その分まったり長湯できます。一部循環のかけ流し併用かと思われますが鮮度もなかなかでした。
P1040856.jpg
※源泉名:村有1号泉(猿ヶ京温泉)、泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:59.7℃、pH:7.6、成分総計:1550mg/kg



「うわ、きれい〜★★」
そして何よりこのLAKE VIEW!目の前に広がるエメラルドグリーンの赤谷湖の景色に、思わず見惚れてしまいました。
P1040884.jpg


窓から吹く涼しい風と共に、赤谷湖を眺めるのは最高の気分です♪何時間でも入っていられるなぁと感じれるお湯でした。
P1040876.jpg


湯船は比較的あたらしいものですが、湯口に付着した白い温泉の成分や苔のようなものを眺めながら、猿ヶ京の温泉の濃さを味わうのもまたいいです
P1040868.jpg


この日は2日間連泊されているお客さんもいらっしゃったそうですが、この景色を眺めながらゆっくりと温泉に浸かれるなら、そりゃ身も心も癒されるだろうなぁ・・・湯に浸かりならがふと考えた私。わたしは連泊しないほうですが、その方の気持ちがわかるような気がしました。
P1040873.jpg



群馬の♨の魅力にだんだんと惹かれてきたかな。
よし、つぎは片品村へ行くぞ〜!


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「猿ヶ京温泉 料理旅館 樋口」
住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1167-1
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/944-3027ecbe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ベストサイズの湯舟ですね~
料理旅館というのも気になるなぁ~
こんな景色を見ながらの連泊とは贅沢ですね!
いい飯・いい湯・いい景色♪
でも、連泊するよりも、もっといい宿を探してしまう
自分も、まだまだです・・・(笑)
Posted by 湯次 at 2017.04.08 03:49 | 編集
今の時期は木々の葉っぱも落ちてしまって殺風景ですが新緑から紅葉までの時期は綺麗なんでしょうね♪
お料理も美味しそうで泊まってみたいです。
Posted by きよちゃん at 2017.04.08 09:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。