2017.05.21

岩手_須川高原温泉


須川高原温泉

栗駒山の中腹に建つ豪快な自噴の宿です。
溶岩石の間のいたるとこから温泉が自然湧出しており、その湯量は一目見ても凄いのが分かります。。
雪解け水が多い5月のこの時期、1年の間で湯量が最も増えるそうで、
ちょうとタイミングよく行くことが出来ました。

今回、宿泊させていただき、1日堪能しましたが、それはもう大迫力でした!
P1080563_20170521081218bc7.jpg
※さすが標高1126m!小雨が降ったり晴れたり、天気が目まぐるしく変わりました。


まずは須川高原温泉の看板でもある露天風呂の「大日湯」へ。
宿舎とは別棟に脱衣所があります。
P1080385_201705210823366c9.jpg


これ、本当にすごいのですが・・・
宿舎から大日湯に行くまでの道の脇に、大量に温泉が流れる用水路のようなものがあります。
実はこれ、全て源泉からの「余り湯」。水路を通って捨てられるそうです。
適温、ドバドバ・・・思わず、ここに浸かってみたいという気を起させる豊富さです。
P1080547.jpg


うわーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
脱衣所の扉を開けてびっくり!
目の前にはプールほどの広い湯船があり、その裏にある山からザブンザブンと音をたてながらお湯が運ばれているのです。温泉のしぶきか霧がわからないような水蒸気が舞っており、もう「自然さながら」というか「自然むき出し」の状態。
P1080492_20170521081215618.jpg
源泉名:須川温泉、泉質:酸性・含硫黄・鉄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、泉温:50.5℃、pH:2.2、成分総計:3,120mg/kg


お湯は酸性の硫黄泉。酸性泉特有のキシキシ感はなく、逆にすべすべしているように感じました。
P1080471.jpg


山側から「これでもか!」と言わんばかりの勢いで木製のパイプをつたって運ばれてくる様は、まるで「お湯の生産工場」です。余りにお湯の量が多いので、源泉から湯船に注がれるまでの間にお湯が下にこぼれまくり。湯船の下もこぼれたお湯でお風呂みたいになっている訳がわからない凄さ。
P1080413.jpg


山側からお湯が運ばれてくるポイント。一応、ここが湯口です。
P1080458.jpg


湯船からもオーバーフローしており、つまり、源泉かけ流し+源泉からの捨て湯・・・
うんうん、豊富な訳ですね(^_^;)
P1080454.jpg


内湯の大浴場にも入りました。こちらのお湯、すべすべ感が一番強く感じました。また、ラッキーなことにお掃除後の一番湯に入れていただけたので、お湯がもう、何というか、この上なく新鮮で・・・お湯に浸かった瞬間、「きもちいいっ〜!」って、思わず叫んでしまいました。こんないいお湯、今まで入らなかった自分を悔やみます。
P1080640_20170521091605315.jpg

横には露天風呂もありますよん。
P1080587.jpg


〜須川源泉ツアーへ〜

「よし、源泉のある場所に連れてってやろうか!?」
帰りがけ、湯守さんの有難い提案に飛びついた私。裏山にある源泉を案内していただくことになりました。実は、この山の斜面に「ちび釜」「大釜」「神釜」と3つのお釜(源泉槽)があり、その3つのお釜から、お隣に建つ「栗駒山荘」の供給分も含めて毎分15000ℓものお湯が運ばれているんだとか。しかも、この3つのお釜の他にも、岩の間からいくつも湧出しているポイントがあると伺って、更にその湯量に感動しました。
P1080671.jpg
※写真は大釜。ここから中浴場と露天風呂にお湯が供給されています。


鳥居のたもとにあるのが「神釜」です。
P1080649.jpg


釜のサイズは、それほど大きくないのですが、ここの源泉だけで、大浴場と貸し切り風呂(この時は工事中)にお湯を供給しています。
P1080655.jpg


一番小さいのが、こちらの「ちび釜」。露天風呂の温度調整のためにお湯を使っているそうです。
P1080667_201705210904009ed.jpg


湯守さんは、山と温泉が好きなこちらの男性。お客さんと出会って話すことが、この仕事の一番の醍醐味なんですって。今回詳しくお話しを聞けて大変勉強になりました。O友さん、ありがとうございました(^^♪
P1080683.jpg


「須川高原温泉」
住所:岩手県一関市厳美町祭畤山国有林
TEL:0191-23-9337

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/965-2cdcfd8d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私も泊まってじっくり浸かってみたいです♪
Posted by きよちゃん at 2017.05.24 19:29 | 編集
ごブタさで~すww

なるほど~「お湯の生産工場」とは、言い得て妙ですね(^^♪
観光客が多いと聞いていましたが、独泉できたのですね。
この辺りの遠征をしたくなりました。
Posted by くまのプー at 2017.05.26 05:22 | 編集
きよちゃん、

お湯の量に圧倒された宿でした。
湯守さんのお話がおもしろい(^ ^)
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.06.21 10:09 | 編集
プーさん、ごブタさで~す

意外にもゆっくりできました。
雨だったからかなあ?
内湯の鮮度の良さは格別でした。
絶対、行って欲しいかも*\(^o^)/*
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.06.21 10:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する