--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.08.11

宮城_心に残る ひょうたん型の温泉



今年の東北湯めぐりの中で、
お湯の良さが最も印象に残っている温泉です。

数年前の東北の震災で、設備が故障し、現在は、お宿が休業中なのですが、
お母さんから、今年中の再開に向け息子さんと準備中ということを伺いました。

温泉は地下に続く薄暗い階段の下にひっそりとあります。
普段は近所の常連さん数人が入りに来られるんだそうですが、
この時は御昼間ということもあり、誰も入浴していらっしゃいませんでした。
怖いぐらい静かです。

P1080272_201708111400031f0.jpg


「今日は朝から誰も入っていないから、一番湯だよ」
女将さんに案内され浴室の扉を開けてびっくり。広いひょうたん型の湯船には透明度の高いお湯がさらさらと溢れています。温泉の成分が創り出す美しい模様は、その長い歴史を物語るよう。そして、大きな窓から見える眩しいぐらいの新緑にも目を奪われます。ほんとに美しいです。これ以上美しい内湯はあるのかなぁと思ってしまいます。
P1080278.jpg
※ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:54.6℃


もうひとつ、素敵だなぁと思ったのは、苔むしたコンクリートの壁。「鄙びた」・・・というよりも「美しく朽ちた」という言葉がぴったりです。
P1080270_20170811140001de9.jpg


モコモコに盛り上がった析出物の塊も素晴らしいです。
P1080341.jpg


温泉はすこぶる新鮮で、ほんのり石膏臭を放ちます。湯船がこれだけ広いのに。誰も入っていないからでしょうか?素晴らしいほどの新鮮さです。こうなると、なかなか出られないのです。。
P1080275.jpg


帰りがけ、もう一つの浴室のほうにも浸からせていただきました。以前は女湯だったそうです。ひょうたん型の湯船のほうが、やっぱり私は惹かれますが^^
P1080374.jpg


女湯の方には緑を一望できる半露天があります。隣接する川のせせらぎが耳に心地よく、ほっと心が休まる瞬間です。
P1080240.jpg


P1080359.jpg


東北の温泉の素晴らしさを改めて痛感しました。

物凄い個性があるという訳ではないけれど、
上品な石膏の香りと、この上なく新鮮な透明の湯。
時が止まったかのように感じさせてくれる、古い佇まいの浴室。

ひとつひとつが心に残る温泉でした。
再開されたら泊りに来たいです。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 15:28 | 宮城の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2017.08.06

大阪_汐ノ宮温泉_汐由温泉研修センター 



先月7月22日は久々に帰阪

温泉の発表会の幹事兼プレゼンターとして参加してきました。
会場として利用させていただいたのは大阪にある
「汐ノ宮温泉 汐由温泉 研修センター」という施設。

ちなみに、「汐ノ宮温泉」は昭和初期に温泉街として栄えました。温泉地としては「松茸狩と炭酸温泉」が売りだったそうです。当時は温泉旅館が16軒もあったと言われていますが、現在、宿は廃業し、こちらの研修センターと病院への引き湯のみが源泉として利用されています。

営業温泉として、いずれも一般開放されておらず、以前から入浴できるチャンスはないかと願っていた温泉でもあり、今回、楽しみで楽しみで♪
DSC00471.jpg

会場に到着し、設営はさておき温泉へダッシュ。忽ちその色に驚きました。
「ひゃー!見るからに濃そう。」
DSC00569.jpg
※源泉名:汐由温泉、泉質:ナトリウムー塩化物強塩泉、泉温:19.0℃、pH:7.2、成分総計:30,896.3mg/kg(Fe2+80mg/kg、Fe3+15mg/kg)


まず浸かってみてその濃厚さにびっくりします!!底に湯の華がたっぷりと溜まっており掻き混ぜると御覧の通り、濃い~柿色!源泉温度が低いため、加温循環はされているようですが、湧出口からは絶えず透明の新しい湯が投入されているので、鮮度も良いのです。感動しました
DSC00560.jpg


