2017.04.24

秋田_十和田大湯温泉 荒瀬共同浴場




トンビが飛びまわる、夕暮れの大湯川。

この大湯川から自然に湧き出す温泉を利用し800年以上も前から温泉街として栄える
秋田県 「十和田大湯温泉」
P1420427.jpg



こちらの川のすぐ横にある鄙びた共同浴場「荒瀬共同浴場」。
温泉街の道路から路地を入り、少し川の方へと下ったところにあります。
P1420432_20170424115914854.jpg


「川から自噴する温泉をそのまま湯船の底から入れているの。
ほら、この水門を閉めるとお湯が熱くしたり調節ができるわ。」
番台のお母さんが、大湯川にある水門を見せながら説明してくださいました。そう、こちらの共同浴場、この大湯川から湧き出たばかりのお湯を湯船の底からそのまま味わえる温泉なんです。
P1420425.jpg


どこか懐かしい感じの造りの脱衣所入り口。
P1420422.jpg


別府の共同浴場を思いださせるシンプルな湯船がひとつ。湯底に敷き詰められたコンクリートの間から熱々のお湯がぷくぷくと湧いてきます。温度は実測で46.3℃と、少々お熱いですが源泉そのものを味わいたかったので、加水せず熱さに堪えながらお湯を味わいました♪
荒瀬共同浴場
※源泉名:荒瀬の湯共同浴場、泉温:53.8℃、泉質:ナトリウムー塩化物泉、pH:7.8、成分総計:1310mg/kg



「微かに香る硫黄臭と、独特のすべすべ感がたまらんなぁ♡」
総硫黄は1kg中、0.1mg以下で殆ど入っていないのですが、それでも鮮度が良いからでしょうか、しっかりと香ります。
P1420397.jpg

いい湯でございました♡


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「十和田大湯温泉 荒瀬共同浴場」
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字荒瀬25


Posted at 13:00 | 秋田の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.22

秋田_廃業旅館さんのご厚意湯





有名な温泉地にひっそりと建つ古びた木造のお宿。
その外観、どうしても気になり素通りすることができませんでした。

大正時代に栄えたと言われる湯治旅館さんで、今は営業していないのですが、
今も温泉は湧き続けている・・・という話を聞き、
ダメもとで、入浴をお願いしたところ、ご厚意で入れていただきました。

P1420435.jpg


廃業されて、ずいぶん経つのか脱衣所はコンクリートの壁がむき出しの脱衣所。
飾られていない素の感じが、妙にそそられます。
P1420438.jpg



「ひゃっ!なにこれ。」
半地下の階段をくだっていくと、シダや苔に覆われジメッとした洞窟のような所に出ます。そう、何と浴室なんです!洞窟の中には2つの湯船があり、奥の湯船からはお湯が溢れ床を洪水させています。浴室とは思えない自然さながらな空間に一瞬自分の目を疑ったほど。
P1420503.jpg


階段のすぐ横の湯船の隅からお湯が湧いていました。湯船のすぐ横は川。外からは川のせせらぎも聞こえてきます。その昔は、川岸にある絶壁からお湯が噴き出していたようです。
P1420462.jpg


P1420461.jpg
※お湯が出ている穴


苔むした岩の切れ目から水がしたたり落ちる様子を暫く眺めていると、ここが宿の中ってことを忘れてしまいそうです。
「いや、これ、どう考えても洞窟でしょ!?」
P1420482.jpg


おまけ

神秘的な入浴体験を楽しんだ後、もう一つとっておきの温泉によってみました。個人の方が所有されている温泉で、階段を下りていくと脱衣所と一体になった浴室があります。
IMG_0020.jpg


既にあたりは薄暗く、浴室は真っ暗。持参したランプの光の下で入浴を楽しみましたたまには、こういうのも、ロマンチックでいいですね。
IMG_0032_201704222053253f9.jpg


お礼が遅くなりましたが、Nさん、Zちゃん、その節はありがとうございました〜♡
何とも渋い温泉でした(*^^)v



.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 21:21 | 秋田の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.04.21

温泉ソムリエセミナーにて!



