--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.12.18

鳥取_吉岡温泉 吉岡温泉館(上湯)



温泉地名としては、決して全国的には有名ではないですが、
共同浴場文化が根付いた小さな小さな温泉地

「鳥取県 吉岡温泉」

ちょうど落ち着く規模感、観光地化されていない温泉街の雰囲気に惹かれ、関西から週末に泊りにやってくる人も少なくありません。

そんな吉岡温泉のシンボル的存在である「上湯」と「下湯」が来年3月末で閉鎖され、
4月からは新設の温泉施設に統合されるという情報を聞き、(どうしても解体前に、あのレトロな浴場に浸かりたい!)と、わざわざ東京から戻ってきたのでした。

私が初めてこの地を訪れたのは、2012年。
もう5年も前のことになるのかぁ。。。時が経つのは早いですね。
P1330712.jpg


まずは「吉岡温泉館」上湯へ。前回訪れた時もそうでしたが、土曜日のお昼だというのに観光客がそぞろ歩きしている訳でもなく、まわりは静かです。人とすれ違うとすれば、洗面器をもった地元のお母さん。ここは、じっくりとお湯と向き合って身も心もリラックスしたいという方には絶好のロケーションだなぁと、改めて思いました。
P1150315.jpg


裏口で撮影。この日のために、夜遅くの新幹線に乗ってワクワクしながら帰阪したのですが、無理しすぎたのか風邪をこじらし、くしゃみと鼻水がとまらない・・・悪コンディションでした(反省。)でも、吉岡温泉行きは諦めれなかったのです。
P1150246.jpg


温泉館内もレトロな造りです。
P1150305.jpg


『うわ~!これ、これ♡懐かしいなぁ』
5年前に味わったレトロな雰囲気が今もちゃんとそこにはありました。本日の吉岡温泉も絶好調に熱々で新鮮!外気温で凍えた身体をシャキッと温めてくれます。3分もすればユデダコ状態になりますが、この熱い湯がたまらない。
P1150268.jpg
※特別出演:OJ様からいただいた緑湯タオル!ありがとうございました(^^♪大事に使わせていただきます。


お気に入りのヴィーナス像の湯口。この湯口が更に一層、レトロでオシャレな雰囲気を醸成してくれます。この湯口は女湯だけの特権なんだもんね♡
P1150274.jpg


お湯で言えば、鹿教湯温泉の高梨共同浴場の浴感と似ているかもしれません。とにかく朝一に浸かると目が覚めるような湯です。これだけビジュアルも良く、いい温泉が湧いているのに何故か三朝や岩井の知名度に比べて圧倒的に知られていないのが不思議です。アクセスのしにくさもあるのかなぁ。でも本当にいいお湯で私はここが大好きです
P1150262_20171218134013e85.jpg
※吉岡温泉、泉温:50.5℃、pH:7.9、単純温泉、成分総計:538mg/kg


こちらが新しい温泉館の設計図です。(なんだか総湯チック?)見た目は立派なんですが、個人的には今の共同浴場のほうが好きかなぁ。
P1150300.jpg

小ぶりな湯船に地元の方と肩を並べて浸かり、何気ない日常の会話をする・・・
そこには何物にも代えがたい、共同浴場ならではの魅力があるからです

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「吉岡温泉館(上湯)」
住所:鳥取市吉岡温泉町749-1
営業時間:8時~22時
料金:200円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/994-0b9bfba3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
YOOMIさん、こんばんは。

仕事の関係で鳥取を訪れた際、吉岡温泉へ度々足を運んでいましたが、
最後の訪問から既に4年が経過していました。
吉岡温泉の肌が痺れるような熱湯が寒い季節にはぴったりで、上湯・
下湯ともども大好きな共同浴場だっただけに、来年の3月閉鎖という
報に接し、ショックを禁じ得ません。

いつ行ってもほとんど人通りのない寂れた温泉街を活性化するという
意図もあるのでしょうが、本年5月末に一般入浴が停止となった信州・
浅間温泉の「港の湯」といい、素朴な共同湯が一つまた一つと失われ
ていくことが残念でなりません。
Posted by 単純硫黄泉 at 2017.12.18 21:25 | 編集
ユミちゃん こんばんは。
ユミちゃんの本も買ったし ブログを参考にして あちこちの温泉を巡っています。

