2017.04.20

神奈川_厚木飯山温泉 元湯旅館



以前、かぶと湯温泉に行って、七沢温泉付近のヌル付きに感動したわたし。
「いや、他にももっとあるかもしれない!!」
と、やってきたのがここ。

「厚木飯山温泉 元湯旅館」

江戸時代に湯治場として栄えたとされる、歴史のある旅館さんです。
ちょうど、しだれ桜が満開になり、宿の駐車場付近は最高に綺麗でした。
P1070215.jpg


たんたんたぬきがお出迎え♪
それにしても、デカい・・・
P1070153.jpg


門からお宿までのアプローチは周りを緑に囲まれていて何とも気持ちいいです。すぐ横には川が流れているのですが、なんと河鹿蛙の鳴声も聞こえてくるんです!これには、びっくりしました。。そういえば河鹿蛙の声を最後に聴いたのは・・・熊本の湯の鶴温泉以来。一般的に水のきれいな川にしか生息しないと言われるんで、まさか厚木で、もう一度その音色を聴けるなんて思ってもいませんでした。ほんと感激!
P1070157.jpg


お宿の方に案内され、宿舎が立ち並ぶ渡り廊下を通って温泉に向かいます。
そして、ほら、ここにもタヌキがお出迎え。
P1070212.jpg


「わーい。たぬきのパラダイス―♡」
いつだったか、神奈川の温泉について書かれていた専門書を読んで、一度行ってみたいと思っていたお風呂にテンションマックスのわたしでしたw
P1070165.jpg


あっちもこっちも、たぬきだらけ。
ひゃー、可愛いんだから。
P1070175.jpgP1070173.jpg


そして、そして、毎分222ℓの豊富な湯量。なかなかの見ごたえです。でも、残念ながら、こちらは男性の浴室なんです(涙)「うーーー、こちらに入りたかったよぅ。」と、行ってみて分かった衝撃の事実にちょっぴり肩を落としました。
P1070172.jpg


女性のおふろです。シンプルなコンクリート製の湯船と樽風呂がメイン!(たぬきは居ないのが寂しいですが)お湯に浸かると、かぶと湯で感じた感触に近いヌル付きがあり、浴感はなかなかでした。全国トップレベルの水素イオン濃度でpH11もありますが、キシキシという感触ではありませんでした。
P1070194_2017042014442175a.jpg
※源泉名:飯山温泉、泉質:メタホウ酸の規定泉、泉温:17.5℃、pH:11.3、無色透明無味無臭


P1070197_2017042015003065e.jpg


露天風呂からは新緑が綺麗に望めます。女性用の露天風呂のすぐ隣が川になるので、せせぎも耳に心地よく入ってきます。
「は~、癒される」露天風呂のヌル付きも内湯と変わらずしっかりと感じられました。
P1070199_20170420143344e42.jpg



源泉槽もありましたよん非加熱のひんやりした源泉は、加熱したお湯よりも滑りがあり気持ちよかったです。
P1070176_2017042014553625f.jpg

カラダへのご褒美
P1070204_20170420145537592.jpg


お湯の鮮度、ぬるつきもなかなか。
そして、なにより、ホンモノの自然に囲まれた贅沢な環境が最高でした!
首都圏近郊で、ぷち現実逃避ができるのが嬉しいですね~。



.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「厚木飯山温泉 元湯旅館」
住所:神奈川県厚木市飯山4916
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/955-6d4f0bfc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
泊まろうと思うとけっこうお高いですね(^^)
でもどっぷりと浸かってみたいお湯ですね~♪
Posted by きよちゃん at 2017.04.22 09:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する