ほら!この湯の華の量。すごいでしょ?手で掬うと粘土みたいにどろっととれますヾ(・∀・)ノ
DSC00561.jpg


湯口に鼻を近づけると、ほのかに漂う金気臭。少し口に含むと塩辛いです。
DSC00568.jpg


特に朝一の注ぎたてのお湯は足にふわふわと湯の華の沈殿が当たり、この上なく幸せな浴感えお味わうことができました。
DSC00507.jpg


★河原の自噴泉へ★

汐由温泉研修センターの横を流れる川には岩の割れ目や川底から鉱泉が自然湧出し川を柿色に染めています。温度は20℃程度でとっても低いですが、源泉そのものの浴感を味わいたくて、翌朝、川岸に出てみました。
DSC00613.jpg

「お~、出てる。出てる動画だと気泡が出ているのがよく分かります。↓
【動画】汐ノ湯自噴
DSC00535_20170806160051741.jpg


鉱泉が自噴している湯溜まりにゆっくりと腰をかけると、炭酸ガスを多く含むためか、もの凄いシュワシュワ感と清涼感を感じとることができます。この時期には何とも言えない気持ちよさです。(20℃だと、冬はさすがに凍ってしまいますが。)
DSC00596.jpg


シュワシュワワ~・・・
DSC00605.jpg


おっといけない、いけない。温泉の発表会のほうは、こんな感じ^^関東・関西に住む♨先達者の方も集まり、懇親会をしたり。とっても有意義な時間となりました。
DSC00531.jpg


ご参加いただいた皆様、ありがとございました。
また第2弾を関西で出来たらいいな★

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「汐ノ宮温泉 汐由温泉 研修センター」
住所:〒584-0057 大阪府富田林市横山112-1
※研修センターですので、企業の研修や地元のレクリエーションの時だけ温泉を開放されています。
Posted at 16:28 | 大阪の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.08.02

栃木_奥鬼怒 湯沢噴泉塔②



目の前に大きな滝つぼが現れた瞬間、
ゴールだとわかって、どこか全身の力が抜けるような
安堵感に包まれました。

目的地に向かって歩いている時は、常に「少しでも前へ、前へ」って
絶えず緊張したり焦ったりしているから、その反動かな?

もう興奮が止まらない私は、リュックを河原に投げ捨て一目散に滝つぼへ(*^^)v
IMG_0218.jpg


浸かってみると、予想外に流れが早く滝の方へ近づくと流されそうです。バナナの木のように垂れ下がる白い温泉の析出物に寄りそうようにして、滴り落ちる温泉を感じました。「熱い!冷たい!熱い!」 滝つぼが20℃ぐらい、温泉は60℃以上の熱さ。言ってしまうと最悪な湯加減ですでも、ものすごい満足感でいっぱいでした。
IMG_0177.jpg
※硫黄臭、塩味、温度はかなり高温です。
※泉質は含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩泉と推測。


この析出物のモニュメント。なかなかの芸術品です。動画でもどうぞ!
【動画】湯沢噴泉塔
IMG_0186.jpg

滝の音を聴きながら暫し入浴~♪
IMG_0140.jpg


1908年に発見された湯沢噴泉塔がこちら。実はこの噴泉塔、国の天然記念物に指定されています。ただ私にとっては、滝つぼの析出物モニュメントのほうがインパクトが強くって、そっちに目がいってばかりいました。
IMG_0216.jpg


そして、そして!快適な露天風呂がもう一つあるんです。滝つぼの対岸にある、こちらのミニ露天風呂(^^♪サイズこそ小さいですが38℃程度ぬるめの濃い~硫黄泉が湧いてます♨ 
IMG_0284.jpg