鳥取県に住んでいるのに 吉岡温泉入ったことがないんですよ。
今の温泉が無くなるのは知っていて ぜひ入ってみたいと思っています。
Posted by 山陰の日々 at 2017.12.18 23:11 | 編集
いい情報、ありがとうございます。
未湯なので、キリッとしたお湯にぜひ行きたいけど、
3月までだと冬タイヤがいりますね(・_・;
なんとか策略してみます
Posted by 湯次 at 2017.12.19 08:15 | 編集
こんにちはOJです
タオルを使っていただきありがとうございます
自分用の毎日使いの薄手タオルを作ってみただけですので
使い捨ててやってください
わざわざお気遣いしていただいてありがとうございます
裕美さんの入った温泉を追っかけたりしてますが
これからもよろしくお願いします
ちなみに2017年2月8日に「わたしのしあわせ温泉時間」を予約購入
して楽しく拝見させていただきました
今後のますますのご活躍を期待しております
Posted by OJ at 2017.12.19 12:02 | 編集
初めまして,こんばんんわ。
いつも更新を楽しみにしています。
こちらの湯口のビーナスさまを見て,思わずコメントを書いてしまいました。
これは,湯田中渋温泉と川を挟んだところにある角間温泉の越後屋さんの,一番大きい風呂(真ん中の)にあるビーナスさまと同じではないでしょうか。越後屋さんでは,ビーナスさまの持ってる壺のあたりはコテコテになっていて,それはそれは歴史を感じます。
この前の土日にも行ってきたばかりなので,あまりにもタイムローで感激してコメントしてしまいました。
これからも素敵な湯旅のブログ楽しみにしてます。



Posted by ビッケ at 2017.12.20 00:59 | 編集
単純硫黄泉さん、こんばんは!

山陰の共同浴場をくまなく廻ってらっしゃる単純硫黄泉さんなら、
今回の建て替えは残念に思われるかなぁと思っていまして。
この記事見てくださっていたらいいなぁと密かに思ってました。

浅間温泉の「港の湯」も地元専用になったのですね。知りませんでした!
あのあたり、昨年の秋で廃業した旅館があったり、共同浴場が一般客入れなくなったりと
かなり変化していると聞きました。

吉岡温泉の近所の浜村温泉共同浴場も地元専用になったと聞いてびっくりです。
本当に足を運ばないと、日々変わっていくものですね。

古い共同浴場に漂うあの風情と入浴時のわくわく感・・・・
そういうものが失われていくのは寂しいです。
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.12.20 21:13 | 編集
山陰の日々さん。

こんばんは!!

> ユミちゃんの本も買ったし ブログを参考にして あちこちの温泉を巡っています。

もちろん、存じ上げてますよ(*'▽')
直接お礼が言いたかったので嬉しいです。ありがとうございます!
わたしも山陰の日々さんのブログを見つけてからというもの、
時折遊びに行かせてもらってます。
よろしければ本ブログにブログのリンク掲載させていただいても良いでしょうか?

鳥取県にお住まいなんですね。だったら吉岡すぐにいけそうですね!!
私は今回奈良から4時間かけていきましたよ。やっぱり鳥取は日帰り難しいです。。
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.12.20 21:18 | 編集
湯次さん。

先日12月初旬でも湯原のあたりは雪降ってたんで、
今はスタッドレスじゃないと厳しいですね~。

海辺まで出ちゃうと、そこまで積雪はないかと思いますが(*'▽')
とにかく、3月までにGOです!!
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.12.20 21:23 | 編集
OJさん、

早速、吉岡温泉で使わせていただきました。
素敵なタオル、ありがとうございました!
吸水性も良く使いやすいです(^^♪ 
国見温泉みたいなエメラルドグリーンの色合いも良く気に入ってます。
大事に使わせていただきますね。ありがとうございます。

なんと!本、予約購入してくださっていたのですね!感謝です。
いつかお会いできるタイミングがあれば、いろいろお礼させていただきたいです。
(どこかでお会いできそうな予感^^)

あ、、、aさんから少し伺ったのですが、本陣しまづに泊まられたそうですね!
あそサイコーですね(^^♪ あの新鮮な湯を貸切状態で使えるのはこの上なく幸せでした。
次は食事つきでトライしたいです!!
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.12.21 10:00 | 編集
ビッケさん

はじめまして!!

ブログ見てくださってありがとうございます。
プライベートで環境が変わってなかなか更新が以前のようにはできませんが、
ゆっくりテンポですが、お付き合いくださいm(__)m

角間のヴィーナス様の件、別の知人からも指摘され昔のフォルダから
越後屋さんの写真を取り出し確認したら、まったく一緒でした!
浴室は何とも言えないレトロな造りで印象に残りますよね。

12月に越後屋さんに伺って、浴室にとっても惹かれたのですが
湯気がもくもくで撮影できず、カメラ片手に悔しい思いをしたことも思い出しました(笑)

吉岡温泉上湯もなかなかの風情です!
ぜひ、機会がありましたら3月までに行ってみてください。



Posted by YOOMI (金 裕美) at 2017.12.21 10:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。