こんばんは。

今日は温泉ソムリエセミナー@表参道にお手伝いに行ってきました♪

関西に住んでいたときは、なかなか東京に行けるチャンスは少なかったのですが、
関東に引っ越ししてから、ちょくちょく参加させてもらってます。
P1070221.jpg


本日の受講者は46人!毎回、途切れることのない受講生の多さにびっくりします。
まずは、家元の軽快すぎるトークから授業がはじまります。わたしにも、この頭の良さとトーク力が欲しい・・・・
P1070237.jpg


本日一緒に受付を担当とした埼玉の柳沢ちゃん。
最近お友達になりました♪
P1070236.jpg


そして、そして。
「わたしのしあわせ温泉時間」を受付に置いていただきました〜〜♪(^^♪うひょ。
P1070233.jpg


わたしはもう買いましたが、温泉チャンピオン郡司さん著書の「究極の温泉」も!
P1070234.jpg


家元とは、よくお会いしているのですが、なかなか一緒に写真を撮っていただく機会がなかったのでー
P1070229.jpg


高齢者入浴アドバイザーとして、最近本を出版された、温泉ソムリエの鈴木さんも来られていました。わたしの本より、とってもインテリジェンスな本です。プレゼントに1冊いただきました♪
P1070223.jpg



実は、自分の本を手売りするのは、今回が初めてだったんですが
興味をもってくれて、手にとって、更には買っていただけた瞬間は感慨深いものがありますね

なんだかんだで、「わたしのしあわせ温泉時間」たくさん買っていただきました(^^♪
みなさま、ありがとうございます。

それにしても、数字にめっぽう弱いわたし・・・
御つりの計算で大パニック!
次こそ計算機を持っていこうと、心に決めたのでした


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


Posted at 23:15 | 日常のこと | COM(2) | TB(0) |
2017.04.20

神奈川_厚木飯山温泉 元湯旅館



以前、かぶと湯温泉に行って、七沢温泉付近のヌル付きに感動したわたし。
「いや、他にももっとあるかもしれない!!」
と、やってきたのがここ。

「厚木飯山温泉 元湯旅館」

江戸時代に湯治場として栄えたとされる、歴史のある旅館さんです。
ちょうど、しだれ桜が満開になり、宿の駐車場付近は最高に綺麗でした。
P1070215.jpg


たんたんたぬきがお出迎え♪
それにしても、デカい・・・
P1070153.jpg


門からお宿までのアプローチは周りを緑に囲まれていて何とも気持ちいいです。すぐ横には川が流れているのですが、なんと河鹿蛙の鳴声も聞こえてくるんです!これには、びっくりしました。。そういえば河鹿蛙の声を最後に聴いたのは・・・熊本の湯の鶴温泉以来。一般的に水のきれいな川にしか生息しないと言われるんで、まさか厚木で、もう一度その音色を聴けるなんて思ってもいませんでした。ほんと感激!
P1070157.jpg


お宿の方に案内され、宿舎が立ち並ぶ渡り廊下を通って温泉に向かいます。
そして、ほら、ここにもタヌキがお出迎え。
P1070212.jpg


「わーい。たぬきのパラダイス―♡」
いつだったか、神奈川の温泉について書かれていた専門書を読んで、一度行ってみたいと思っていたお風呂にテンションマックスのわたしでしたw
P1070165.jpg


あっちもこっちも、たぬきだらけ。
ひゃー、可愛いんだから。
P1070175.jpgP1070173.jpg


そして、そして、毎分222ℓの豊富な湯量。なかなかの見ごたえです。でも、残念ながら、こちらは男性の浴室なんです(涙)「うーーー、こちらに入りたかったよぅ。」と、行ってみて分かった衝撃の事実にちょっぴり肩を落としました。
P1070172.jpg