お湯をかき混ぜると、少し黄味がかった乳白色になります。とにかく硫黄臭も強いです。
IMG_0280.jpg


湧出口は湯船の内側にあるので、鮮度もすっごく良くて・・・まあ気持ち良すぎて湯船から出れないタイプの湯です不思議だったのは、ほんの数m位置が違うだけなのですが、滝つぼの脇で浴びた温泉とはまた浴感が全然違うのです。
IMG_0247_20170730215858fcb.jpg

滝つぼもミニ露天も・・・
「やっぱり、わたしは自然美溢れる温泉が好きだなぁ」と、改めて実感させてくれた一湯でした。

湯沢噴泉塔に来て良かったー。
わたしはとっても幸せだいっ。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


Posted at 00:45 | 栃木の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.30

栃木_奥鬼怒 湯沢噴泉塔①(道中の自噴泉)


いや、いや、随分間が空いてしまいましたが、
先月7月に訪問した奥鬼怒噴泉塔 レポでーす。

本当は、噴泉塔の記事は1回で終わろうと思ったんですが、
道中の自噴が余りに素晴らしかったので2回に分けますね。
よろしくお付き合いくださいませ。

さて。広河原で入浴を楽しんだ後は、いざ、最大の目的地「湯沢噴泉塔」へ向かいます。
広河原から湯沢噴泉塔までは歩いて、約1時間。

川渡りは5回以上ありますが、山道の崩落は少なく広河原までの道と比べると随分楽です。
「さあ〜、出発!!」

RIMG6282.jpg


広河原までの道中であったような崩落はなかったですが、
一部、斜面が削れて山道がなくなっているところもありました。
RIMG6241.jpg


ただ、時に癒しも♡
噴泉塔付近は自噴スポットがいっぱいなんです。もう目移りして、まっずぐ歩けないのが正直な感想でした(*'▽')写真は小さな土管から湧きだす自噴泉。45.1℃(実測)の適温のお湯が溢れています。
IMG_0094.jpg


IMG_0327.jpg


・・・という訳で、一応、浴びさせていただきましたまさに浴びている写真は、マヌケな顔になっているので掲載は控えます(;^_^A とにかく、いいお湯湧いてます。空の水筒にお湯を汲んでみました。
IMG_0322.jpg


さて、噴泉塔まであと500mという所でもう一つの誘惑が。。。
IMG_0102.jpg


75℃(実測)の温泉が河原一面に流れるポイントです。湧出口でもある丘の上から湯煙をあげながら湧いてます。地面は一面湯の花で真っ白!熱くて浸かれないので我慢。
IMG_0298.jpg


この辺り一帯はすごい硫黄臭でした。
IMG_0296.jpg


自分は浸かれないですが、卵を浸けまして・・・・
IMG_0293.jpg


はい、できあがり温泉で茹でた卵は、ほんのり温泉の塩味がついて美味しいです。
IMG_0300.jpg


そして、噴泉塔につくまでの最後の関門は、この急な階段。
この階段を上がれば、噴泉塔はもうすぐそこです★
IMG_0292.jpg


・・・そして。
階段を上りきり、少し経つと目の前にもうもうと湯煙をあげる壮大な滝つぼが現れたのです。
もう、嬉しくて声をあげてしまいました。
広河原までの道中、崩落した道を何度も迂回し、不安になりながらも歩いた甲斐があり、
実物の滝つぼは写真で見るよりも、ずっと見応えがあり感性をくすぐるものがありました。

「わーい!憧れの滝つぼ〜♪」

★PM12時45分 湯沢噴泉塔 到着★
IMG_0289.jpg



広河原〜噴泉塔までは、徒歩1時間9分、距離2.2km、高低差170mでした。

前述しましたが、広河原から噴泉塔までは崩落が殆どなかったので、思っていたよりも早く着けました。
また、最後の階段のアップダウン以外は高低差も少なく、軽度の川渡りがメインなので体力が温存されたように思います。
足を止めたくなるような、自噴もあちこちにありますし、それなりに楽しめるルートでしたよ(*'▽')