女性のおふろです。シンプルなコンクリート製の湯船と樽風呂がメイン!(たぬきは居ないのが寂しいですが)お湯に浸かると、かぶと湯で感じた感触に近いヌル付きがあり、浴感はなかなかでした。全国トップレベルの水素イオン濃度でpH11もありますが、キシキシという感触ではありませんでした。
P1070194_2017042014442175a.jpg
※源泉名:飯山温泉、泉質:メタホウ酸の規定泉、泉温:17.5℃、pH:11.3、無色透明無味無臭


P1070197_2017042015003065e.jpg


露天風呂からは新緑が綺麗に望めます。女性用の露天風呂のすぐ隣が川になるので、せせぎも耳に心地よく入ってきます。
「は~、癒される」露天風呂のヌル付きも内湯と変わらずしっかりと感じられました。
P1070199_20170420143344e42.jpg



源泉槽もありましたよん非加熱のひんやりした源泉は、加熱したお湯よりも滑りがあり気持ちよかったです。
P1070176_2017042014553625f.jpg

カラダへのご褒美
P1070204_20170420145537592.jpg


お湯の鮮度、ぬるつきもなかなか。
そして、なにより、ホンモノの自然に囲まれた贅沢な環境が最高でした!
首都圏近郊で、ぷち現実逃避ができるのが嬉しいですね~。



.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「厚木飯山温泉 元湯旅館」
住所:神奈川県厚木市飯山4916
2017.04.18

秋田_男鹿温泉 元湯 雄山閣


秋田 男鹿温泉 元湯 雄山閣


創業600年。
なまはげで有名な男鹿半島の高台に建つ老舗温泉旅館。
男鹿温泉では一番古いお宿さんです。

P1410938.jpg


春爛漫の時期。
雄山閣さんのすぐ近くの土手には、桜が満開になっていました。
P1420028_20170417152830d60.jpg


一度は入ってみたかった、スケールばりばりの湯(スケール:もともと温泉に溶け込んでいた成分が水に溶けずパイプなどに析出したもの)。写真はパイプに詰まったスケールです。3か月に1回は掃除しないと詰まってしまうというご主人のお話を聞いて、浸かる前からニヤニヤが止まりませんでした♪
P1420024.jpg


ご主人からひとしきりお話を聞いた後、待ちに待ったなまはげの湯へ・・・
P1410940.jpg

いきなりですが・・・・



プシューッ!!!!
P1410983.jpg


「うほーい!」
なまはげの口から数秒間に1回、間欠的にお湯が噴き出します。飛距離は約1m!!放射線を描きながら噴き出すお湯は、なかなかダイナミックです。
男鹿温泉雄山閣
※源泉名:男鹿温泉第二号井戸、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:55℃、pH:7.2


日本茶のような黄色がかったお湯。見た目にもとっても美しい色でした。敷地内にある独自源泉からパイプをつたって引きあげられる間に適温になるという非加熱かけ流しの新鮮な湯♡ 土類っぽい香りと塩味がその個性を強調します。
P1410978.jpg


床は温泉の成分で千枚田になってました。島根の三瓶温泉とかもそうですよね!ほんと、お掃除大変なのがよく分かります。
P1410973r.jpg


露天風呂はさらに、さらに圧巻「湯船にスケールがついている」というよりも、「スケールが湯船を形成している」・・・・って言うべきでしょう
P1410990_20170417154746b77.jpg

湯船の淵は、こんな感じ。
P1420012.jpg


なまはげの湯口の次は、スケールの湯船!う~ん、どっちも個性的でインパクトに残りました。
P1410997.jpg


ブログランキングに参加していまーす!
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです٩(•౪• ٩)♡


にほんブログ村


「男鹿温泉 元湯雄山閣」
住所:秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52

Posted at 11:42 | 秋田の温泉 | COM(8) | TB(0) |