噴泉塔のレポは、その②へ続きます♪

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 15:49 | 栃木の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.13

栃木_奥鬼怒 湯沢 広河原の湯


「奥鬼怒 湯沢 広河原の湯」

奥鬼怒温泉郷 平家平温泉のあたりから
遊歩道を2.5時間歩いてたどり着く河原の野湯です。

ここにどうしても行きたくて、
先週、梅雨開けもしていない7月の初旬に行ってきました。

もちろん私の本命は、広河原の湯から更に歩いたところにある
「湯沢 噴泉塔」なんですが

この「湯沢」という川、名前の通り、周辺に自噴の源泉があちこちにあるんですね。
もう道中、目移りしてしまいました

★AM9時00分 出発★
東京から早朝に車で出発し平家平温泉の登山口へ着きました。ネットや行った人の口コミを見る限り、数年前の大雨で遊歩道が何か所か崩落しているとのことで、無理なら戻ってこようと自分に言い聞かせながらスタート。(と言いつつ、断念するのが苦手なタイプなんですが・・・)
P1060974_2017071316574669f.jpg


憧れの噴泉塔は4.5km先。まだまだ長い道のりですが、以外と平坦な遊歩道だったので「余裕♪」だなんて、調子に乗っていたら、歩きだして数分で目の前の道が崩落していましたしかもパックリ。「この状態では、向こう側の歩道に渡れない。」ということで、一旦、下の河原に出て迂回路をとります。
がけがえぐれて

途中、ほぼ垂直にえぐられた山道をロープに掴みながら渡る場面もありました。崖は割と高く、滑りやすいので慎重に歩きます。いきなり直面する難所の数々に少し困惑。
広河原まで


1時間ぐらい遊歩道を歩くと、今度は川渡りです。今回トータルの行程では10回ぐらい川を横切らなければならないので、持参したアクアシューズが大活躍でした。川の流れはそれほど激しいものではありません。それに、この時期なら雪解け水ってわけでもないので水温は高め。思っていたよりも歩きやすかったです。
川を横切り


何度か川を横切った後、目の前に現れたのは切り立った断崖絶壁!物凄い高さでワイルドでした。さあ、この断崖絶壁が出れば広河原の湯はもう目の前です。身体の疲れが吹っ飛ぶ瞬間だぁ。
もうすぐ広河原 (2)


★AM11時15分 広河原の湯 到着★
断崖絶壁を過ぎると次第に河原から硫黄臭がし、期待に胸がわくわく。すると突然、目の前にエメラルドグリーンに輝く露天風呂が現れました。「やったー!広河原の湯に到着!!!」・・・・予想以上に綺麗でした。コンクリートのあたりから源泉が溢れ、そのまま真下の露天風呂に溜まっているんです。だから新鮮。
発見!


「ひゃ〜っ、とてつもなく幸せ♡」
この写真にキャプションはもう要らないですよね♡
IMG_0390_20170713172458761.jpg
※泉温:48.8℃(隣の川の水を混ぜて適温に調整)、硫黄臭、ごく僅かに塩味


かぼちゃのように育った温泉の析出物の塊。見ているだけで癒されます。
IMG_0439.jpg


底に溜まった湯の花や土が舞ってしまうと、この美しい色が消えてしまうので、ゆっくりと浸かります♪
IMG_0413_20170713175303700.jpg

過去、湯船は、対岸の河原にあったり、源泉の真下にあったり・・・
河原の地形の変化によって、何度か位置が変わっているようですが、
今が湯船位置のベストコンディションかもしれません。
源泉が真上にあるので、湯が直接注がれ、湯船もそこそこ大きいので快適です。

さあ、次はいよいよ噴泉塔に向かいます(^^)/★★


「広河原の湯」:2時間15分、距離4.60km、高低差262mでした。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
Posted at 18:20 | 栃木の温泉 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。